Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
795位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
123位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
2014-02-09 22:14



 大雪によって、土日の予定を軒並み全カットされた有閑空白な二日間。
あんまりヒマなんで、SFについて熟々と考えてみました。

 吹雪の中、ほんの少し外出したら瞬殺気味に傘をぶっ壊されたTeamDyquemで御座います。みなさま、こんばんは。
 たまには良いですね。大雪。


 久しぶりのSFシリーズで御座います。
 勢いで書き殴りましたが、相当痛々しい感じが予想されますのでNO推敲で参ります!

rule
SF

 本ブログにおきましては何度も公言しておりますが、ワタクシ、御幼少の砌より、大変SF好きであらせられました。あらせられたんです。

 特に海外作家系SF小説が大好物でありまして、二十代の頃などはそりゃあもう、寝ても覚めても読みまくっておりましたよ。
 宇宙モノ、異星人モノ、タイムマシンモノから、量子論モノだの人工知能モノだのまあ、ありとあらゆる系統なんでも大好きであります。

 どのジャンルもみなストーリー仕立てに富み易く、ハラハラドキドキとはまた違い、こう、心にじんわりと来る面白さを秘めておりますね。
中でも、故アーサー・C・クラークや故ジェームス・P・ホーガン等の作品はとても読みやすいので、これからSFを始める方にはおすすめです。

 大御所作家らの悲報が続いてしまったSF界ではありますが、個人的に大ファンであるグレッグ・イーガン氏が絶好調で、彼の生み出す世界観にまた、どっぷりと再ハマリする最近。
 彼は所謂、「超」ハードコアSF作家でありまして、その作品には読解難易度の非常に高いものが多く、正直僕個人、作品としての意図をまんべんなく読み取れているとはお世辞にも言えませんが、粛々と読み進めるにはうってつけのハードっぷり。

 さて、彼の作品には。


rule
「意識、精神」はどこから生まれるの?系

 グレッグ・イーガン氏十八番のカテゴリーといたしまして、生物、特に人間(等の)知的生命体に宿る「意識、精神」というものが、科学的にどういった経緯で発生し定着するのか、という題材が御座います。

 このジャンルでは、SF界一般的にある種共通した「解」が存在していて、そのルールから大きく外れるものではありません。
 要するに、物質というものを科学的にどんどんどんどんと細かく分析して行くとやがて、原子や電子等と呼ばれる物理的な最小単位に到達します。その更に向こう側へ量子力学的な――シュレーディンガーの猫的な――人類には解明出来ていない更なる物理法則はあるでしょうけれども、そうしたものの「相互関係や、相互作用」を「正直に」、コンピューター上で演算していく事が出来れば、コンピューター内部においてある種の仮想物理的空間を築く事が可能です。

 これは勿論、現在のテクノロジーでも理論的には十分に可能でありますが、その規模という意味では到底実現出来るものではありません。
 例えば、今、秋葉原で20万円位で売られている結構高性能のPCを、それこそ100億台とかのオーダーで完全並列に動作させる事が出来れば、現実空間の5立方メートル位をシミュレート出来るとか、そういうレベルでしょう。

 ともあれ、コンピューター上で、現実の塩基配列を模写し人工シークエンシングする事は、理論上、十分に可能です。


rule
なら、コンピューター上で「脳」の塩基配列を組んでみると?

 それならばですね、コンピューター上にそれを再現する事は出来るのでしょうか。

 人の脳は、およそ1000億とも言われる細胞で構成されており、その細胞も、水やタンパク質、核酸や炭水化物、脂質などの有機物、その他若干の無機物から構成されている(そうです)ね。
 それらも更に分解していけば、原子や原子核にまで分割されていきますので、コンピューター上で演算を行う最小単位もここまで落とす必要があります。

 ともあれ、コンピューター上でこれらの相互作用を正確に計算していき、とにもかくにも、「人の脳」というレベルまで演算を積み重ね、「現実の人の脳」の中で行われる、生体電気信号による全ての神経活動を模写したその時、そこに、「意識」は生まれるのでしょうか?

 SF界では、「そこに、意識は生まれる」として、数々の作品が生み出されています。僕個人も、「ホントに生まれる」と確信しています。
(しかし、そのレベルの完全並列演算と、正しい脳組織塩基配列とその詳細な動作を模写する為の、正確な演算行程の全てを解明するまでには、まだまだたっぷり千年位はかかるんじゃないかと思いますが……)


 でも、まあ、ですね。

 自然界により自然に生み出されている生命の神秘達も、蓋を開けてみれば其処には、種や仕掛けが必ず存在していて、その手法を科学的にとことんまで煮詰めていけば、自然の行える事はそれがどんな事であろうとも、人の手で必ず模写出来る、と、僕はそう確信しています。
(これは、この宇宙には「魔法」や「奇跡」は存在していないというSF的理論でありますが、かといって、有神論者の方々を否定しているわけではありませんよ?)


rule
意識は何処からやってきて、死は何処へ繋がっているの?

 人は皆、死ぬと無になる。

 そう解釈する事はとても簡単ですが、SF的に言えばこれは、単なる思考停止です。芸がありませんね。


 現実世界でも、コンピューター上のシミュレーションでもとにかく、この世界に存在する物質群、原子や原子核、電子等ですね、これらをある一定の法則に従って並べると、それは細胞や細胞群になり、それらを一定の法則に従って並べると今度は例えば、血や肉になり、生体を構成する器官になり、また、脳になるわけです。

 ここまではOKですね?
 つきつめれば生物はみな、もともと自然界にあるものを寄せ集め、決められた配列通りにくっつけているだけ、と言えましょう。

 宇宙が定めた設計図に従ってそれらが並べられると、そこには意識が発生するという厳然たる事実がまず存在しています。これはつまり、宇宙自身が定めた物理法則ですね。

 そしてそれら、つまり、我々人体を構成している細胞群や原子核達はどれも、元々はこの宇宙に存在している部品であり、言ってみれば、宇宙の一部です。
 地球上に何十億と存在する人々も、動物も、地球以外にも沢山存在しているであろう全宇宙的規模に拡散している未知の意識達はどれもみな、同様に宇宙自身の一部です。
 言い換えればこれは、宇宙自身や宇宙の一部が、多種の生命となる事によって永い永い時を生きているとも言えるかと思います。

 そう考えてみると、「意識」というものは、宇宙の見ている夢、大いなる夢の一部だと言えるでしょう。
 僕達が見たり聞いたり感じたりしている事はつまり、宇宙の一部がそうしている事と同義であり、僕達の意識は結局、宇宙という大きな意識の欠片であるとも言えるかと思います。



はい、そこ。付いてきてますか?
モノっすごく宗教的な感じになっていますが、いえいえ。これは純然たる科学理論ですよ。



 宇宙のほんの一部を材料とする事で、そこへ生じている我々の意識はどれも、決められた配列に基づくと必ず生まれる科学的産物であると同時に、宇宙というシステムに組み込まれた一つのモジュールです。
 それはまるで本当に、宇宙という「大きな何か」が見ている夢の一部の様でありますが、大いなる夢は、遙かな過去から遠い未来まで、この世に存在している全ての生命が共同作業で紡ぐ夢です。


rule
「死」というシステム

 さて、宇宙が意識を生み出すシステムにの上において、大変に重要な機能である「死」という概念でありますが、これらは儚いもの……なのでしょうか?

 天文学の見地からすれば至極当然でありますが、ビッグバン理論に基づくならば、それがどんなに途方もないものであろうとも、宇宙は有限世界です。
 今ここで「宇宙の果ての壁の向こう」議論を展開するつもりはありませんが(長くなりますからねw)、ビッグバン、ないしそれを裏付ける天文学的観測結果がある以上、理論的に、宇宙は有限世界であるという以外の形では有り得ません。

 有限の世界に生じるものは必然、それもまた有限であるわけですので、「生命、意識」もまた同様に有限であると考える事は自然な発想であると思います。

 そうなると、宇宙からしてみれば、物質も意識も限られた資源でありますからね。
 肉体が死ねば意識はまた消えてしまいますけれども、これは、その夢を見ていない状態へ戻る、と、その様に定義する事が出来るでしょう。

 意識とは、何処からやってきて、そして何処へ行くのかは判りませんけれど、「貴方」とはつまり、遠い過去で夢をみていた意識が再び目覚めている状態であり、貴方が死んでしまっても今度は、また遠い未来、宇宙の何処かで再び夢を見始める事でしょう。

 「意識、精神」と「記憶」は全く何の関係も無い様な気はしていますが、そうではないかもしれません。
 貴方の人格がまた遠い未来に、宇宙の何処かで再覚醒するという事では無いと個人的には想っていますが、そうではないかもしれません。
 意識という資源もやはり有限であると想っておりますので、だとすれば、貴方も貴方も、再び夢の続きを見始める時がやってくるかもしれません。

 そう考えると、この世界って良く出来ていますよね。

rule

 雪景色を眺めながら、温かいお茶をすすり、痛い妄想に想いを馳せる時間のなんと至福な事か。

#全部雪のせいだ

 こうした話にご興味がありましたら、以前のエントリーも併せてご覧頂けましたら光栄です。
■SFネタ系
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?

rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Theme:SF
Genre:小説・文学

comments(5)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2014-02-09_22:14|page top

ゲームプログラマが語る。流れ星に馳せる真実
2012-12-15 02:27




人恋しさに苛まれ、今日も今日とてゲーム三昧的な幸せ感を醸し出しながら、
ここのところ、手を出すゲームが全て高難易度。
まるで、神経が鰹節のように削り出されているTeamDyquemで御座います。

それなりに色々なゲームに手を出してはみながらも、
時折、楽しさが憎しみにジョブチェンジしている皆様、こんばんは。

それは、僕の事でした。すみません。。。
最近、ゲームを最後までプレイする事に行き詰まりを感じ始めています。
だって、難しい過ぎるもの。 >ダークソウル拡張パック、お前のことだw


酸いも甘いも噛み分け面で、手を出したゲームに撃沈していてはお話しになりません。
ゲーム一筋幾星霜と言いながら、まだまだ楽しみ足りないのです。


さて、酸っぱかろうと甘かろうとどうでも良いのですが、幾星霜と言えば。

昨夜は、双子座流星群が観られた夜でありましたね。
寒くありませんでしたか?

