Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
719位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
117位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマが語る。「世界樹と不思議のダンジョン」特化?New3DS本体魔改造
2015-03-08 02:44



 やってます。「世界樹と不思議のダンジョン」
ローグ大好物の自分には楽しみで仕方がありませんでしたYO。

 まだまだ始めたばかりですが、どストライク。楽しんでおります。


 で、まあ。
ゲーム本編につきましては種々様々なサイト様に譲るとしますが、
このゲーム、全滅等の冒険失敗時にはアイテムロストするという厳しい仕様。

 それ自体は良いし、楽しいんですが、
不利な展開時に電源を切るなどのリセット技を防止する為に、
ダンジョン進入時・脱出時に自動セーブされ、不正を防止しております。
うん、まあ、そういう実装になるでしょうとも。



 このゲーム、今のところ最高に楽しいでのですが、
New3DSLLの、ドえげつない本体仕様のせいで、思いっきり興がそがれているのですYO

喰らいました。


本体下部の電源ボタンに指が当たって
強制リセット。

冒険失敗。アイテムロスト。



他のゲームの最中にも何度かありましたよ、この強制リセット。
このNew3DSLLの、この本体設計……いったいどーなってんだよ!!





 思いっきり指の当たり易い位置にあるこの電源ボタン。
誤って触れたが最後。画面が暗転し、
「電源を切る」「HOMEへ戻る」という無情な2択。

100歩譲って、電源ボタンの位置は良いとしても、
せめて、ソフトに戻れる様にしろYO!!!!

(そもそも、HOMEボタン一つあれば事足りるのではないのか???)






rule


と、いうわけで、忍耐もここまで。
堪忍袋の緒を引きちぎりました。


電源ボタン、魔改造。










電源ボタンを使いたい時なんて殆どないので、
スタイラスペンでつつかない限り、触れられない様にしました。
快適。

rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|ゲームネタ|2015-03-08_02:44|page top

ゲームプログラマが語る。僕は、任天堂系ゲームが苦手だ
2014-01-15 22:40



 この世界に、「TVゲーム」というコンテンツを確かな産業として昇華させる事となった立役者。それはもう、誰しもが疑いようもない任天堂。
 その歴史を丁寧に紐解いていけばそこには、多彩な玩具開発の時代よりあくまでもユーザビリティに拘り抜くという企業スタンス、コンテンツカラーへの拘りを深く感じ取る事が出来る。黎明期の昔から現代に至るまで一貫した、そして時に過剰なまでの、ユーザー至上主義を主体としたゲーム造りには、頭が下がるばかりです。


「完成された遊びの配置」
 そうした表現が適切かどうかは判りませんが、彼等の生み出すゲーム達には一貫して、高度に計算されているのであろう「遊びのレール」が、網の目の様に張り巡らされている。
 谷底ギリギリよりBダッシュで繰り出したロングジャンプの先には、羽の生えたカメがフワフワと緩く進路を妨害してはいるものの、それを踏みつける事に成功した暁にはアドレナリン噴出モノの連続ボーナスが待っており、踏みつけに失敗したとしても、その落下先には適切な救済策が張り巡らされている。ロングジャンプをしないというルートを選択してさえも、それどころか、ありとあらゆるルートその全てへ、一切手の抜かれていない徹底的に計算された遊びが敷き詰められている。

 ここではこれを、「完成された遊びの配置」と表現してみる事にします。


 一方、海外ゲームに多くみられる所謂「箱庭型ゲーム」を例にとってみましょう。「グランド・セフト・オート」シリーズや、「SKYRIM」等が良い例となりましょうか。
 そこには、徹底的なクォリティで用意された箱庭舞台が待ち構えており、降り立ったプレイヤーへ用意された道筋は無限大。その進行の大半をプレイヤーが自由に選択し、能動的な行動に紐付いた可能性が常に用意され、ゲームシステム側の干渉が最小限に留められている、そんなゲーム達。

 ここではこれを、「完成された自由の配置」と表現してみる事にします。


 僕は、このどちらのタイプのゲームも大好きではあるのですが、一方では、それほど得意ではありません。

 前者。言ってみれば、なにやら「遊ばされている」感が強く、何を行うにしても開発者の思い通りなのだろうなという、ある種の興ざめ感が。

 後者。何を行っても、究極的にはその世界における一つの出来事に留まっており、殆どのケースにおいて意味のある親展や進行の発生しない、せいぜいトロフィー集めに過ぎないかの様なある種の虚無感が。

