Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
22位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

退職して旅行してきた。来月から更なるステップアップへ
2016-05-28 21:04

私事でありますが、今月末をもちまして、トライエースを退職させて頂く事となりました。
プログラマ部署長を仰せつかり、関係各位皆様のご尽力の元、
組織全体の合理化、技術力向上に努めてまいりました。
大変、お世話になりました。
本当に有り難う御座いました。

更なるステップアップを志すというスキルパスを掲げ、無理を御願いし、
社長含め関係各位の大変なご厚意の元、承諾を頂いた次第です。
6月より心機一転。更なる飛躍へ向け、頑張って参ります。


rule

さて、有給消化等させて頂きながら、約3週間羽をのばしておりました。
休みすぎて、すっかり堕落しています。。
そんな中、新活動を前に、函館旅行を満喫して参りました!

港町大好きな僕にとって、昔から憧れの土地でありましたが
源泉100%掛け流しプライベートビーチの露天風呂に入り浸り、
馬に乗ったり、函館山に登ったり、超新鮮な海鮮物に囲まれながら、英気を養いました。
イカが名産がですが、僕はウニにやられました。










rule

送別会にて、部下の天才美人プログラマと。

送別会

さて、来月からの新天地での活動が、楽しみで仕方がありません!
今後ともご支援、ご鞭撻の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2016-05-28_21:04|page top

ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?
2016-03-19 18:29



ゲームプログラマ、イズミサワです。
みなさまこんにちは。


人工知能(AI)による囲碁ソフト「AlphaGo」と、世界トップ級プロ棋士との対戦の結果、AIが勝ち越すというセンセーショナルなニュースが飛び込んできた。

囲碁や将棋といった、ランダム要素の無い純然たる思考ゲームにおいては、理論的にはどんなゲームでも、コンピューターによる完全解析が可能とされている。
例としてオセロにおいては、盤面6x6まではそれが成されており、最適手を打ち続ければ後手が必勝する事が数学的に証明されている。
これはつまり、オセロ6x6を先手人間・後手AIで対局を何万回行っても、先手は絶対に勝てない事が証明されているという事だ。

囲碁や将棋といった盤面やルールの複雑なゲームにおいては、今現在勿論完全解析は成されていないが、これは単純に計算能力の問題だ。そう遠くはない将来、コンピューターの性能向上に伴い、いずれはこれも達成されるだろう。
コンピューターと人間が戦う事は既に、知的スポーツという観点だけで言えば、意味を成さない時代へ突入している。


rule
AIの進歩

しかしながら、これらのニュースから学ぶべきは、そう単純な事ではない。

対局の最中、AIは、解説者にも説明を付けられない手を打つことが幾度となく在った。それら打ち筋の意味はどれも、数十手先になって判明する。
「AIのこの手には一体どんな意味があるんだ?」
「人間には誰も理解できない。むしろ、バグなんじゃないのか?」
「数十手後 → この為の布石だったのか!」


こうした局面を幾つも経て、結果的には世界トップクラスの棋士を打ち負かす。
この事から明確に読み取れるが、現時点のテクノロジーにおいて既に、AIには、人間には見えないものが見えているという事だ。

まるで、SFの中の出来事だろうと揶揄されていた「テクノロジカル・シンギュラリティ」。所謂「技術的特異点」。
つまり、人工知能"等"の能力が人類を超えるというラインを指す言葉だが、それはもう目前に迫っているのだ。


rule
そもそもAIって?

こうしたAI技術を構成するテクノロジーは、一般的に、ディープラーニング等と称される。ビッグデータニューラルネットワークを組み合わせたこの技術、詳細は種々丁寧に解説されたサイトへ譲るが、古くより脳や視覚野に関する研究より生まれた、コンピューターによる深層学習テクノロジーの総称だ。

具体的には、どんな事だろう?

例えば、手書きで書いた数字を認識する、という場面を例に挙げてみよう。
落書きのように書いた数字の「9」をカメラで撮影し、それが「9」であるとコンピューターが認識するにはどうすれば良いだろう。
「上の方にあるあの丸みは2かもしれないし3か8か9か0かも」
「下の方にある、右から左へにゅるんとしたあのカーブを合わせると3か9か?」

と、こんな事をやっているわけでは勿論無い。
数字の9ならばこれで上手くいくかもしれなが、じゃあ、「猫とトラを区別しよう」等とした場合は、こんな手法ではお手上げだ。

ディープラーニングの行っている事は、実装としては意外とシンプルだ。
誤解を承知でものすごくシンプルに表現するならば、「0」から「9」までの、手書きなどで描かれた無数の画像を事前に全部解析しておく。
その数、数億枚とかそういうオーダーだ。

数億枚等という大量の「0」~「9」という画像から、その特徴を数学的に蓄積していく行為をディープラーニングと呼び、今、目の前にある画像が数字の何なのか比較する為に利用される。
サンプルが多ければ多いほど、正解率が上がっていくという仕組みだ。

因みに、こうした大量のデータを扱う為には、インターネットという媒体は大変親和性が高い。沢山の画像はネットの海で文字通り無数に手に入る。だからこそ、インターネット界の覇者Googleは、こうしたAI技術にも強いと言えよう。

尚、iPhone等に搭載されている「Siri」もまさにこうした技術の上へ形成されている。


rule
車の自動運転へ

こうしたディープラーニングは更に、自動車の自動運転技術にも利用されている。

一般の方には馴染みが薄いかもしれないが、我々技術者にとってみれば、自動運転が未だ完全実用化されていない事の方が不思議に感じられるレベルで、これらの技術は既に充分に昇華されている。


車に搭載された沢山のカメラによるリアルタイム光学画像解析
車体から得られる速度・姿勢情報
GPS情報
道路情報
各信号機が発信する周辺情報
近くの車体同士がアドホック通信の様に情報をやりとりを行い合い相互の情報を補填
4G回線やインターネットを経由しビッグデータセンターへ接続し包括データの取得

等々、挙げていけばキリが無いが、様々なデータはどれも既に実用段階であり、課題は法的整備等を含めた運用上の問題だけだ。

海外では既に実用段階へ到達している車の自動運転機能だが、これは今後数年で、めざましい発展を遂げていくことはまさに火を見るよりも明らかな、約束された事実なのだ。


rule
10年後、何が起こる?