僕的には、獅子座流星群以来でしたが、南の空からベランダの下まで
二つほど流れていきました。


rule

本エントリー、公式未発表(?)自分の過去の原稿よりAlways的な試みで御座います。
(昔、yahooだかmixiだかの質問箱に返答した内容なのですけれど、あんまり感謝されたので、SF好き宇宙好きとしては嬉しくて、残しておりました)


流星

地球は秒速30km程で公転しているのに対し、
通常、流れ星となる宇宙のチリ等は秒速70km前後で大気圏に突入してきます。
突入の方向も様々でして、正面は勿論、後ろから引き込まれる場合もあります。

これにより横へ流れるものや、それこそ下から流れる物まで色々です。
地球が進む方向から正面に突入した場合、「殆ど動かない流星=遅い流星」等も見る事が出来る様ですよ。

一般に上から降り注ぐ(様に見える)流星を、a falling star.
水平方向に飛ぶ(様に見える)流星を、a shooting star.
と呼び分けられています。



流星。

殆どが直径1mm未満の小さなチリなんですよね。
獅子座流星群も、約300年前の彗星が残していったチリの群れなんです。
そのチリの群れの中に地球が突入しているわけですが、
こうして局所的に全天で見られる流星群は殆どがこのタイプの様ですね。

こんな小さな小さなチリなのに、秒速70kmなんていう速度で大気圏に突入してしまうと、
その摩擦熱で大きく燃え上がり、減速し、綺麗な光跡を残しながら一瞬で蒸発してしまうんですよね。
宇宙速度等、通常とはかけ離れたスケールの大きさを感じてしまいます。

ちなみに直径数十cm程度の大きな岩等が大気に突入すると(その硬度等にも依存しますが)、
光跡が地表まで達する流れ星も見る事が出来る様ですよ。(殆どは大気中で蒸発してしまいます)
これは勿論、流れ星ではなく「隕石」ですが。

私も勿論肉眼で見られた事は有りませんが、どこかで動画を見た記憶が有ります。
夜の天空のある一点からフェードインする様に表れた光跡が、
瞬間的に地表にまで伸びるその画、とてもとても幻想的でした。
(民家に落ちていません様に・・・)




ところで、物凄く余談なのですが。

上記の様な直径数十cm程度の小さな岩石は、恒星、惑星間の広大なエリアにはかなり存在しているらしいのです。
浮遊、、とは違い、勿論何らかの恒星系なり惑星系の引力の支配下にはあるわけですが。
岩石と呼ばれるものから、小惑星と呼ばれる程大きいもの迄様々ある様ですね。

こういった岩石が密集しているエリアで特に大規模な物は、
火星と木星の軌道付近に確認されていてこれを「アステロイド・ベルト」と呼びますが、
問題はこれでは無く本当にポツンと空間に存在している岩石等。

近年土星やその外へ迄も続々と探査機が飛んでいますが、
こういった探査機は惑星の引力を利用したスイングバイという手法で、
秒速10km以上にまで加速されて飛んでいきます。

ここでこういった小岩石が問題になるらしいのです。
衝突したら探査機は一瞬で粉々に砕け散ってしまいます。


とても面白いというか感心したのですが、
NASAは太陽系にある直系十cm程の「岩」の膨大な「所在地データベース」を熱心に作成しているみたいですね。
勿論、このデータベースをも踏まえて惑星間航行経路を丹念に慎重に決定しているんだそうです。

一般には余り知られていないこういった地道な努力ですが、本当に頭が下がります。

これからもワクワクさせてくれる様な成果に期待してしまいますよね。:D



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2012-12-15_02:27|page top

ゲームプログラマが語る。スカウターが爆発する理由
2012-08-06 21:33



 酸いも甘いもかみ分けたつもりになって、大切な事柄をスルーしていませんか?
大人である事と無関心を履き違えずに、出会いを大切にしている読者の皆様、こんにちは。
アラフォーをこじらせている、TeamDyquemで御座います。

 二日酔いがなかなか直らなくても、筋トレした翌日に筋肉痛が来なくても、泣かない。
せめて、大声では泣かない。

 それが、大人の嗜みというものでありましょう。
心までこじらせてしまう前に、本題へ入りたいと思います。


 まあ、本題という程の話でもありませんが。
(ああそういえば、今回もまた、パーマンに付いて深く掘り下げるエントリーを推敲出来ませんでした。)


rule

 貴方が、会社から業務で至急されるツールにはどんなものがあるでしょう。
携帯電話?最近のIT企業ならばiPadも珍しいことでは無いでしょう。
営業の方は会社の車を利用するでしょうし、測量機などの工具もそうですね。

 とあるブラック企業では、支給された器具の使用法を誤ると、爆発するらしいですよ。
怖いですね。責任関係はどこに設定されているのでしょう。労災も尋常じゃなさそうです。

 そうなんですよ、「戦闘能力遠隔測定器」とかなんとか。
通称はなんて言うんでしょうね。スカウターですか。

あれは、どうやら、しょっちゅう故障しているらしいですね。
リクナビの投稿コーナーに載っていましたよ。完全にリークお葉書です。

 ラディッツ氏、ドドリア氏などという、その業界のではかなり有名な戦士らの証言です。
彼等は、亡国の末裔戦士と、会長直径部下という比較的前線で活躍している方々でありますが、
注目すべき、共通している台詞が
「なに!?スカウターの故障か!?」である事は、
各種アルバイトニュースでは定番のコラムです。


つか、その前に、「爆発」しているんですよ!?
文字通り目の前で。
にも関わらず、爆発した事そのものには文字通り眉一つ動かさず、気にもとめず、
淡々と、相手の戦闘力が意外な数値だった事にのみ、ただただ驚いています。

 恐るべき精神力でありましょう。
地球のサラリーマンならばまずは大抵、自分が何か使用法を誤ってしまったのか
その為に起こった損害に対し、どう謝罪し、どう償うのか。
高価なものであるならば、最悪のケースとして、懲戒をも視野に入れなければならない事態です。

しかし、彼等はただ一言。
故障か?

心配の論点がおかしいw


百歩譲って故障だったとしてもですね、故障時に爆発対応ってどういう製品なんですかそれ。
あと、眼球だいじょうぶなんすか?w

 まあ、戦闘系用品を多く扱う職業なのでしょう。
何かモノが壊れたり、破損したりする事の多い産業なのかもしれません。
いずれにせよ、地球では考えられないような、不具合製品に対する心の深さでありましょう。

更に百歩譲って、件の人物達にとってみればそれは、それまでに戦ってきた敵達との現実的な比較において、
僅か四歳そこらの幼児やベジータ氏から、そんなにも高い戦闘力数値が検出されるという事を、
素直に認めることが出来なかったのかも知れません。

しかし、我々第三視点から見ればそれは、
明らかに個体許容範囲を超えたパワーを感受してしまった事による現象であると判ります。
こうした挙動に対する地球の常識的な実装と言えばそれは、
センサーの許容外データを感受した事を、エラー画面で告げれば良いだけなのです。
「エラー:パワーを測定できません」ただ、それだけの事なのですよ。

 しかし、彼等はやはり戦闘産業。
製品開発コスト部門のテクニカル系ブレイン技術者達の頭の中も、きっと脳みそで出来ているに相違ないでしょう。
そんな余計なエラー処理にコストなんざかけていられない……
若い現場の技術者達の率直な意見とは、意外にもそんな所なのでしょうね。

 フリーザ様が幾ら、宇宙で一番理想的とされる上司であろうとも、
金銭感覚ゼロの脳筋ブラック企業である事に変わりはないのでありましょう。
なにしろ、主業務が「侵略」という恐ろしい産業なのですからね。
 百歩譲って、侵略業務と技術部門が独立運営されていたとしても、
どう見たって日向小次郎的な、後ろ振り返った事なぞ起業以来ついぞの一度もありはしない、
生まれついてのアタッカーですテヘペロ的な企業体質。
攻めの技術にならば幾らでも投資するが、
敵の戦闘力を計るだけなんていう守りの技術に予算割いてられません、そんな所なのでしょう。


rule

 こういう事で苦労を被るのは、いつだって現場の技術者なんですね。
それは、惑星フリーザでも、地球でも変わりがありません。

 彼等の惑星ではきっと、電波が悪くてメールが受信出来ないだけでも、携帯が爆発するに違いない。
そして、そんな事は気にも止めず、飲みかけのコーラに意識を戻すのだろう。