 どちらのタイプのゲームもそれぞれ、僕に何か、言いしれない違和感を抱かせるのです。

 こうした気持ちは全て、「わがまま」にカテゴライズされる欲求なのかと思います。
 僕は、ゲームを開発し提供する側の人間ではありますが、同時に一ユーザーでもあるわけで、この二面性を大切に扱っているつもりです。ユーザーとして感じる事はユーザーのまま捉える事で、自分に還元出来ればと考えています。面白ければ面白いと叫び、違和感を感じれば騒ぎ立てる。

 そうして、ある種自分本位に自分の感覚と向き合ってみると僕の中には、上記二タイプのゲームどちらに対しても、なにかこう、釈然としない違和感が確かに居座っていて、それは「わがまま」なのでしょうけれども、何とも言えない消化不良感に苛まれておりました。

 今日、その一つの答え、とまではいきませんが、少なくともその片鱗を見た様な気がします。

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」


 なんだこれ、メッチャメチャ面白い。
敷かれたレール? レール万歳w

「理論こねくり回して能書き並べる前にやってみろ系」代表格ですねこれは。
 まだ中盤辺りだとは思うのですが、不満らしい不満点がまあ出てこない。
 恐らく、これまでの任天堂コンテンツ同様、沸き上がる潤沢な資金の元、想像を絶する様な調整時間を掛けているのだとは思いますが、ここまで徹底してお膳立てされるともはや、両手を広げて楽しむ以外に手はありません。

 なんというか、安心感がありますね。

 ここをこうして、こうなってこうなっちゃったらイヤだな、とかそうした不安が一切ありません。
 モンスターをハントする系のゲームで初期のナンバリングでは、楽しみながらハラハラドキドキ狩りをしているつもりでも、開発チームの求めたプレイ効率を発揮出来ていなければ問答無用でタイムアップとなり、結果「想い出しか残らない」……そんな不安がこのゲームには(あまり)在りません。

 これまでの任天堂系ゲームにはどうも、用意された手順通りに遊ばされる、そんなレール感が拭い去れなかった事実が確かにありますが、今作はまたその領域を一つ超えてきている印象ですね。

 失敗も成功もコンテンツの一部。その体験そのものがゲームの一部へ組み込まれ、それらは最後まで正しく機能しているかのような。
 一人のゲーム開発者としてまた一つ、お手本とするべき素晴らしいゲームに出会えました。

「クリアしちゃうのが勿体ないのでゆっくり遊ぼう」を久しぶりに体験しましたよ。

僕はどうやら、任天堂系ゲームが……好きになってきた。

ほんと、ゆっくり遊ぼう。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:ゲーム
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|ゲームネタ|2014-01-15_22:40|page top

ゲームプログラマが語る。スリムPCでFF14を快適に遊ぶには?
2013-10-06 23:55

 PS4にXBOX ONE。新VITAにモンハン、FF。溢れる新ゲームネタに嬉しい悲鳴の今日この頃ですが、色々と手を出しすぎてコンテンツまみれのTeamDyquemで御座います。みなさま、こんばんは。

 最近はアレですよ。
 悪意の固まりかの様な夏の日差しが漸く落ち着いたと思うや否や、照り返していた日差しは雨と風に変わり、ほんとどうしちゃったんですか関東平野的な毎日でありますが、次は台風が進路を変えたらしいdせう。
 毎度天気をディスってばかりなので、明るい話題でも。


 さて。

rule
FF14

 相当にセンセーショナルなサービスインを飾った、ファイナルファンタジー14
 混雑によるログイン不能問題や数々のトラブルに見舞われはしながらも、国産MMOとしましては空前のヒットと言って過言ではなく、それもこれもスタッフらによる渾身満身の努力が生み出した、高度に昇華されたクォリティーの賜と言って良いでしょう。

 丁寧に作り込まれ、非常に完成度の高い一作でありますし、今度、末永くサービスされていく事でしょう。しかしそれ故に、PC版が要求するスペックは決して低くはありません。