その時、我々の生活には一体どんなイノベーションが起こるのだろう。

まず、おそらくは10年とかそういうオーダーで、街中には自動運転車が溢れている事だろう。
走行中の車、その運転席の人物がぐっすりと眠っていたり、映画を見ながら食事をしているなんていう光景は当たり前になっている筈だ。
繰り返すが、それは、10年後だとかそういうレベルであると僕は確信している。
10年前に、携帯電話やインターネットがこんな形で生活へ浸透するとは、あまり思われていなかっただろう。それと、同じだ。

しかし、自動運転には「ラスト・ワンマイル問題」が残っている。
ある程度の広さを持った道路や、高速道路ならば、近い将来全て自動運転可能となるであろうが、例えば、現在でもグーグルストリートビューが入り込めていない様な小さな道や、田んぼのあぜ道、山の中の獣道の様なところまで網羅していく事は、相当に技術的難易度が高い。
ある程度までは自動運転出来るが、「その超狭い道を曲がって、ちょっと行ったトコが我が家。あとめっちゃ狭いけど車庫入れもしてほしい」という「最後の100メートル」つまり「ラスト・1マイル」に関しては、流石に10年やそこらでは解決する事が難し課題だ。


rule
タクシー

この事から、自動運転におけるイノベーションは、タクシーから始まるのではないかと、僕個人は確信している。

2026年の今頃、きっと「日本」の街中においても、まるで自宅の中を自動で掃除している「ルンバ」の様に、沢山の「無人の自動運転タクシー」が徘徊している事だろう

手を挙げれば、タクシーのAIはそれを画像認識し、目の前に停車してくれるだろう。
乗り込んで目的地を告げれば、背面モニターへ確認ダイアログが表示されるだろう。
スマホやクレジットカードをかざすことで支払いに紐付き、車は自動運転で目的地を目指すだろう。


完全電気自動車であるこのタクシーは、電力が減ってくれば、各所に設置されたチャージセンターへ自走し、自動でコネクタへ接続し、自動充電するだろう。
人件費が全くかからず、しかも24時間365日延々と無休で働くこのタクシーは(厳密には定期メンテナンスがあるだろうが)、タクシー業界という産業そのものをイノベーションするであろう。

更に、かなり短い期間でこの業界はレッドオーシャン化し、各タクシー会社による企業競争が激化していく事だろう。
乗り心地や社内サービスが向上し、安全度は更に増し、料金は目を見張る様な速度でディスカウントされていくだろう。

そして、現在のスマートフォンゲームやその他のサービスが辿ってきた様に、ディスカウントされ続ける料金はやがて臨界点を迎え、とうとうフリーミアムモデル時代がタクシーにもやってくる。

これが、「タクシーの基本無料化」だ。
乗客は、乗り込んだタクシー内で数々の広告を見る事になるだろう。
気に入った商品があれば、タッチする事でその場で購入可能だ。

疲れている客は、有料の「広告カット+リラクゼーションBGM再生オプション」を購入するかもしれない。100円程度が相場だろうか?

長距離移動の客は、有料の「映画鑑賞オプション」を購入するかもしれない。500円で一本見る事が出来、映画の途中で目的地へ到着した場合は、その事がスマホからセンターへ記録され、次回搭乗時や、自宅から、無料で続きを鑑賞出来るかもしれない。


rule

そんな馬鹿な未来がやってくるもんか?

20年前貴方は、殆ど全てのゲームが無料化され、ICカード一枚でどんなバスにも電車にも乗れ、掃除機が自分で掃除する事を想像出来ただろうか?

イノベーションが開花する直前の姿とはいつの時代も、突拍子もない、馬鹿げた発想に見えるものだ。


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2016-03-19_18:29|page top

とりあえず「ゲーム部」寄稿
2016-03-03 13:35

こちらへ寄稿させて頂いております。
よろしければ是非!


次に遊びたいスマホのゲームを“たっぷり”探せる [TAPPLI]


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2016-03-03_13:35|page top

ゲームプログラマが語る。PlayStationNowのとんでもない攻撃力
2014-01-10 14:07



 2014年ですね。あけましておめでとう御座います。
年明けからまあ色々と慌ただしい感が続いてはおりますが、まだ1月10日なんですね。

 猛暑だ酷暑だと項垂れていた事もつい先日の様に感じられますが、今度は大寒波。
この惑星もそろそろ、本格的に潮時ですね。

 そんなこんなで、TeamDyquemで御座います。みなさまこんにちは。


rule
PlayStationNow発表!

2014年1月7日ラスベガスにて開幕されたCESにおきまして、平井一夫CEO基調講演の中、
クラウドゲーミングサービス“PlayStation Now”が発表されました!

 来ましたねー。ついにきました、この発表。ソニー陣営のこの発表は、まさに王手。
 対抗勢力であるXBOX勢や任天堂系コンソール、果てはスマホやiPhoneマーケット等に対しても、強力な一手となる事でしょう。
これからのゲームスタイルは、大きな変貌期へと突入するのですよ。

近年、ソニー陣営のマーケティング部隊、いや、ひいてはその開発体制からなる布陣は本当に秀逸です。
ガチで数年先を見据えていますからね。
現在ある対抗機種の状況等に振り回される事なく、これからのゲーミング事情とマーケットへ腰を据えて対峙しているのでしょう。


●以下、PS3ゲームに加え、PS4ゲーム等が追加される事を仮定した記事として展開致します


rule
どんな技術?

 ソニーサーバーセンター内にPS3やPS4がたっくさん積まれているような情景を想像して下さい。
手持ちのVITAやスマホから、インターネット経由でこのセンターへアクセスし、センター内のPS3やPS4と接続されます。
するとですね、センター内でPS4等が動き出し、PS4等のゲームが起動され、その画像が手元のVITAやスマホへ動画配信されるんです。
手元のVITA等で操作すると、センター内のPS4等が同様に操作されますので、
事実上、手元のVITA等でPS4等のゲームがプレイ出来る、と、そうした仕組みなのですよ。

 もの凄く簡単に言えば、「プレイ出来るYouTube」ですね。
PS3、PS4レベルの高精細なゲームプレイ「動画」……なのですが、
コントローラーで、動画を「実際にプレイ」出来るのです。

そんな事できるの? 画質が荒かったりしない?
 そうした懸念もあるかと思いますが、
 ソニーは長年の研究(そして、とある企業買収)を経て、そうした懸念を全て技術的に解決し、商業レベルに昇華させ、
VITA-TV等の仕込み陣営配属を十分に根回しした上で、この発表へ到達したのです。