うん。まさにこれは、テヘペロ一族。

なんて無邪気なんだ。

すがすがしいよ、むしろ。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2012-08-06_21:33|page top

ゲームプログラマが語る。脳を科学するけど、NZT48とロバート・デ・ニーロがゲーム業界を変える
2012-07-03 00:46

変なスイッチが入る

 NZT48。
我々頭脳労働者にとり、命に替えても手に入れたい、ドラゴンボールも真っ青なアイテムであります。

 NZT48。
某アイドルグループ一派とは何の関係も在りません。

 NZT48。
はい、本当に関係ないんです。総選挙とかじゃないんですが、関係者はなぜこの命名をしたのだろうという意味を込めてもう一度盛り込んでみました。


rule

 右を見ても左を観ても。古今東西、津々浦々。雨後の竹の子も根腐れが心配になる程のIT産業大躍進。そんな中、自分のような零細ゲームプログラマもまた、この時代になんとかしがみついて行くべく努力を重ねているわけでは御座います。

 頭脳労働と言えば聞こえは良いですが、IT業界数々あれど、我々ゲームプログラマ界における苦労もまあ大変なもので。公の場でつらつらとグチを重ねるわけでは御座いませんのでご安心頂きたいのですが、アラビア半島北西部を彩る死海の底から死海文書を掘り当てなければならない程にネタが枯渇している当ブログ。
 本業のゲームプログラムだけを頑張っていれば良いものを、どうしてもこう、色々と手を出してみたくなるお年頃で御座います。まあ、アラフォーですが。

「ツバメもタカとして生きねば、飛ぶことも叶わぬ世なのだ」と、
某、風の谷の族長ジル様も申している事でありますしね。
ほんに永い苦しみによう耐えた。強い子じゃった。

 こういうネタならば、本当にもう、無限に且つオートマチックに繰り広げる事の出来る我が不思議なシナプス構造をもったMY脳みそ様なのですが、中の人を暴走させるととても面倒なので、僕がマネージメントをしています。


rule

「脳内」で繰り広げられる様々な事象には、本当に本当に、まだまだ誰も知らない秘めたる物語が、広大に敷き詰められているとは思いませんか皆様。

 ここ数年、脳科学やそれらにまつわる学術的な知見と、創作めいたエンターテイメントの融合に、とても興味があるTeamDyquemで御座います。


rule

さあ。さて。

ちょっと実験をしてみましょう。
(まあ、ネットで有名になった小ネタなんですけれどね)

以下の文章を、深く考えずに流し読みしてみて下さいな。軽く、ね。


「チームディケムさん、かっいいこ、かっここい、
すてきすきて、作るゲームみんおなもしろい!」



痛いとか言うなよーーw

痛いとか言うなって^^;



心が痛いのは俺の方だバカヤロウ!アラフォーなめんな!

(゚o゚;) ハッ!
失礼しました。


 脳内において、神経細胞やニューロンが造り出す「記憶という奇跡」が司るその特性に比較すると、視床下部や下垂体ホルモン、それに類する自律神経や交感神経が紡ぎ出す情報処理能力は、圧倒的な処理速度を誇ります。
言ってみれば、前者はメモリ容量。後者はCPU処理速度であると言えましょう。

上記の実験、なんとなくちゃんと読む事が出来ませんでしたか?
ディケムさん!カッコいい!カッコいい!って(だまれ)

よく見れば判る誤字が散見されていますが、「軽く読む」。この時、人体学的には当たり前の現象なのですが、交感神経が大きく幅を利かせて参ります。
情報精査を阻害している身近な証拠ですね。
大抵の人間にはこの症状が現れますが、別に病気ではありません。敢えて分類するならば、「錯覚」でしょうかね。
パブロフとも言えますね。「パブろってんじゃねえよ」とは限定的に使える言い回しですが、就活での使用はオススメできません。


rule

 さて、我々ゲーム業界におきましても、本気でクリエイトを志すフェイズに携わっているならば、この現象を利用する事を学んでいる方も多いのではないでしょうか。
もう少し丁寧に言えば、人間の持つこの現象と、産業を組み合わせています。

 例は無尽蔵にあるのですが、入門編として、簡単な例を。
我々はこれを「ゲームセンター理論」と呼んでいます。


 ゲームセンターに置かれているゲーム。まあUFOキャッチャーやプリクラには又別の理論があるのですが、ここは普通のゲームを想像して下さい。ダンスゲームでもなんでも。

 ゲームセンターに買い取られたゲームはその店舗の裁量で運用されますが、一台一台はとても高価。そんな機械を買ってもらうために、我々作り手は、「三分でゲームオーバーになる」事を難易度調整的にある程度保証しています。
誰もが百円で一時間もプレイできるほど簡単では、採算が取れないからという前提に基づいてるわけです。
一般的なゲームにおけるゲームセンター側の損益分岐点平均が、百円で大体三分。これが、黎明期からの通例なのです。

 だけれども。
 百円入れて三分って、ちょっと損している感じがするでしょう。ちょっと短いですよね。
とは言え、我々クリエイター側から、これを延長する提案は難しい。畑違いでありますし、何よりも、ゲームの本質を超えた経済的事情が跋扈しているからなのです。
しかし、我々には我々の出来る事があるんです。
「三分」が伸ばせないのならば、その三分をいかに楽しんでもらうか工夫をする。これですYO。

まあ、ゲーム業界に勤める個人個人のスキルがまさに財産となってモノを言う分野でありますもので、
この段階ではまだまだ、詳細は出し惜しみしますけれど。

ともあれ、ここに、上記の錯覚誘因技術が台頭してくるのです。

 ついついフワっと書いていたら、中々面白い展開になりましたので、
これはまたガジェ通さんに寄稿しようと思いました。ネタGET。
「ゲームセンター理論」に関しましては、またガッツリと改めますね。


さあて、さて。


とっぷりと、大好きな脳科学トークに勤しんだ所で、本題に戻りますYO!


 NZT48。
某アイドルグループ一派とは何の関係も在りません。


 Robert De Niro(ロバート・デ・ニーロ)氏を好きな方ならば、既にピンと来ているのでしょうか。
既に知ってたよ!という方!
僕からあなたへ、「シナプスの繋がりが効率的ですね!賞」をプレゼント。
シナプスが首都高みたいに合理的な繋がり方をしていますね。事故に気をつけて!


 漸く本題なのでありますが、昨夜AppleTVでふらっと観た映画。


リミットレス / Limitless 2011年【米】 上映時間:105分

デニーロはまあ勿論なのだけれども、Bradley Charles Cooperがすんごい格好いいなんだこの人、知らなかった。


今回は、「脳」についてエントリーを展開させて頂きました。

 貴方の「脳」は今、何を考えていますか?

 それって、ほんとに貴方の考えですかねー。
 操られてるんじゃないですか?

 すっげぇチープその考え!wwww 爆笑!


さーせんw 僕もそう思います。


けれど……「爆笑」しているのも、本当に貴方…・…ですか?



 さあ、さて。

IT業界に勤める貴方。
頭脳労働で生計を立てている人すべてが、観るべき映画です。断言します。

「NZT48」がもたらすであろう、至宝感は、是非、貴方のめで直接確かめて下さい!

こんなにも面白い映画は本当に久しぶり!
やばかっった!BD購入決定です!

さてちなみに、一頃は結構観ていたんですよ!
そんなブログが残っているので、裏メニュー的お品書きとして。

昔のブログ




今回は、構成無視の走り書き。
お見苦しい文章でごめんなさい。
と、言いつつ、ちょっとだけ告知を。

今回の脳ネタはちょっと伏線的な。
今年はなかなか表だった活動が出来ていませんが、
勿論、がっつり動いていますYO
ちょっと時間がかかっておりますが、年末くらいにはお知らせ出来たらな、と、頑張っております


希望について(type-B)(初回限定盤)



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(2)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2012-07-03_00:46|page top

ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
2012-02-10 14:03



いつも沢山のご訪問、本当に有り難うございます。
ここの所しばらくは、ガジェット通信寄稿系や技術ネタが続いておりましたので、前々回の告知通り久しぶりにガッツリとSF、宇宙ネタエントリーなどを一つ。

SFや宇宙ネタが大好物であります。最近の曇り続き関東平野天候も、ここが木星だと自分に暗示をかければ楽しめる。三度の飯よりSFが好きで心のHello注意報に胸を躍らせる皆様こんにちは。
気象予報士に警報扱いされるTeamDyquemで御座います。

さて。

rule
気の遠くなるスキもない程の、距離の話

太陽や地球、全ての物の大きさを10億分の1として考えた場合、宇宙や世界はどの様に見えるのでしょう。無慈悲に広大なこの空間は、どの様に映るのでしょうね。
まず、非常に大きな太陽の大きさもこれを10億分の1とした場合、直径は約150cm。バランスボール位になるでしょうか。これに対し、地球の直径は約1.2cm。ビー玉位ですね。これだけでも、恒星「太陽」のメタボっぷりが推し量れる事と思います。カップク良すぎでありましょう。

ビー玉の上には60億の人々が暮らし、そこは無数の動植物達の楽園です。このチッさいビー玉の上には生命が満ち溢れてはいますけれども、そりゃあもうチッサイチッサイ生物達です。人間なんて顕微鏡でも見えません。