 昨今、安価なスリムPCを購入すれば、ウェブやメール、その他、基本的なPC運用にはなんら問題在りません。時代の進化がもたらした利便性は凄まじく、それこそ3万円、4万円クラスであっても、十分に快適なPCライフを送れる事でしょう。

 しかし、そうしたPCで「ファイナルファンタジー14」は遊べるのでしょうか?


rule

 結論から言えば、5万円前後の価格帯にラインナップされている、大抵のスリムPCにおきまして、「ファイナルファンタジー14」を遊ぶ事は……

出来なかないけど、結構キツイ

と言えるでしょう。

 ファイナルファンタジー14用ベンチマークソフトでスコアを計り、
その数値が多少振るわなかったとしても、
あなたのPCじゃ無理アルヨ」とは言いません。

「設定変更を推奨」とかお茶を濁されはしますが、これは結局、「まあ普通には遊べませんよガクガクして」と言われている事に同義です。

最悪「動作困難」の烙印を押されますが、これらは、ある程度の投資を持ってすれば改善可能です。


rule
グラフィックボードを入れ替えよう

 ゲーム系コンテンツのパフォーマンスを、一発で改善する為に最も合理的な投資としては、これ以外に考えられません。

 但し、フルサイズのPCに比較して、スリム型は名前のとおり非常にスリムな筐体ですから、良いグラフィックボードなら何でもOKというわけではありません。


rule
購入品、その1

 そのケースに収納する為に、「ロープロファイル」という形式のグラフィックボードが必要です。名前の通りコンパクトな形状で、スリム筐体にて問題無く使用可能です。
 しかし、その反面、フルサイズ式と比較すると、性能面は抑えられたものが殆どであり、現状、ファイナルファンタジー14がある程度快適に動作するロープロファイルグラフィックボードの選択肢は、限られていると言って良いでしょう。

 勿論、値段に糸目を付けないとあれば話は別ですが、何万円もするボードをホイホイと購入する人はそんなに居ないでしょう。

 個人的に色々と調べまくってみましたが、現状、価格と性能のバランスが最も良いと感じた一枚は、以下ですね。勿論実際に購入し、快適に動作しています。





rule
購入品、その2

 ハードルはもう一点。
 ファイナルファンタジー14がある程度快適に動作するグラフィックボードともなると、スリムPCに搭載されている電源では、容量が足りなくなるケースが殆どです。

 例えはアレかもしれませんが、ワンルームのアパートで電子レンジとドライヤーとコタツを同時に使って、ブレーカーが落ちる様なものですね。
 大抵のスリムPCには50W程度の電源が搭載されている事でしょう。通常の使用であればそれでなんら問題ありませんからね。

 しかし、グラフィックボードを換える際には200W~300W程度は確保する必要が出てきます。まあ、そんなに高いものでもありませんし、ワット数を上げたからといって、普段の消費電力まで上がり電気代に跳ね返るという事もありません。

 電源のワット数というものは、あくまでも上限を引き上げているだけですからね。電源を高容量のものに換装したとしても、ゲームをしていない時の消費電力や電気代に差が出るわけではありません。

 これもまたスリムPC用の電源でなければなりませんが、個人的にバランスの良い一品を上げてみました。(これも実際に購入した品です)


AOPEN 300W スリム型PCケース専用電源 FSP300-60SNT
AOpen (2012-03-30)
売り上げランキング: 3,374



rule
換装してみる


グラボはコレ。


なにはともあれ、PCを開きましょう。


上から見るとこんな感じ。今回はメモリも増設します。


元々搭載されている電源を外します。
いかんせんスリムなケースですからね、色々と取り外さなければならないでしょうが、そんなに難しくありません。
僕のPCではDVDドライブが作業を妨げておりましたので、外しました。ネジ数本緩めてずらすだけです。
ケーブル類を抜く際には、同じ所へ差し戻さなければなりませんが、自身が無い場合は、抜いたケーブルの先端にポストイットを貼っておきましょう。
「DVDドライブ」「マザーボード右下の端子」等としておくと安心です。


ここまでする必要はありませんが、今回は、ついでにCPUクーラーを外して積もっていた埃を掃除しました。
これをやるとですね、CPUの冷却効率が上がりますので、筐体のファン騒音なんかも軽減されますよ。


rule



 さてさて、話の続きはエオルゼアで。:D



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:ゲーム
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|ゲームネタ|2013-10-06_23:55|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。