 一般的に安易に懸念される事への技術的根回しは存分に行われた後の、「普及期」というフェイズに突入したと言えるでしょう。


rule
VITA-TVが秘めていたポテンシャルが、解放される

 VITAから液晶画面とボタン類を排除し、テレビに接続し、PS3等のコントローラーでVITA用ソフトを遊ぶ事の出来る、
「VITA-TV」が、先日発売されました。

 この機種を見て、皆さん何を思いましたか?
正直、なんとも微妙な商品だなーと感じたのではないでしょうか?
1万円を切る安価だとはいえ、テレビに繋がらなければ遊べないわけですからね。
ならば1万8千円まで捻出し、新品の新型VITAを買おう、そう思われた方も少なくはないでしょう。

 しかしですね、VITA-TVの本領はここからです。
PlayStationNowを組み合わせて初めて、VITA-TVの潜在的なポテンシャルは一気に解放されるでしょう。

 VITA-TVがあれば、PS3、PS4ゲームが遊べるんですからね。
寧ろ、PS3やPS4こそ存在意義が問われかねません。

VITA-TVとはまさに、この為の布石だったと言えるでしょう


rule
対抗機種のこれから

 WiiUや3DSあたりも、その思想へ追従する可能性はあるでしょう。
元来、WiiUのスクリーン分離思想は、そうした基礎技術を母体としてはおりますので、
ストリーミング技術に目処がたつならば、可能性はありそうですね。
まあ単に、ファミリー向けゲームコンソールとしてその棲み分けが進む事になりそうではありますが。

 スマホで展開される簡易ゲーム達等とも、存在意義を大きく分かつことになるでしょう。
デバイスとしての協力体制は維持しますが、あくまでもPlayStationNowとして構成されるツリー内の、
単に一デバイスとして存在させる事が合理的になるであろう点も、想像に易しい所です。

 PlayStationNow端末として見た場合、ストリーミングだけ行う事が出来れば良いのですから、
スマホのグラフィック機能を躍起になって向上させる行為は必然、意味を失っていくかもしれません。

 これはつまり、基盤となるゲームプラットフォームを持たないiPhoneやAndroid 陣営には、
ひっくり返っても真似する事の出来ない基底マーケットの敷設が始まった事を意味します。
「PlayStationNowプレイヤーアプリの審査は通さない」その位の抵抗は出来るかもしれませんが。
(Appleなら、やりかねませんが)

 更に言えば、PlayStationNowサーバーから見た場合、配信先がVITAだろうとスマホだろうと大した差はありません。
極端な話、3DSやWiiUへ、PS3やPS4のゲームを配信したって良いのです。

3DSで、PS4のゲームをプレイする。

 こんな事だってもはや、――技術的には――何の問題も無く実現出来るのです。


rule
開発メーカーにとっては、ノーリスク+追加リターン

 この技術がもたらす大きなメリットの一つとしまして、我々ゲーム開発メーカー側にとって、
計上すべきリスクが殆ど存在していない点を挙げる事が出来るでしょう。

 特に何か面倒な対応が必要だという事は無く、ソニー側にて――言ってみれば勝手に――対応してくれている様な形です。
PS3やPS4向けに制作されたコンテンツであろうとも、
ユーザーが望むならばその都度、即座にVITA等へ配信され、
その運用利益はソニーへ、そのロイヤリティーは開発メーカーの追加収益に回り、
それによって生まれた余力によりまた良質なコンテンツが生まれるという、この構図。
 ユーザー、開発メーカー、そしてソニー三者において、まさにWin-Win-Win の関係です。
全員が勝者であり、デメリット等どこにも存在していません。



 これはなんとも、楽しみな時代がやってきましたね!



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:ゲーム
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2014-01-10_14:07|page top

ゲームプログラマが語る。キプロス財政問題とソーシャルゲーム業界
2013-03-29 00:12



 舞い散る花粉に苛まれ、今日も今日とて目尻が垂れ下がり気味。
 マスクもゴーグルも要りません。コピーロボットに出勤させたいTeamDyquemで御座います。
 みなさま、こんにちは。


最近はアレですよ。
3DS版で神リメイクとの名高いドラクエ7を遊んでいます。
歴代ドラクエの中では、一番遊んだPS版でありますが、3DS版、これ、すっごいデスネ……。

 バ グ だ ら け

未完成箇所だらけ。
 リメイクとはいえ、ナンバリングタイトルでよくぞこれ。
もうですね……作品愛を通り超してしまいそうな勢いですがT_T

でも。ゲームバランス自体は、流石のドラクエクォリティー。
とてもとても楽しいので、頑張って遊んでます。


 さて、さて。
 他媒体にて展開していた"きねづか"に習い、たまには本ブログにても金融ネタを絡めた展開を模索してみたい。
 ゲーム業界と金融、一見すればそこには、個人ブログがネタとして取り上げる事の出来る材料などが散見されるとも思いがたい所でありますが、そこはそれ。
 呑んだくれ+ちょっと経済も囓ったゲームプログラマとして、知見を提供出来ればと思います。


rule
キプロス財政問題

 さて、ここ数日。
 特に先週から土日を挟んでの国際マーケットは、大変な混乱に襲われたわけでありますね。正確に言えば、予定調和とも言うべき事象が露呈したに過ぎませんが、ともあれ、世界の投資家達は眠れぬ夜を過ごした事でしょう。

 いわずもがな。
 地中海にてひっそりと営まれている、小さな小さな国「キプロス」。
 この国で起きた預貯金の封鎖。国家が下した銀行凍結ジャッジによる混乱でありますね。


rule
きぷろす?ユーロ?