その、「顕微鏡でも見えない人間」にとり、バランスボール程もある太陽の大きさはそりゃあ巨大ですが、太陽と地球の距離はどうなんでしょうか。
これが、150m。校庭グラウンドの端にビー玉を置いて、もう一方の端にバランスボールが在る感じです。「顕微鏡でも見えない人間」にとってみればこれはもう無限とも言える遠さの様に思えますが、人類は既に、この程度の距離ならば無人探査機を送る事に成功しています。

では、太陽系の外園部。冥王星と太陽の距離はと言いますと、これが6km。病気です。病気レベルの遠さです。しかし、人類はこの距離を超えた太陽系の外、恒星間空間にまで無人探査機を2機も送り出しているのです。かなりのガッツです。昨日公開された劇場版ベルセルクは全く関係在りませんが、この2機は「ボイジャー1号、2号」と呼ばれ、なんと35年前に出発し現在も通信を行いながら距離を伸ばしています。

恒星間空間とは何でしょう。
恒星とはつまり我々の「太陽」の事であり、太陽系に存在する地球や火星などは、恒星を回る「惑星」ですね。月などの様に惑星を回る天体は「衛星」です。
太陽系は言ってみれば「太陽系村」であり、宇宙には同様な恒星(村)が無数に存在しているわけですが、お隣の村まではめっちゃ遠いのが通例です。この、村と村の間の空間が「恒星間空間」ですね。

さて、この恒星間空間。一体どれ程の距離があるのでしょうか。
我らが「太陽系(村)」に一番近いお隣の村はケンタウルス座アルファ星第2伴星のプロキシマという恒星で、4.22光年という距離に位置しています。
このプロキシマにも、太陽系と同じ様に沢山の惑星が回っていて、太陽系と同じ様に木星の様なガス惑星があり、内側には岩石の惑星が点在している事でしょう。但し、生命が存在出来る惑星系では無い事は確実視されています。

さて、このお隣村への4.22光年は「顕微鏡でも見えない人間」にとってみた場合には如何ほどの距離でしょう。なんと、42000kmです。東京->ニューヨークが大体10000kmですから、それを2往復以上。神様は、ほんとマジで何を考えてこんな設定にしたのだという感じですね。無理ゲーにも程があります。
ビー玉を何個並べれば良いんでしょうかねと計算してみたら、35億個ちょい。地球35億個の距離ですよ。


rule
気の遠くなるスキもない程の、速度の話

一番近い恒星でこのザマなのでありますが、せめて100光年範囲内位はもう少しなんとかしないと、この先、人類滅亡まで経過しても異星人文明なんかを発見する事は出来ません。とはいえ、一番近い恒星ですらこのザマなのであります。。。

もうこの距離になると、化学燃料を燃やしてロケットでなんとかというレベルでは全くありません。100光年とは、光の速さで100年ですからね。

光の速さは秒速30万km。これまた病気です。1秒で地球7周半です。グルグルですよ。(でも、太陽までは8分以上)
これに対し、現在人類が造り出した飛行物体での最高速度は、上記「ボイジャー1号」でスイングバイという天体の重力を利用した加速ですが、秒速40.18km。単に化学燃料加速のロケットだと「ニューホライズンズ」秒速30kmといった所。「光速という名」の、フリーザじみた化け物戦闘力には遠く及びません。
試しに光で100年かかる距離を、このニューホライズンズで行くとした場合、到着までには100万年。

はい無理。解散。


rule
もはや根性論

結局、物理的にまっすぐ飛んで行ってどうにかなるという次元の話ではありません。

個人的に、宇宙には沢山の知性や文明が点在している事にいささかの疑念もありません。時間や距離のずれ等があり、お互いが出会う為の問題点につきましては、
以前のエントリー
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?
上記にても書かせて頂きました。併せてお楽しみ頂けましたら幸いです。

しかし、もしもこの距離問題に対する解が存在しているのなら、「長大な距離を出来る限り速く飛ぶ」という方法自体がもう間違えているとしか言い様がありません。引き戸は、幾らどんなに力を込めて押しても開きませんからね…。
万物全能の何様だか知りませんが、「この事に気がつけるレベル」の知性同士以外の接触は禁止する、というルールを定めたとしか思えません。
ワープ的な技術は酷くおとぎ話的でありますが、何がなんでも実現しなければ舞台の上にも上がれないのです。

ホワイトホール?
空間バブル押し出し方式?
人工ブラックホール2点制御によるワームホール生成?

どれも夢物語ですが、ロケットの燃費を気にしているよりは遙かに現実的な所が悲しいですね。

人の寿命がどれ程延びようとも、文明が衰退し遂に消滅してしまうその前に、こうした技術が実現出来るかどうかは未知数ですが、せめて惑星地球においては、束の様な無数の奇跡が実現する事を期待しつつ、生をまっとうしたいですね。


生命は実に儚く、物理法則は無慈悲この上ありません。
だから僕は、今夜もお酒を呑むのです。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2012-02-10_14:03|page top

ゲームプログラマ語る。プログラマ視点からツッコミたいSF映画
2011-08-08 13:33



 世の中には種々様々なSF映画が存在し、昨今では我々愛好家のみならず、多くの方を楽しませる娯楽としての完成度も高まってきている点に、疑いは無いでしょう。
 作品群を彩る多様性も高度に昇華され、文字通り、まさに星の数ほど選択肢が存在する今、我々は何を観、また何を観ないかという点が非常に重要となってくる、という様なお堅い話では全くアリアハン。

 道行く野良犬に、「黙れ小僧!」と突然怒鳴りつけられるアラフォーの気持ちがお判りか。あの犬、更に「人は憎しみでは生きていけない……」 等と項垂れて呟いたが、いやいや、貴方、犬ですよねとツッコんでいたら、横に居た野良猫に甘噛みされました。
 ここまでは、20%が実話です。

 呟きと言えばアレですよ。昨今、惑星規模大ブームにまで発展した、ある種、「メディア」というカテゴライズを施してもおかしくない、Twitter。この、地球規模であるTwitterネットワークに地球で一番ピッタリな人物、「つぶやきシロ―」はTwitterをやってるのでしょうか。彼こそは、日本Twitter界代表プロモーターと認定するべきでありましょう。

 何の話をしたかったのか、危うく本気で失念する所でした。
今日も今日とてTeamDyquemで御座います。みなさまこんにちは。


rule

 いやいや、アレですよ。
最近、ひょんな事から、「インディペンデンス・デイ:Independence Day 1996-USA」をチラ観したのですが、いやこれ、色々な事を思い出しましたよ。

 まず、基本的には好きな映画です。娯楽としてとても秀逸です。敢えて敢えて悪のりツッコミをしたいだけなので、JOKEとして流して下さいね。
(尚、ネタバレを含みます。未観の方はご注意下さいね。)

 はい、まず、これを言ってしまったら終わり系の話から。

以前のエントリー
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?

 上記にても展開させて頂いた持論に従い、基本的に、異星文明というものはある形にて存在していると確信しています。詳細は上記エントリーをご覧頂けましたら幸いですが、端的に言えば、文明の寿命は短くそして宇宙は広すぎるという点が大いなる障壁であり、その観点からすると、瞬きの様に発生しそして消えていく文明が、数100億年オーダーの中には種々点在しているとしても、それが物理的に接触可能となる小さな小さな範囲の中で同時に発生する確率なんてものは、これはもう全く有り得ないレベルの話となってくる、悲しい話なのであります。

 その上で、こういった不可能性を克服する程の純然たる科学探求心を持ち、戦争や飢饉を乗り越え、ついには恒星間航行を現実の物とした神の如し超知的な文明と、その星と地球との距離、そして瞬きの如し二つの文明が偶然同時期に存在したという、両手にあふれる程の奇跡を持っていたとして、漸く実現した異星間交流。

 はい。
 こんだけの障壁を乗り越えたにも関わらず、いきなり侵略してくる文明のバカっぽさ。非合理的な事、この上ありません。植民地や資源採掘惑星としたいならば、何世代にも渡りこんな遠くまで来る前に幾らでもやりようが在る事でしょう。もの凄い科学技術をもった大馬鹿という事になってしまいます。最悪、母星崩壊による難民という設定もアリですけれどね。あの映画の様に。

 この映画では、そんな異星文明が割と身近に感じられる事でしょう。なぜか、地球の大気にも適合している様で、外気の元、ウィル・スミスに素手で殴られていますからね。

 しかし、最大のエンターテイメントはストーリー後半に訪れます。
敵母船へ侵入し、敵戦闘機という端末デバイスをハッキングし、マザーコンピューターへウィルスを仕掛けるこのお話。

セキュリティはどうした
 新入社員によるたった一つの操作ミスで会社の全データベースが吹っ飛んで株式市場では管理銘柄指定され、たちまち1円ボロ株銘柄に陥落し、総資産が泡の様に消え、即日倒産する様なシステムです。残念です。

 そして何より、地球へやって来られる様な超知性体が開発したシステムに対し、初見の地球人がいきなりウィルス作成してましたね。ノートPCか何かで。

いやいや、
インテル、入ってないYO!!!