 まるで、絶壁の最難関ダンジョンを抜けると一面に現れる雪景色の中に、棍棒を持って現れる巨人の様な名前でありますが、この国そのものはそんなに大層な国家ではありません。サイクロプスも住んでいません

 この国における財政問題とユーロは切っても切れないわけでありますが、ユーロとはいわずもがな。
 欧州連合17カ国にて採用されている準備通貨でありますが、その無秩序な有り様がゆえに今では、ドルに次ぐ第二基軸通貨としての期待に応えられるわけもなく、存続が危ぶまれている最中であります。

 GDPが2兆円にも満たないこの小さな小さな国において、何故、こんな事が起こったのでしょう。

 この国では観光産業がとても発展しており、国を支える大きな財源でありましたが、それでもキプロスにとっては主力産業ではありません。
 主力は、金融。
 この国は、世界中から、勝手気まま気の向くまま、都合の良いように利用されまくった金融立国なのです。
 そう。この国はいわゆる、タックス・ヘイブン。税金が安いのです。
 世界中にだぶついている富裕層から(主にロシアから)資金を集めていたキプロス銀行群でありますが、この国に集まった世界の資金は、なんとキプロスGDPの4倍とも8倍とも言われています。
 自国GDPの数倍というお金が、世界中から勝手気ままに投入されているのです。
 4人家族の平均的な日本人家族の預金に、投資信託として何億円も勝手に振り込まれている様なものなのですね。(勿論、勝手に使えるお金ではありません)

 これに加え、キプロスもまたユーロ加入国であったがために、ギリシャ問題をトリガーとした連鎖に巻き込まれました。この事をきっかけとして――まるで雪崩の様に――キプロス銀行群は財政破綻の憂き目に遭うのですが、自国GDP数倍という国内銀行を公的に救済する事など出来やしないのです。上記、一般的な日本人家族が、突如何億円の負債を背負わされている様なものですね。

 タックス・ヘイブンという概念の存在自体、また、その有り様にも問題がありますが、そうした国は世界に散見されています。それなりに運用され、立国たる根拠である内は良いのですが、キプロスの場合はそれがユーロ圏であったが為に、避けられない大量の火の粉を浴びる事になったと言えましょう。
 この事で、ユーロ共通通貨の構造的欠陥がようやくようやく露呈された、そう言っても過言ではないでしょう。


rule
人もお金も、居心地の良いところへ集まる。その先にあるものは?

 僕は、この縮図を俯瞰で眺めながら、妙に納得してしまったものであります。

 今、ゲーム業界に起こっているバブリーな出来事に目を向けてみると、人が人として行動する所謂行動心理に照らし合わせてみてもそれは、世界の金融マーケットにおいても、ゲーム業界においても、行動心理に変わりはないのだなと思うのです。

 ブラウザを摸した画面をクリックしていきながら、ガシャだ、合成だ、課金だと謳うクリックゲー。
 所謂ソーシャルゲームと呼ばれる、「ゲームの様な」コンテンツが巻き起こしている現代ゲーム業界。そこで繰り広げられる烈風の様なバブルを眺めていると、このキプロス財政問題と同じく、人が欲望のままに、「酸いも甘いも噛み分けている場合じゃあ明らかにありませんっ」的な蜘蛛の子ロジックを観ている様であります。

 流行の産業へ作り手が集まる事は自然な成り行きでありますが、しかし今では、どうでもいい様な制止画を量産し、それが表示されるというだけの仕組みを「レア」だ「激レア」だと煽っている姿に、胸焼けを覚えます。
 作画単価なんて、一枚千円代なんて話も聞きますよ。アートさん達の人格なんてものはもはや、存在していない事と同義でありましょう。

 これら、未だ勢いの衰えていない簡易ゲーム群バブルはいずれ終焉を迎える事でありましょうが、今はまだ人が集まっています。一応、それなにり収益を見込めるからという所でしょうが、なにせ、技術的展望を視点とした未来など、一ミリも在りません。

 判っている人達はとっくに動いているのですが、判っていない人達へはまるでキプロス問題の様に、いずれ、逃げ遅れる時が来てしまうのです。

 それでもまあ、サーバーサイド技術に携わってきた技術者には、明るい未来が約束されているでしょう。このバブルに乗って、非常に高度なインフラオペレーションを学ぶ機会に恵まれた事でしょう。


rule

 安く作る事が出来て、しかも儲かる。

 まるで、キプロス銀行の様な現代のソーシャルゲーム業界でありますが……。

 しかしながら僕個人は――上記で批判的な事を書きながらも――、「ゲーム業界」や「ソーシャルゲーム業界」という呼び分けは、近い将来、意味のないものへ変貌していくと確信しています。

 双方の業界は融合され、大多数の低技術陣営は淘汰され、日本国内で異常発展した揺らぎも是正されながら、国際ゲームマーケットへ統合されていくと信じています。

「餅は餅屋」と言いますが、現代IT社会においてはナンセンス。
だからと言ってもですね、どこの誰が適当についても美味いわけじゃあありません。

やっぱり、餅屋がついた方がいいよね。
そう信じて、生涯を捧げたこの業界に、これからも邁進する次第なのです。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2013-03-29_00:12|page top

ゲームプログラマが語る。買ったばかりのゲーム、ちゃんとアップデートされるの?ルポ
2012-11-25 22:04



 古今東西数々あるかどうかはともあれ、政権交代反TPP。原発反対増税選挙。おおいに結構大事なことです。
 そんな事よりも、ブレイブリーデフォルトの難易度マネージメントが気になる今日も今日とてゲームプログラマー。
 完成された裏街道をひた走るTeamDyquemで御座います。
 みなさま、お久しぶりですね。

rule

 買ったばかりのゲーム、数々あれど。
 開始5分で不安を感じ、数分後には放り投げ、もう見たくないゲームもあれば。
 ハマリにハマリ大ハマリ。人として営むべき生活何割かの時間を惜しげもなく注ぎ込んでしまう程のハマリゲームもある事でしょう。
 ゲームといってもそれは、煮ても焼いても嗜好品。
 用法用量を守った程よい距離感を保つことが大切でありましょう。

 さて、嫌いなゲームでもなく、好き過ぎるゲームでもない、いわば「そこそこ面白いよね立ち位置」のゲーム達。きっと沢山ある事でしょう。
 こうしたゲーム達に共通している事は、「あー、ここがこうだったら、もっと面白いのにな」とか、「うー、なぜここでこんなに難易度高いんだワケ判らん。まあ、もうちょっとやるけれど」的な、あともう一声あれば大好きゲーム化確定的な「惜しい!」感

 10年も以前の話ならば、そのまま「マイ・ひっそり愛でたゲーム」として埋蔵されていく以外には選択肢の与えられる事が無かったこれらのゲーム達にも、昨今では幾筋もの光明が存在しています。


rule
オンラインアップデート

 昨今におきまして、大抵のプラットフォームでは、オンラインによるゲームのアップデートを行える機能の搭載が通例となっています。
 大抵は発売当初に残存していたバグ修正や、難易度バランス調整ですが、更にはちょっとした追加要素等、その提供内容は多岐に渡ります。

 数年前までは、PSPや3DS等の携帯機におけるアップデート機構は事実上存在していませんでした。詳細は省きますが、こうしたアップデートを適用する為には、その本体にハードディスク等が存在していなければ運用が冗長になっていた為です。
 しかし時代は変わり、現代ではほぼ全ての機種に発売後のオンラインアップデートが適用可能です。
 本当に良い時代になりました。

 とはいえ、アップデートを行える機能が搭載されているのだとしても、目的のゲームでアップデート版が開発されるか否かについては、別問題。精力的にアップデートを公開してくれるメーカーもあれば、売り切り御免で梨の礫ゲームも決して少なくは無いのです。

 この差は、一体どこからやってくるのでしょう?


rule
アップデート台所事情

 まずは大前提として挙げておかなければならない点でありますが、アップデート版の公開にはコストが発生するという事です。これは、純粋な開発費という意味ではありません。

頑張ったメーカー達
「バグとか直したバージョン1.1作ったんです。ソ○ーさんオンラインで公開おねがいします」

お上
「はい了解。容量はそれくらいですね。○百万円です」

体力のある大御所メーカー
「おやおやお高い。まあ仕方がありませんね。ザーボンさん、お財布を(ry」

そこそこ頑張っているメーカー
「むむ、これは手厳しい。でも一度くらいはアプデかけないと。ファンサービスだと思って頑張ります」

泣きっ面に蜂のメーカー
「ぼえー」

ユーザーの声
「バグくらい、さっさとアプデで直せよ糞メーカー!」


 一切の誇張無く、まずは大前提としてこうした商取引が発生し、開発を巻き込んだ財務的な紆余曲折に翻弄されるのです。
 あるタイトルにおける財務事情は、その一本で完結するわけではありませんが、利益が十分に出ていないタイトルにおけるアップデートは期待薄と考える事がまあ通例です。

 余談ですが、iOSアプリなどにおけるアップデートは……なんと、無料です。メーカーは、いつでも、何回でも無料でアップデートを行うことが出来るのです。これは、革命といっても良いでしょう。
 これを可能にしている技術的政治的事情は山ほどあるのですが、ユーザーにとっては関係在りませんからね。既存の有料アップデートを至極当然と考えて居るプラットフォームホルダー陣営はいずれ、その機構を改めざるを得ないでしょう。そこに、どれほどの不可能生が潜んでいるとしても、です。(MS等では既にその動きがありますね)


rule
現場の事情

 そのゲームにアップデートがやってくるかどうか、それを見極める指標としてもう一つ。
作品の完成度が挙げられましょう。

 色々とあるのですけれど、例えば、タイトル画面。
「Push Start」とか、「Load Game」 とか項目が在りますね。
上下キーでカーソルを合わせ、それがフワフワと明滅している事が通例で在りましょう。まあ、自然なタイトル画面の在り方です。
ところが、選択している項目が特にアニメーションするでもなく、なんかちょっと明るい色で強調されているだけで、画面に何の動きも無いタイトル画面であったとしましょう。

 こうしたゲームに、アップデートはあまり期待出来ません。

 大抵、どんなゲームにおいても、開発終盤では山のようなバグに悩まされる事でしょう。それはもはや通過儀礼と言っても良く、開発フェーズとしては自然な光景です。
 開発現場は、裁量を持ってこれにあたる以外に道はなく、こうした事は全て、それぞれの開発スキルそのものであるとも言えましょう。
 大きな荒波を乗り越えて商品になっていくゲームですが、最後のこうした修羅場を渡りきれないチームも沢山あるのです。結果、大量のバグを残したまま見切り発車する事になり、ユーザーがその被害を被るわけですが、そうした過程の中で、上記、タイトル画面を考えてみて下さい。

量産が終わり、QAよりブラッシュアップを迫られるデザイナー
「Push Startが明滅していません。なんか勿体ないので、対応お願い出来ませんでしょうか……」

疲弊したプログラマーA
「対応したいのは山々なのですけれども、時間がありません」

QAにベッタリのディレクター
「時間が無いと言っても、ちょっと明滅させるだけだし、なんとか出来ない?」

疲弊しすぎて無意味に喧嘩腰のプログラマーB
「ヘルプで入っていたタイトル画面担当者はもう別ラインに移りました。そのコードを一から見直さなければならないので、その間他のバグが後回しになります。それでも良ければやります」

現場
.o○(なんでこんなにギスギスしてるんだろう……)


 この例は極端ですけれども、この位末期的な状況を経ていると、アップデート版を作るという余力が生まれません。そうした影響は得てしてシンプルなところへ現れます。それこそ、タイトル画面などに。

 ちなみに、上記の会話は、登場人物が全員アホな例です。
ゲーム開発スタッフとして全員の発言や態度にそれぞれ独立した問題があるのですが、それはまた別のお話。


rule
ユーザーの盛り上がり

 ネット全盛時代である昨今。根強い人気のあるゲームほど、話題に上り、また同時に批判の的にも晒される事でしょう。市場やユーザーの反応というものはつまり、話題性に他なりません。
 ネットで散々叩かれながら、それでもアップデートを行わないゲームもある事でしょう。そうしたタイトルには相応の事情も存在します。ユーザーにとっては納得のいかない事かもしれませんが、現場も心を痛めている事が殆どです。

 しかし、世論が財務ハンドリングに一石を投じることも希ではありません。いや、むしろ、ユーザーにしか動かしようが無いとも言えるでしょう。

 そこそこ気に入っているゲーム、ここをこうしろ、そこをこうしろ、とご意見があるならば是非是非!
この時代だからこそ、声を大にして頂きたいと思うのです。

 ユーザーとしても作り手としてもゲームを愛するアラフォーが、現場の片隅より愛を叫んでみました。


ちなみにウチの会社では、上記の様な事はありませんYO^^;



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2012-11-25_22:04|page top

ゲームプログラマが読み解く。誰も語ってはくれない、Apple時価総額と任天堂赤字決算の真実
2012-04-30 23:08



常連読者の皆様、いつもご訪問有り難うございます。
TeamDyquemです。こんにちは。

この件に関しましては、筆者、と言いますか僕の立場上、別媒体におきましても書かせて頂いたのですが、ネタがネタでありますもので、一応僕のメインコンテンツである本ブログにおきましてもライトバックさせて頂く事と致しました。関係各位、ネタ転載許可ありがとうございました。次回の呑み代全額を僕が負担するという条件、舌打ちしながら了承致しましたw