 ああいった形で侵略されたとするならば、相手の補給線を絶ちつつ籠城戦展開し、各個撃破を繰り返す程度しか戦略的には対処の仕様も無さそうですけれども、それだと映画になりませんからね。一発逆転大統領万歳的なシナリオもやむを得ませんが、何とも言えない不思議な気持ちになりました。


rule

 さて、ここから「第9地区」「SUPER8」へと話題を展開し、「宇宙戦争」のスタッフロール時に茫然自失となり席を立てなかった思い出から、「I' Robot」あたり迄の話を組み立てるつもりでありましたが、思いのほか筆が乗ってしまいました。

 長くなりそうですので、シリーズ化への展望を残しつつ、ここらで一度投稿させて頂きます。
えー、それからもう一度。悪のりツッコミのJOKEで御座いますm(_ _)m
反論は受付ますが、その時にはひたすら謝罪に徹するのみで御座います^^;

 猛暑で溶けそうなTeamDyquemでした。


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2011-08-08_13:33|page top

小松左京氏を想い、SFを語らう
2011-08-02 14:01



 小春日和の待ち遠しい季節がやってまいりました。夏、であります。昨日までは、これ、本当に夏なのだろうかと、日本列島全域を不安に陥れてきた今年の天の邪鬼な夏でありますが、その攻撃力はやはり悪意に満ちたものでありました。
小春日和が待ち遠しい限りです。冬の終わりに、あー、昨日まであんなに寒かったのに、今日はちょっと暖かいねって早く言いたい。今から年末の鍋が楽しみなTeamDyquemで御座います。皆様、こんにちは。

 昨今はアレですよね。なでしこジャパンの快挙が記憶に新しい所ですが、「なでしこ」の意味を知らなかったばかりに、若人より小馬鹿にされ精神崩壊寸前です。なに、"なでしこ"て。ナウシカの仲間か。


rule
訃報

 日本が誇るSF界の巨匠、小松左京氏が亡くなられてしまいました。
彼の方に関する偉業その他につきましては、SFを志す方ならば言わずもがなでありましょうし、そうでない方向けにも、その業績を称える数々のサイト群等へ譲る事と致しますが、真に純国産のSF巨匠という方でありました。

 代表作の一つ「さよならジュピター」など、未読の方は是非一度楽しんでみて下さい。眠るのも忘れ、一気に読み進めてしまう感覚を思い出すことでしょう。
また、本作はSF的幕の内感も秀逸で、二十二世紀半ばの地球文明というものを、さも当たり前であるかの様に、さも見てきたかの様に自然に表現しており、散りばめられた科学技術群の距離感が不思議な程に近い一作です。ラグランジュ点や、マスドライバー等、地球衛星軌道からその少し広い範囲において、存在しなくてはならない未来技術や科学用語等を自然に学ぶ事が出来るでしょう。

 そういえば昔、「ラグランジュL2」というゲームがありましたね。魔界村を更に超絶難易度にした様なアドベンチャーゲーム。少年がなけなしのお小遣いをはたいて購入してきたのにも関わらず、最初の画面のドアすら開けないその難易度のおかげで、この変な性格の一部が形成されていると言っても過言ではありません。


 昨今は本当に、SF界にとっての大いなる損失が続きます。クラークホーガンしかり。どんどん寂しくなってきてしまいます。勿論、後進の傑作達も多く、SFにはまだまだドップリと浸かっていきたい所でありますけれどね。


 最近、ハインラインの「夏への扉」を久しぶりに読み返しました。これ、何度読んでも勿論面白いのですけれども、毎回毎回、ネコのピートの可愛さにやられすぎて、本筋がどうでも良くなってくるんですよね。
 特に、未来へ向かう直前。えーー、ピートどーすんのどーすんのどーすんの!?ってなって、未来への旅という最重要伏線が見事に霞むのは、私だけでしょうか。


 言わずもがな、ホーガン星を継ぐ者シリーズ。これも最近、翻訳全巻を読み返しました。例によって、胸が爆発しそうな程の圧倒的に練り込まれたストーリー。上記、ハインラインが描く「ネコのピート」に並び、ホーガンが産み出した人工知能「ゾラック」がまた何とも可愛くてしかたがありません。もう一体の、超高性能人工知能「ヴィザー」と比べると、ギャグも滑るし空気も読めないゾラックがたまらないんです。本当は超高性能AIなのに。まあ、本質はそういう話では無いのですけれどね。。
 日本語未翻訳の続編、「MISSION TO MINERVA」も購入し一度は読んだのですけれども、SF原書をガッツリと読むならば、腰を据えなければと思い知った一幕でありました。これは、もう一度ちゃんと読まなければ。


rule

 ゲームプログラマであるiPhoneアプリ作者が綴るBlogと致しましては、もはや、テーマも何もあったもんでは無い本エントリー、大変失礼致しました。

 #47app 、全国ご当地アプリ企画と致しまして、埼玉県制作を担当しているTeamDyquemで御座います。制作の速度も上がり、順調に進んでおります。開発度は65%といった所でしょうか。早ければ、今月中にはリリースに持っていきたい所でありますが、一応、目標という事でご容赦下さい。

 えー、その前に。
平行して進めておりました新作が、おおよそ組み上がってまいりました。ネコモノ三部作が明け、久しぶりのネコが出ないアプリ。今度の主役はヒヨコです。これまた難産でありましたが、埼玉アプリの少し前に先発で、と、この様に考えております。

 ご期待頂ければ嬉しいです。



それでは皆様。
暑さは、まだまだこれからが本番でありますが、頑張って参りましょうね。
TeamDyquemでした。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(2)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2011-08-02_14:01|page top

ゲームプログラマが語る。宇宙に意識が生まれる仕組みと、バグテスト
2011-07-05 13:38



降り注ぐ紫外線と暑さに思考力がやられっぱなしではありますが、今年の梅雨はもう明けてしまったのでしょうかね。湿気も雨も苦手ではありますが、こうも早々に退散されるとそれはそれで少し寂しい。自分がまさかの天候プチMだったなんて知りたくなかったTeamDyquemで御座います。 皆様こんにちは。

日本一、夏が似合わない男と言われ続けて幾星霜。この悪意に満ちた夏の日差しには本当に毎年辟易で御座います。完全に意識がありますねこの季節には。いじわる婆さんも裸足で逃げ出す事でしょう。

いじわる婆さん」を知らないというジェネギャな方々は、
お父さんにでも聞けばいいさ!


そうそう、アレですよ。意識……と言えば。

我思う故に我在りとか言いますけれど、「我思う」とは何でしょう。
脳髄という有機組織も突き詰めてみれば、コンピューターと同じ様に単なるデバイスの一つに過ぎないわけですから、代わりに、例えば本当にコンピューター内の情報処理として素粒子レベルの相互情報交換をエミュレート演算処理する事が実現出来れば、きっとそこにも所謂「」と呼ばれるものは芽生えると確信しています。自我や魂というものは結局のところ、厳密に定められた物理法則の上に生じる副産物であり、であればこそ意志は時空を超えて存在出来る様になり、そう遠くない未来では古くなった肉体という媒体を捨て、自我をコンピューター内に引っ越しさせるというエントヴァース的なライフスタイルが実現している事でありましょう。
その世界における「」とは純粋な「母体データベースへの帰還」と同義であり、「出産」は「素体再構築」という事になるでしょう。新しい肉体に再生された魂は、前世に処理されたままの素粒子データベースを継承していますから、必然的に記憶も継続していく事になり、あんな事やこんな事等忘れたい程の恥ずかしい失敗談セットを持ったまま生まれ変わるという、ドMにはたまらない世界となっております。

はい。引かないソコ。
調子に乗って哲学の森に迷い込み、科学を履き違えている場合じゃあ明らかにありませんでした。
申し訳ありませんでした。あと、Mじゃありません。


rule

上記の例は極端でありますが、テクノロジーがどんなに進歩しようとも今はまだ結局のところそれを制御しているのは人間であり、であればやはり最大の敵はヒューマンエラーと言えるでしょう。
プログラミングにおけるそれはつまり「バグ」という事であり、プログラマに求められる重要なスキルとしてバグを作らない事、発生してしまったバグの原因を迅速に突き止めるという事の二点が非常に重要になってまいります。

バグと向き合う、バグを生まない、
バグと上手に付き合っていくための話題といたしまして今回は第二弾。

関連エントリといたしまして、
ゲームプログラマが語る。バグを生まない仕込みと、バルスの例外処理

上記エントリにおきましては、「Assert」という仕組みの基礎につきまして展開させて頂きました。今回は更にもう一歩、バグに対して歩みを進めてみたいと思います。


rule
簡易リグレッション・テストのススメ

リグレッション・テスト(Regression test)とは一般に、「回帰試験」等の様に扱われる、極めてシステマチック且つ無機質な総当たりテストの様なもので、要するに作った処理の全因果関係を総当たりに実行しテストしてみようという機構です。
但し、その優位性は大きなものですが、実行コストも高く気軽に導入出来る仕組みではありません。よりまして、ここではTeamDyquemが勝手に採用している簡易的な導入例について取り上げてみたいと思います。

例えば、あるアプリが内包する全てのクラスに関してテストを施すという形は採りません。使用頻度の高い汎用的な性質を持つクラスから仕組みを割り当てていく形といたしましょう。ここではまず、算術クラスを例にあげてみます。

対象クラスは、ベクトルを扱う CVector とでもしましょう。

サンプル的な例としまして、以前のエントリー
iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」
も合わせてご覧頂けましたらと思います。

上記の様な算術系クラスによくある不具合と致しまして、浮動小数点のメンバ変数がNaN化してしまう、というシナリオが挙げられます。
NaNとは「Not a Number」の略であり、不正な演算結果として特別に定義された数値です。浮動小数点フォーマットには他にも無限大等を扱う特殊な定数が存在しますが、何れのケースにおきましても、この値が出現した段階でアプリの進行が止まるという事はなく、NaNという値を抱えたイリーガルな状態のまま処理が進行する事が通例です。

NaNとの演算結果は常にNaNであり、例えば

  • 1 + NaN = NaN

  • 10 * NaN = NaN


この様に、その構造内に一度でもNaNが現れると、以後の計算結果を次々に汚染していく事になるのです。

この手合は、経験上相当やっかいな類のバグと言えるでしょう。アプリの実行が即座に停止する様な事はありませんから、この増殖するNaNを伴って挙動に影響を与え始めます。市販ゲーム等において3Dモデルキャラクターの姿勢が奇っ怪な事になってしまうバグを見かけますが、これの原因として階層関節計算の演算仮定にて算術演算クラスの持つ潜在バグにより、関節姿勢が部分的にNaN化しているというシナリオは容疑者として有力でありましょう。


rule
実装

具体的には、上記例のCVector2等における、全ての代入系メソッドにて(const以外の全てのメソッド)、isnanによるNaNチェックAssertを仕込みます。

この上で、static CVector2::RegressionTest() 的なメソッドを用意。


void CVector2::RegressionTest()
{
CVector2 i0( 12.3f, 45.6f );
CVector2 i1( 78.9f, 123.4f );
i0.Distance( i1 );
i0.Normal();
i0.DotProduct( i1 );
i0.CrossProduct( i1 );
}


この様に、Assertを仕込んだ内包するメソッドを全て実行するテストメソッドとして機能させ、これを起動時に毎回、メインの初期化処理から必ず実行させる様にします。

これにより例えば、何かのバグを修正した際にそれまで潜在的に眠っていたNaN化バグ等が呼び覚まされてしまったとしても、その初回の実行にてNaN化の瞬間を捕捉する事が出来、それに気がつかずに開発が進み傷を深めて行く事を防止します。

こういった機構を、よく使うクラスには出来る限り仕込んで置く事で、そのシステムの防衛力強化に貢献していく事になるでしょう。例によって、条件コンパイルによるリリース時コストフリーとする事が可能なので、最初は面倒かもしれませんが、積極的に採用する事をお勧めします。


デバッグとは本来やっかいなものではありますが、タイミング依存系のメモリ破壊系バグ等を追っていると不思議な高揚感に苛まれる事もありますよね。業務が切羽詰まっている等でなければ、実は最高にエキサイティングな思考パズルでもありますよね。

はい。強がりDEATH!暑いYO!



早く冬が来るといいなと願う。TeamDyquemでした。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2011-07-05_13:38|page top

iPhoneアプリ作者が過ごす西暦4000年。簡単Retinaディスプレイ対応
2010-12-27 13:25



朝9時発の通勤快速軌道エレベータにて高度2000km低周回軌道上のターミナルへ向かい、
高々度2万km環状線旧式イオンエンジン巡回各駅バス「やまのて」に乗り換え、
月面第8都市である新池袋へ。
0.7G制御下であるというのに、もう腰が痛い。
こりゃあ、次に地球へ下りたら背骨が折れるかな。あそこは重力井戸だわ。

月面市民の価値観はホントにうすら寒い。
数10世紀も前の遺物マスドライバーなんてものを、
観光用とはいえ未だに残しておくこの殺風景さがKY過ぎる。
今やテラフォーミングの開発最前線はタイタンにまで到達している事だし、さっさと移住したいわ。


クリスマスも明け、カウントダウン体制に入った2010年で御座います。
ラスト一週間の週明け1発目から、ナチュラルにこんな夢をみる自分にドン引き。
夢の中でも妄想の羽を休める事が出来ない TeamDyquem で御座います。
本当に病気です。どうしよう。
まあしょっちゅう見るんですけれどね。。人類絶滅編も多数取りそろえて御座います。


忘年会忙殺シーズンが継続中な上iTunesが冬期休暇に入り、
弛緩ムードに拍車がかかる頃では御座いますが、
ウコンの力と胃薬片手に師走最後の追い込み頑張って参りたい所ですね。


さて。


rule
Retina対応

iPhone4世代のデバイスでは、高解像度Retinaディスプレイが採用されておりますね。
非常に高精細で美しい事この上在りません。
通常何も考えずにアプリを制作する場合480*320ドット想定にて画像を作成する事になり、
iPhone3GS等ではそのまま出力されますが、
Retinaディスプレイでは2倍拡大表示される事で整合性が保たれています。

この形式ですと、高精細ディスプレイユーザーはそのアプリに関しては恩恵を受けられなくなりますので、
Retina用の高解像度画像を用意する実装が良いでしょう。
TeamDyquem的にも今後は出来る限りRetina対応で参りたいと思います。

さて、実装におけるRetina対応方法は幾つかあるのですが、まずは最も簡単な例を。

[UIImage ImageNamed:] で読み込む際の定番方法ですが、
画像ファイル名にサフィックス@2xを追記するだけという簡単Cocoa。


例えば
test.png (32x32)
test@2x.png (64x64)
この様に、同内容解像度違い画像を予め準備。


[UIImage imageNamed:@"test.png"];


として読み込めば、デバイスに応じて2倍解像度の画像が読み込まれます。
なんというか、ヌクモリすら感じさせる仕様ですね。
フレームワークというものは、かくもこうあるべきだと常々思います。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2010-12-27_13:25|page top

ニューヨーク好きiPhoneアプリ作者から言わせれば、エメリッヒ監督やりすぎ
2010-12-10 13:32



そのうち、デイ・アフター・トゥモローの様な凍結世界になってしまうのではなかろうかと思わせるほどの、
突然の激しい寒さに襲われ始めた関東平野でありますが、
寝不足が続き忘年会ラッシュによる呑み疲れの中、アプリ制作に心の拠り所を見出すTeamDyquemで御座います。
心の耳当てが壊れました。

デイ・アフター・トゥモローと言えばアレですよ。ローランド・エメリッヒ監督でありますが、
この人、インデペンデンス・デイやゴジラ等も手がけており、各作品においてまあ毎度毎度、
俺の大好きなニューヨークを破壊してくれています。

デイ・アフター・トゥモローでは破壊に留まらず氷結水没させてしまいましたし、それだけでは飽きたらず
2012」ではとうとう地球ごとヤッてしまいましたね。
一体、どんな心の闇を抱えているんだローランド・エメリッヒ監督。

考えてみれば、インデペンデンス・デイでは宇宙母船へコンピューターウィルスを送り込む、
この流れでありますが、自分の様なプログラミングを生業としている人間にとっては非常な違和感を覚えたものです。

宇宙船、インテル入ってるんか!!??


さて、すきま風の吹きすさぶこのご時世では御座いますが、順調にアプリ開発勤しんでおります。
最近では100日以内にiPad2が発売されるかもしれない等、不景気を吹き飛ばす様に元気なこの業界。
世界情勢好転の起爆剤となってくれる事を願いやみません。

あと、ドコモマーケット。



さて。

UITextFieldの入力を自動で開始する



以前に貼ったかもしれませんが、同じ所で一瞬迷ったのでヒトペタ失礼しますね。

フォーカスを自動でテキストフィールドへ送りキーボードを開く。

[ テキストフィールドのインスタンス becomeFirstResponder ];




今月も残すところ少なくなって参りましたが、
お風邪などひかぬ様、皆様お気を付けて。

良い週末を。Have a good weekendで御座います。


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2010-12-10_13:32|page top

iPhoneアプリ作者のSF愛と、AppStoreプロモコード
2010-12-09 13:15



SF」を「少し不思議な」と表現した藤子不二雄先生であります。
「少し不思議な」どころか「凄く不思議な」感じで幼少より魂を揺さぶられ続け、
その玉稿を貪る様に読みしだいてきた脳内SF黎明期を過ごしてまいりました。
当然の帰結として、そりゃあクラークも漁りホーガンにも震えましたとも。

SF短篇「老年期の終わり」とクラーク「幼年期の終り」を交互に読む至福。
旅人還る」では宇宙の始まりビッグバンに対し、宇宙の終焉ビッグクランチとその後を描いており、
これがまたポールアンダースンの超名作「タウ・ゼロ」と唸る程にリンクする。

いやー、SFってホントに素晴らしいですよね。
うん。エントリーが終わってしまう。

妄想の果てに第一チェックポイントが存在している様な人生で御座います。
アプリを提出すると、弛緩モードから中々抜け出せないTeamDyquem
平日呑みで終電を逃すとHPが底をつきかねないお年頃となりました。皆さんこんにちは。

弛緩モードも今週いっぱいにして、また制作頑張って参りたいと思います。
もう幾つか作りかけもあるのですけれどもね。
目標であった年内合計10本リリース、お陰様でなんとかギリギリ間に合いそうもありません。


さて、ところで。


AppStoreのプロモコード



キターー!
これまで、米国以外では機能していなかったAppStoreのプロモコード
ついにワールドワイドで使用可能になった様ですね。
そもそも、何故米国限定だったのかは判りませんが、これで利便性が上がりますね。
しかも、文面を見ると既に開始されている様ですね。。
まだ確認したわけでは無いのですが、であるとするならばそこは流石のApple帝国様。
我々有料契約している開発者には今回も何のアナウンスメントも有りませんw
↑追記:その後、アナウンスありました。
まあ、便利になってくれるわけですし、良しとしましょう。