一応、ちょびっとは経済を志しているゲームプログラマとして、このネタに触れないわけにはまいりません。

例によりまして、本稿もまたガジェット通信さん寄稿向け記事にも成り得るのですけれど、そうした形を採りますとどうしても時間がかかります故、まずはホームグランドにて、ネタ持ってきながらの走り書きとさせて頂くことと致しました。後に、清書して寄せるやもしれませんけれど、まあ、経済ネタは鮮度の足が速いので、なんとも言えませんごめんなさい。

まずは、この数日に経済界で起きた"純然たる"と言いますか"厳然たる"、幾つかの事実から見つめて参りましょう。

去る26日にはスタンダード・アンド・プアーズ、通称S&P、いわゆる大手格付け会社ですがこちらによるスペイン長期信用格付けがなんと2段階の引き下げ発表。"A"から"BBB+"である上に、彼等はこれを「ネガティブである」と明確に表現しましたね。平たく言えば「今は投資する価値が無い」と、世界的に公式断言したようなものですから、これはもう大変な事態です。ユーロ安ドル安を間接的な材料に、ますますの円高傾向を招きかねません。この事に関連して少し、後に任天堂関連でも触れますが、ともあれ僕個人の偏見としては、ドル円は95円周辺に安定収束ラインがある様に思えてならないのですが、どうなのでしょうかね。

更に、恒例の日米大手決算発表時期でもあったわけであり、中でも、世界中の財界関係者ら視線の先には勿論アップル社と、そして、我々ゲーム業界の人間が注目すべき任天堂の発表がありました。先週、この2社が彩った大きな動向は、まさに歴史的な瞬間となりましたね。

アップル社は、世界中で目を光らせていた多くのアナリスト達の予想を大きく裏切り、いや、その予想を遙かに超えて、まさかの純利益2倍からの時価総額50兆円達成。純粋かつ純然たる世界ナンバーワン企業です。もはや、ちょっとした先進国の年間国家予算にすら匹敵しますからね。ちなみに、日本最大時価総額企業は10兆円のトヨタです。

一方、任天堂が打ち出した決算はと言いますと、これはある程度の予想を立てていたアナリストも居たようでありますし、そもそも、どこのパワーブレィックファーストを勝ち抜いてきた猛者がその情報を得る為に何人のライバルをワシントンで葬ってきたのかは知る由もありませんが、それはともあれ、なんと任天堂、400億円前後の赤字決算と相成りました。これは1962年、ちょうど50年前に同社が上場して以来、初めての出来事です。

さあ大変。経済動向報道などを見るに、通り一遍の任天堂神話崩壊トークが見事に散見されています。そりゃあ、本職でなければその業界の中身までを、十分な透過度をもって見通す事など叶いやしないかと存じますが、それにしたところで"世界の任天堂"に関する数値でありますからね。例えゲーム業界に不透明であろうとも、25歳でニューヨークに渡り、楽々と"億"を稼ぎ出すエリートアナリスト達にはせめて、もう少し正確な分析をお願いしたいところでありましょう。
目先の株安やPER変動からもたらされる阿鼻叫喚に惑わされる事もなく、この事実を冷静に眺めてみる努力をしてみたいと思います。(ちなみに僕個人、今は、ゲーム業界株には一切手を出しておりません。なにやら、昔から呪いのように相性が悪いのですorz)
だいたい、現金部分でも4000億円超がジャブジャブしており、資本比率9割近い"バケモノ的"財務体質である上にPBRも1.3だかある企業に、円高ダメージなんぞはたかが知れているのです。

そんな事よりも。
ゲーム業界人として日々を営む自分ではありますが、その僕が、個人的に最も呆れかえってしまった分析の一つに3DS失速論が挙げられましょう。これは、本稿を執る採択をしたきっかけでもありました。世界の経済学者やアナリスト達は、たしかにゲームオタクでは無いのでしょうし、もちろんゲームプログラマでも無いでしょう。そんな彼等の目には、最新の事業である3DS展開がつまずいたのだと分析せざるを得ないのやもしれませんが、どあほう、そりゃ「近所の魚屋がカツオ仕入れすぎてつぶれましたぜアニキ。旬の季節だからって油断は禁物(はーと」このように、したり顔しているのとなんら変わりなどありはしないのです。

「3DS要因での赤字」。まあ、なにせ、これは任天堂岩田社長ご本人が言い放った言葉に連動している感がありますが、彼が公式に呈した言葉はあくまでも「誤算の主因」。この表現であった事を忘れてはなりません。業務の主軸であろう3DSでありますが、値引き幅が尋常ではないこの機械は、一台売れる毎に赤字が膨らむという逆ざやハードウェアなのです。"1万円引き"という伝家の宝刀は、本来ならば誰にも抜け無い必殺の剣。富士山が抱く膨大なマグマの如し巨大な体力をもつ任天堂であればこそ繰り出すことの出来たこの必殺技を、彼らが発動させてからこれまで、いったい、何営業月が経過している事でありましょう。
売れた分だけ赤字になっているのです。これが、彼等の「赤字の主要因」。つまり「誤算の主因」です
「原因」ではありません。

この違い、判りますか?

任天堂が今、上場以来初めての赤字、それも400億円規模の分厚い赤い帳簿を抱え、心ない株主や投資家に石を投げられながら、今も尚、変わらぬ笑顔でいられる意味は、「農耕と種蒔きの時期」この達成を視界に捕らえる事が具体的な現実となってきたからに他ならないからでありましょう。

ゲームで稼ぐ為には、そのゲーム機が山ほど売れているという土壌を育て、その上で「ゲーム」という作物を育てる以外に道はありません。任天堂は、畑も作物も売るメーカーですが、その畑では他の農家も種子を育てます
自分が血みどろになってでも、まずは畑を育てなければならない、ハードウェアメーカーの常套手段でありますが、ここまでの痛みを伴う焼き畑農業に耐えられるゲームメーカーなどそうはありません。

ワタクシ、しがないイチゲームプログラマでありますが、任天堂のこの英断に感動すら覚えながら、その畑の上で有り難く作物を育てたい気持ちで一杯であります。
ゲーム業界というものは、"遊び"を創り出し、それを買って頂くお仕事です。理屈じゃあありませんよね。"現役の"「中の人間」として強く言いたいことでありますが、目先の株価や、経済動向になど、翻弄されてたまるものですか!いくら年収1億のアナリストだからといって、スーパーマリオもクリア出来ないような方にゲーム業界を語って欲しくはないのダ!w

ですよね。同業者みなさん。



あと、もいっこ。
ゲハで叩かれるのは本意で無いので言っておきますが、僕は、任天堂もソニーもMSも大好きですよ^^
むしろ、任天堂ゲームがちょっと得意では無いくらいで(///)


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2012-04-30_23:08|page top

新社会人ゲームプログラマ諸君へ贈る言葉。僧侶になるよりスネ夫を探そう
2012-04-03 18:44



本年もまた桜舞い散り花は咲き乱れ心は躍動するこの季節、門出の"4月"がやって参りました。日本中が無意味に浮かれまくっている正月とは一線を画し、粛々とした空気と杉花粉の中、襟元を正していきたいTeamDyquemで御座います。
皆様、こんにちは。

本ブログへお越し頂いている読者様の中にも、今月より新社会人として人生の歩みを進める事となった方もいらっしゃるでしょう。当サイトがお送りしておりますコンテンツから推し量るに、恐らくはゲームプログラマを志しておられ、この春、晴れて業界入りを果たした方も少なくは無いかと思います。そこで今回。業界経験者と致しまして、新しい歩みを踏み出した若き同業者同胞諸子らへ敬意と期待を込めた言葉を贈らせて頂きたく思います。

何はともあれ、新社会人の皆様。まずはおめでとう御座います。

と、祝辞を放った直後であるにも関わらず申し訳ないのですが、厳しい上に大して身のない話を並べ立ててみようと思います。ガッツのある方には是非最後までご一読頂ければ幸いです。

(但し、例によりまして一部ネタを含みます。おおらかな気持ちでどうぞ)

rule

さて。

既に幾日か勤めてみたところかと思いますが、その感想は如何でありましたでしょうか?
ある程度断言致しますが、「非常に楽しい」と感じている様な方はでしょう。この段階で既に新職場生活が楽しくて仕方が無いと思っている方が居らっしゃるとすればそれは、真に恵まれた環境に巡り会えた希有なパターンなのやもしれませんが、大抵は、至極特殊なレベルにまで重度且つ高度な楽観主義者か、クライシスマネージメント能力欠乏症でありましょう。「不安」が当たり前なのです。今はまだ、このフェイズを不安に感じられる事に安堵すべきでありましょう。

希望していたゲーム会社へ晴れて入社となり、スーツ姿で元気に出社し、まずは会議室で講釈を伺い、デスク周辺を巡らされ、予想に反してラフを通り越した様な一般普段着の先輩社員達の中、エヴァンゲリオンやなんだか判らない女の子キャラフィギュアの乱立するオフィスを闊歩させられ、緊張し挨拶を試みるもなんだか聞き取れない様な返答を返され続け、再び会議室へ戻り、さあ初仕事の打ち合わせですよと担当先輩に促され、ワクワクしながら同期らと着席するも、ホワイトボードには「花見企画会議」とデカデカと掲げられた文字にクラクラとしてきたところ、指さされた貴方は「一発芸企画考案」かもしくはそれに類する想像を斜め下へ大きく超えた任命をなされ、さあ試しに今なにかアイディアを出してみろと理不尽に感じかねない初めての業務を命ぜられ、ひとしきり嫌な神経が張り詰めたところで初めての昼休みを迎え、コンビニで適当に買ってきた軽食にホッと一息つく間、もう少し気を抜くと危うくそれまでの自分の人生を全否定してしまいたくなる様な衝動の気配を感じた事でしょう。


rule

理不尽に感じられかねない様々な事象を切り抜けながら、近々には本当の業務に勤しむ事となるでしょう。その会社の規模にもよりますが、ある程度まとまった人数のプログラマが在籍するハウスであるならば、ある程度の資産が運用されている事でありましょう。プログラムとしての資産です。
相当ヘッポコなハウスに就職してしまったのでは無ければ、それらはある程度正しく効率的に運用され、高度に昇華されているモジュールも多い事でしょう。それまで学生であった皆さんの目にそれらは、さぞや難解な代物に映る事もあるかと思いますが、それもまた正しい現象です。

ここで激しい不安と迷いを感じながらも、歩みを止めず習得に勤む事が出来れば、それら難解極まるワケの判らない高度なプログラム群をいつかは、今度は貴方自身が生み出す事になる日が必ずやってきます。それは、歩みを止めなかった者にだけ訪れる瞬間です。

ふと同期を見回した際、そこへ「あー結構見てみたけど、あー結構判ってきたー^^。なんとかなりそうだわー」などの様に、僅か入社数日であるにも関わらず、こんな事を堂々と言い放つ同期がもしも隣に居たならば、貴方は更にラッキーです。持つべき物は自分よりアホに見える本当のアホ。彼は、彼の持つその理不尽な自己顕示によって、結果的に貴方を輝かせる陰へと自ら陥っている事に気がつきもせず、これからもますますと貴方の引き立て役となってくれる事でしょう。ミスターナチュラル暗黒面。割れ物ですので、大切に扱って下さい。


rule

早い方はもう既に、遅い環境にいらっしゃる方でも一月もすれば、組織の中におけるもう一つある特徴を見い出すことが出来るでしょう。人間観察眼をいかんなく発揮し、注意深く辺りを観察してみて下さい。貴方の会社にはこんな方々が居ることでしょう。

A「仕事が出来る上司」
B「仕事が出来る先輩」
C「仕事は出来そうもないが上司」
D「仕事は出来そうもないが先輩」
E「上司でも先輩でもどうでもいいが、何一つ学べそうもない輩」
F「単に非生産的なだけではなく、他人の足まで引っ張る輩」
G「ポチョムヒン」


勿論、貴方が身を粉にしながらついて行くべき人間は「AとB、場合によりC」である事は明白でありましょう。しかし、そんな事をあからさまに表面へ出している様では新社会人とは言えません。フレッシュマンではありませんしフレッシュメンでもありません。フレッシュメンらはフレッシュでなければなりませんから、ここはやはり、相当頑張ってギリギリD、場合によってはEまでをも視野に入れた妥協を織り込む人生マネージメントが求められる所でありましょう。

「アルファベットを全角で打つ様な人は、先輩であろうともプログラマとして到底好きになれません」こんな事を二十歳にもなっていない若造がほざくべきではありません。(※訳者注1:覚えては居ないのですが、該当年齢の頃に言い放ったそうです。僕が。)


rule

新社会人一年生である貴方が最も育むべき要素は、どんな苦境の中であれ「野に咲く花の様に」と口ずさみながら笑顔でオニギリを食べられる不屈の忍耐です。これは冗談話では無く、本当です。