App Store promo codes now work worldwide


ドコモマーケット(iモード)



関係ないのですけれども、先日6日にこっそりとオープンしたドコモマーケット(iモード)。
世界を網羅する8000万台iOSマーケットと比べても決して見劣りしない、国内5000万台ドコモ市場であります。
想像を絶するポテンシャルを秘めている筈なのですが、ドコモのスルーっぷりには驚かされました。
ツンデレだなんてものじゃあ有りません。ツンでも無ければデレでも無い。
ツレとかそれ以下。他人事を通り越して対岸の家事ですよ火事じゃなくて。
恐らく、普通のユーザーさんは殆ど知らないんじゃないでしょうか。
iMenuにめっちゃコッソリ小さく追加されている程度ですからね。
とは言え、登録アプリの増加と共に盛り上がってくるでしょう。楽しみです。

TeamDyquem的には、原則としてiOSマーケット大ファンベクトルに変わりはありませんが、
なにせ今はまだApple一人勝ち状態ですからね。Androidもますます来るでしょうし、ドコモマーケットやWindows、Google。
今後はこれら新勢力の頑張りに背中を押され、ますます磨きの掛かった市場への発展を願いやみません。


タウ・ゼロ (創元SF文庫)
ポール アンダースン
東京創元社
売り上げランキング: 113390

rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2010-12-09_13:15|page top

シュレーディンガーのドラ焼きと、iOSにおけるスレッド排他処理よもやま話
2010-12-06 13:24



何やら最近、自分の周りではドラ焼きブームが燃焼している様である。
タイ焼きでもタコ焼きでもなく、ドラ焼きが、であるのだ。
ドラ焼きイコールドラえもんに直結する世代には想像し易いかもしれないが、
実際にはドラ焼きをドラえもんの様に山ほど食べると胸焼けがするもので、
お土産に頂いたドラ焼きを食べるならせいぜい日に1つでありましょう。

世の中には趣向を凝らし一風変わったドラ焼きお土産が存在し、
あんこ味クリーム味セットなる、それ片方ドラ焼きか?的な一品を頂いた際、
これが開封された状態で皿に盛りつけられ、しかも一つは食べられていた事がありました。

残るは一つ。しかし中身が判らない!
これはまさにシュレーディンガーのドラ焼き!

パッと見は中身の味が判らない残された一つのドラ焼きでありますが、
離散的にクリームかあんこかという状態に対し、
量子力学的には白黒二つの状態である可能性が中間的に存在しているワケで、
「クリームのドラ焼きなんざ喰いたくはないのだが、喰う」
という波動関数を与えるまでは、ドラ焼きの味は確定しないじゃないか!

もういっそ、二つの状態が重なり合っていて欲しいと願うも、
それじゃ単に白あんドラ焼きじゃないかッと嘆く。
お茶が冷め始めた頃に漸く腰を上げ、クリームを引く可能性の低さを信じながら、待望の一口頬張る。


なんと言うことだ。
クリームが溢れ落ちた。



週明け一発目からかなりの痛さの様な気がしますが、今日も元気に生きてるTeamDyquemで御座います。
皆様こんにちは。

なにせ月曜日というものはアレですよ。土日を挟んで二日ぶりに現実世界へログインしますからね。
足取りがおぼつきません。早く脳内へログアウトしたい所でございます。


先日、新作をAppleへ提出致しましたよ。
年末はAppleホリデーで審査が止まる事に加え審査ラッシュで混んでいるとの噂もありますが、
なんとか年内リリースが叶えばと思います。


さて、本日はスレッド排他処理よもやま話など。


追記
以下は、NSURLConnectionを別スレッドを立てて使用する場合の話です
(それから、メインスレッドからNSURLConnectionを使用した様な表現を削除しました)
ご指摘、有り難うございました。



ネットワークからデータを受信する場合通常は非同期通信を選択する事になり、
以下の様にデータ受信終了デリゲートで待つわけですが、
そのデータに対しこのメソッドの中で何かを行うのは好ましくありません。
特に、UI系を操作してはいけません。


-( void )connectionDidFinishLoading:( NSURLConnection* )connection
{
// データ受信終了
// 但し、ここではデータそのものをどうこうしない。
// [ tableView的な何か reloadData ]; 等、UIへのアクセスも行わない
}


UIを握るのはメインスレッドであり、UITableView::reloadData 等はスレッドセーフではありません。
受信したデータの排他処理を行うのも面倒でしょうし、これら全てメインスレッドにて行う形が適切でしょう。

結局は排他処理実装かよッ、となりそうな何やら面倒くさそうな言い回しですが、
しかしこの辺りは流石の簡単Cocoa。超素敵な機構が御座います。

●受信スレッドが呼んだデリゲートから、メインスレッドの受信処理をリクエスト


// データ受信終了
-( void )connectionDidFinishLoading:( NSURLConnection* )connection
{
// メインスレッドの適切なメソッドコールをリクエスト
[ self performSelectorOnMainThread:@selector( updateMyData )
withObject:nil
waitUntilDone:YES
];
}

// ↑selfの部分は、基底クラスや他のインスタンス等、アプリの仕様に従い適時使い分けて下さい

// 更新処理 こんなメソッド名じゃなくて良いですが
-( void )updateMyData
{

// 受信したデータに対し、お好きな処理を
好きな処理;

// 必要ならUI等を更新
[ tableView的な何か reloadData ];

}



受信の為に起動されたスレッドは受信の仕事に特化させる形が良いでしょう。
受け取ったデータそのものは本来の持ち主が処理するという、役割分担の徹底が大切ですね。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2010-12-06_13:24|page top

ゲームプログラマが警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
2010-12-03 13:37



存在感のまるで存在していなかった今秋を一跨ぎに飛び越したかと思えば、
初冬と呼ぶにはあまりにも横柄な気候の乱れぷりが肌に痛い今年の冬で御座います。
12月を迎えたばかりであるというのにも関わらず、朝から暴風雨、晴れたら気温20度。
もはや地軸が完全にぶっ壊れているとしか思えないこの惑星では御座いますが、
関東の夜空をまさかのオーロラが彩る日々もきっと近いでしょう。
異常気象どころか国家消滅。北斗なその日の為に斧とバギーのご準備を忘れずに。
笑顔で門番係をさせられていそうなTeamDyquemで御座います。皆様こんにちは。

Twitterにても呟きましたが、モンハン3を事前に購入するも旅先にて景品として引き当てる。
完成されたネタ師として評価されたい等という事では決して無く、
俺の人生に一体何が起きているんだ的な、マジで勘弁して下さいネタの神様状態なのであります。
旅先にてはアイディアとしてのアプリネタを仕入れてくるつもりが、ウッカリ素のネタが強制入荷。
自我崩壊級の痛さが今日も目に痛い。
あ、「自我崩壊級」という文節が一発で変換される俺の辞書もどういう事なのでしょうか。



SFネタを今後も全面に押し出していく決意を新たに、一体なんのBlogなのだろうという疑問も有りますが、
そう言えばアレですよ。「どこでもドア」ってアレですよ。

James.P.Hogan 氏の作品等では良く用いられる設定ですが、
物質の瞬間転送という物は原理的に不可能であるという解釈が多く、
個人的には「どこでもドア」もその理論へ属する装置だと考えています。

ワームホール的な亜空間を利用し物質を文字通り瞬時に別の場所へ移すといった設定ではなく、
瞬間的に転送しているのはあくまでも情報であるという解釈が好みです。

この理論からすると、どこでもドアを通過した人物はまずドアにより人体構造の完全なスキャンが施され
その情報がドアの開いた場所へ通信される事になりますね。
この段階にて量子レベルの超極微細なワームホールが展開され、
量子情報としてのスキャン結果情報のみが瞬間転送される事になるでしょう。

次に、転送先へスキャン情報を元にした物質再構成が行われます。
この時点で、出発地点、及び到着地点に、この人物が二人存在しているわけですね。

最後の大切な仕事としてドアが出発地点の人物を量子分解し消滅させます。つまり殺すわけですね。

到着地点に生成された人物は、出発前からの連続した記憶を持っている完全なコピーで、
客観的にも、またその本人にしても、出発前の殺された者と同一人物でありますが、
この課程において確実に一つの死が存在しています。

また、技術の黎明期においては完全な人体スキャン施される確率にバラつきがあり、
微少な情報劣化を伴った劣化コピーが生成される事になるでしょう。
どこでもドア発売当初数十年はきっとドアを使い過ぎて廃人になる人が現れ、
どこでもドアの使い過ぎは、健康を損なう恐れがあります」といった
煙草の注意書きの様な表示義務があるんでしょうね。

ニンともカンとも恐ろしい装置であります。



さて。
本日も昼休みにたっぷり人格崩壊した所でiOSネタを一つ。
最近、フル画面ゲーム系アプリであるのだけれども起動時にステータスバーが消えていないものを見かけました。
まあ別に不都合は無いのですけれども、必要が無ければ消しておいた方が綺麗ですよね。
iPhone のステータスバーを起動時から消すには info.plist が簡単Cocoa。


info.plistへ右クリック -> Add row -> Status bar is initially hidden でチェックボックスをON。



さて、12月も頑張って参りましょう:D



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2010-12-03_13:37|page top

iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
2010-11-07 23:05



本エントリー、公式未発表(?)自分の過去の原稿よりAlways的な試みで御座います。


流星

地球は秒速30km程で公転しているのに対し、
通常、流れ星となる宇宙のチリ等は秒速70km前後で大気圏に突入してきます。
突入の方向も様々でして、正面は勿論、後ろから引き込まれる場合もあります。

これにより横へ流れるものや、それこそ下から流れる物まで色々です。
地球が進む方向から正面に突入した場合、「殆ど動かない流星=遅い流星」等も見る事が出来る様ですよ。

一般に上から降り注ぐ(様に見える)流星を、a falling star.
水平方向に飛ぶ(様に見える)流星を、a shooting star.
と呼び分けられています。



流星。

殆どが直径1mm未満の小さなチリなんですよね。
獅子座流星群も、約300年前の彗星が残していったチリの群れなんです。
そのチリの群れの中に地球が突入しているわけですが、
こうして局所的に全天で見られる流星群は殆どがこのタイプの様ですね。

こんな小さな小さなチリなのに、秒速70kmなんていう速度で大気圏に突入してしまうと、
その摩擦熱で大きく燃え上がり、減速し、綺麗な光跡を残しながら一瞬で蒸発してしまうんですよね。
宇宙速度等、通常とはかけ離れたスケールの大きさを感じてしまいます。

ちなみに直径数十cm程度の大きな岩等が大気に突入すると(その硬度等にも依存しますが)、
光跡が地表まで達する流れ星も見る事が出来る様ですよ。(殆どは大気中で蒸発してしまいます)
これは勿論、流れ星ではなく「隕石」ですが。

私も勿論肉眼で見られた事は有りませんが、どこかで動画を見た記憶が有ります。
夜の天空のある一点からフェードインする様に表れた光跡が、
瞬間的に地表にまで伸びるその画、とてもとても幻想的でした。
(民家に落ちていません様に・・・)




ところで、物凄く余談なのですが。

上記の様な直径数十cm程度の小さな岩石は、恒星、惑星間の広大なエリアにはかなり存在しているらしいのです。
浮遊、、とは違い、勿論何らかの恒星系なり惑星系の引力の支配下にはあるわけですが。
岩石と呼ばれるものから、小惑星と呼ばれる程大きいもの迄様々ある様ですね。

こういった岩石が密集しているエリアで特に大規模な物は、
火星と木星の軌道付近に確認されていてこれを「アステロイド・ベルト」と呼びますが、
問題はこれでは無く本当にポツンと空間に存在している岩石等。

近年土星やその外へ迄も続々と探査機が飛んでいますが、
こういった探査機は惑星の引力を利用したスイングバイという手法で、
秒速10km以上にまで加速されて飛んでいきます。

ここでこういった小岩石が問題になるらしいのです。
衝突したら探査機は一瞬で粉々に砕け散ってしまいます。


とても面白いというか感心したのですが、
NASAは太陽系にある直系十cm程の「岩」の膨大な「所在地データベース」を熱心に作成しているみたいですね。
勿論、このデータベースをも踏まえて惑星間航行経路を丹念に慎重に決定しているんだそうです。

一般には余り知られていないこういった地道な努力ですが、本当に頭が下がります。

これからもワクワクさせてくれる様な成果に期待してしまいますよね。:D
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2010-11-07_23:05|page top

ゲームプログラマが語るSETI理論。異星人さんは何処!?
2010-10-31 01:16



本エントリー、公式未発表(?)自分の過去の原稿よりAlways的な試みで御座います。


地球で展開されている理論に基づくならば、開闢のビッグバンから150億年。
地球が生まれたのはおよそ50億年前。人類は1万年前頃に現れたと仮定、
約100年前に重力の支配を逃れ、月にその足跡を残したのが30年前。
数年前ではありますが、他の惑星の衛星タイタンにメタンの自然現象を目視(と、敢えて言おう)で初めて確認。

等の様に主恒星との条件がとても良い惑星でも、人類と同等か又はそれ以上の文明に迄至るのには相当な年月を要すると予想しています。
又、進化のカーブを考慮すると、こういった文明の寿命も全宇宙一般にはとても短いのではないかと更に予想。

仮に地球の文明があと1万年続くとしましょうか。

地球人類数万年の歴史。哺乳類としての進化~石器時代~農耕の始まり~職業分化~宗教信仰~文明開花~
大航海時代~科学の幕開け~発明の嵐~音速からの脱出~重力支配からの脱出~第3宇宙速度克服、
外惑星へ~外恒星系へ~more more more

これだけ熟成しても数万年。
そう。全宇宙の150億年の歴史においては、ほんの「まばたき」なんですよね。
ほんの数万年」。

その上で。

1000億個の恒星惑星からなる銀河が1000億個集まった銀河団がこれまた・・・・・・と膨大なこの宇宙には無数の文明が存在している、
もしくは「存在していた」と考えるに難しくありませんし、私はそう確信しています。

しかし悲しきかな。
現在の地球においての最高の物理論を基に考えるならば、
これらの文明同士が「物理的に」接触可能な範囲内に、
今現在」偶然存在している確率はとても低いのでは考えています。(悲しいんです)


そう。極近い場所で偶然に、「まばたき」が同時に起こる可能性の悲しさなんです。


地球から数百光年程度の範囲に、想像もつかない(もしくは我々の様な)文明が、
もしかしたら「在った」のかもしれませんね。この100億年位の間には。

彼らもきっと私達と同じ様に、遠く広がる星空に想いを馳せていたんでしょうね。
亜高速航行を現実のものとしながらも、あまりにも広大な距離の壁の前になす術も無く、
数万年程で滅び去っていってしまったか、、もしくはついに超高度知性態としての存在に昇華し、
距離の壁を破って宇宙の真理を見出しながら今も存在し続けているのか。


せめて後、1000年後に生まれたかった。。。
そうしたらきっと皆でモノリス探しに行けたよね。。


すみません、軽く妄想のエリアに足突っ込んでます^^;
いや、夢は膨らみますよね^^ こんな話大好きです。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2010-10-31_01:16|page top

iPhoneアプリ作者が手を休めてSF映画を観た。ワイン返せ
2010-10-28 13:36



もはやこれは異常気象であると断言出来てしまいそうな天候の崩れっぷり。
関東平野に設置されている地球ドライバーはモジュール単位で破損している様で、
風が吹きすさび、又雨もふりしきり、おまけに寒い。

雨の日には靴も濡れるし少しだけ遠回りだけれども良い道を選んで駅へ向かったら、
思いの外時間がかかり、おまけに改札が工事中。
いつもの電車に乗り遅れて爆発しそうなTeamDyquemで御座います。皆様こんにちは。


最近は変な天気が多いですねー。
湿度が高いと何一つやる気の起きないこの性分、昔から派手に困っているのでありますが、
そんな時には気分転換という名の現実逃避に限ります。

現実逃避と言いましても、現実へはたまに遊びに来ているだけですけれどね。
基本的には脳内の奥深い瞑想世界にて、中の人として膝を抱える毎日であります。

ともあれ昨夜。
久しぶりに創作活動をお休みし、ワインフェアで少しだけ安くなっていた
オーストラリア赤ワインのパイクス シラーズ・グルナッシュ・ムーヴェドル2004と
パルミジャーノレジャーノを購入。
映画宅配レンタルサービス、ツタヤDiscusにて事前に借りておいたブルーレイの一つ
第9地区/District 9」を楽しみに帰宅です。

映画は大好きですし、ジャンルと致しましても基本的に雑食ではありますが、特にSFモノには目がありません。
外国人作家のハード系SFはもう既に読む物が枯渇するほどの勢いで好きでありますが、
SF映画の場合は対象が広いですからね。
多少間口を広げた形でもポップでも構わないのですが、ある程度の説得力を維持した作品が好みなのです。

コンタクト惑星ソラリス、故アーサー・C・クラーク2001年シリーズもいいですねー。
マイナーですがサンシャイン 2057辺りも、やや劣りますが「判ってる」系で好きです。


仄かな期待を込めた今回の「第9地区」。
事前知識はCM程度でありましたが、テーマも斬新で面白そうですしね。

冒頭から、好きな映画「クローバーフィールド」の観せ方に似ているなと思いましたが、
インディペンデンスデイとしか思えないあの宇宙船で不安は最高潮に。

それでも舌を鼓むワインとチーズに癒されながら鑑賞し終えたのですが。



ワイン返せ。



いやー、久しぶりにまったく好みではない映画でした・・・。
「まったく好みではない」この程度にまでどうにか言葉を取り繕う事が精一杯であります。

iPhoneへ入れて通勤中にチラ見で鑑賞していても、怒りが有頂天に達するレベルです。
悔しさのあまりに、昼も眠れないレベルなのです。


さてところで。
現在、アプリ6本が提出中という奇特な事態であるのですが、本日3本目がIn Review に入りました。
泡リス」「泡リス女子部」「サバ読みさん」のバージョンアップです。
泡リス系には要望の多く頂いていたレベルセレクト機能を搭載致しました。


ツタヤで借りたもう1本に期待しながら、筆と、カップラーメンの箸を置きたいと思います。
ご静聴、ごめんなさい。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2010-10-28_13:36|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。