「新卒枠」においては通常、数年は目に見えた実績を期待出来ませんし、そもそもいきなり大きな実績を強いるような所は、言ってみればブラック極まりありません。こうした期待へは通常「中途枠」をあてがう事になり、一方の新社会人である皆さんは「育成枠」です。

その当初には業績として数値に表れるような成果が上がる事が無いとしても、いずれは根を張り大きく伸びていく苗木です。今より数年間、貴方が受け取るサラリーは、会社とその組織に所属する先輩社員ら、会社を支える株主、更に言えばその会社のゲームを購入したユーザー達にまで広がる方々により支払われている投資です。まだレベルは低いけれども、基本ステータスの高そうなユニットを先行投資で買ったんです。戦場に出すには早すぎますし、下手に流れ弾を喰らい戦闘不能にでもなられては大損です。

こうした皆さんへ、無意味に重圧的な業務を割り当て強引に成果を得ようとする事は、合理的な経済活動とは言えません。まずは、育ってもらわなければお話になりません、
とは言え、奇をてらったスキルアップなど存外不必要。戦士や魔法使いとしての一般的な戦力へ育つことを期待しているのであり、人より目立とうと無理をして、ザキばかり無意味に唱え早々にMPが底をつく陰湿な僧侶に用などありません

最初に決めた気持ちの輝きを忘れていってしまう人々の多い中、目立とう、登っていこうとする心強さは重要ですが、自ら無理に光り輝こうとする空回りは、致命傷となりその後永遠に続く無限地獄へと発展しかねません。奇をてらい目立ちそうで派手な事を発掘するよりも、自分に求められている事は何であるのかという点について、常日頃から想像力を発揮して下さい。

主観もあるかとは思いますが、僕が新入社員に求めることがあるとするならばそれは、幅広い吸収力と探求心をベースにした、フットワークの軽さと柔軟さです。
命じられた小さな多くの仕事を、忍耐強く迅速にこなす高い回転力をキープし、頼む側が追いつかない程の状況を作り出す事が出来れば、その隙を縫ってクォリティを高めることも出来るでしょう。

こういう人間は「使い勝手が良い」のです。

高い志がある事でしょう。理想もお持ちだとは思います。雑用のような仕事に疑問を感じる事があるかもしれません。しかし、その追求を始めるには時期尚早です。少なくとも一年、二年は、その組織の中で柔軟に動ける様になる為の努力を中心に、「どんな仕事でも頼みやすい人間」という立場の確立が急務です。


rule

最後に。

新社会人における成功への早道の一つとしては、「スネ夫に見つけて貰うこと」という点が挙げられましょう。小ずるく、狡猾で、小金を持った口の上手い人間を味方につける事は非常に重要であるとは言えないでしょうか。勿論、スキルを持っているスネ夫であればそれに超した事は在りません。上記で言えばAかBへカテゴライズされる人間が理想です。

この手のタイプの人間はいずれ更に階段を登ってゆくでしょう。その周辺に位置取りをし、スキルがあるならば盗み、彼が踏みしめこしらえたその道を後から悠々と着いて行くのです。こうして工夫をこらした環境を築き上げてこそ、スキルを向上させる為の優位性や、ひいては時間的心理的余裕も生まれるというものです。


社内における貴方のスネ夫を探し出し、パワーゲームの勝者となりましょう。

但し、間違えても、先にジャイアンに見つかってはなりません


頑張ってくださいね!



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2012-04-03_18:44|page top

ゲームプログラマが語る。ゲーム業界撤退、噂の真実はソニーか?マイクロソフトか?
2012-03-04 23:19



右を見ても左を見ても、交互に見ても、なんだかんだでモンハンモンハンと元気の良かった桜前線の様なブームもひっそりとなりを潜め、今ではまたおとなしい読書の日々が舞い戻って参りましたとスカすのは一切やめて、はい、寝ても覚めてもゲームは楽しんでいます。

最近、後輩に妙に驚かれました。
いい年こいてというのも変ですが、意外にも結構ゲームやっているんですねと。

いい年こいてとはどういうわけだこの腐れ後輩そのうちおまえなんかおまえなんかおまえなんか餃子みたいに、、と取り乱したのは一瞬でしたが、あれ、、意外とゲームやっていない様に思われている様で不思議でありました。

やってますYO。職業に関する事ですからね!
寧ろ、一般の人よりも遙かにやっている方だと自負してますYO

好きなRPGにはついつい夜更かしをしてしまうゲーム好きの皆様こんばんは。
それが結局商売になってしまったTeamDyquemで御座います。


さてさて。


rule

ここ2ヶ月程の間でありましょうか。

根源的な発信元に関してはその真偽がハッキリとしませんし、その端々にゴシップ的な様相を呈してはおりますが、イチゲーム業界人として無視することなかなかに叶わない噂が妙に周囲を賑わせている様ですね。
業界仲間幾人より、かなり近いタイミングにて似た話を耳にする様になりました。

今回のエントリーは、がっつりとゴシップネタで走り抜けてみたいと思います。


rule

それが本当ならばここ数年では最大のニュースになるであろうゲーム業界大ショックネタ。
あるハードウェアメーカーによる、コンシューマ撤退

完全に別々のチャンネルより入ってくる割には、それぞれ妙にそれっぽい情報なので、どうせネット発端がらみであろうとたかをくくり下調べは試みたのですが、表に出ているものでもなさそうで。
となるとさてさて、これは単なる噂話であると切り捨てる前に、起こり得るシナリオについて考えてみました。

まずは場外からの攻勢を試みてみたいと思いますが、初手Apple陣営。厳密に言えば彼らはコンシューマに切り込んできているわけでは無いと言えるであろうし、仮に現在のiPhone等をコンシューマであると表現してみたとして、それを今年で撤退させる事などあり得ないでしょう。
Androidもまた然り。ガラケーソーシャル須くこの枠組みとすべきでありましょう。

では、任天堂?
Wii-Uがあれほど鮮明に打ち出されている事を差し引いても、このメーカーがコンシューマから撤退してどうする、と激しい突っ込みが目に浮かびます。それはもはや産業の崩壊、、とまでは言いませんが、これもまた考え辛く考えるに忍びない展開でありましょう。

さて、となれば。
ソニーか、マイクロソフトか。

発売したばかりのPSVITA不振が、一般ユーザーの耳にすら届きかねない昨今。PSP-GOについても明るいニュースは皆無でありますし、もはや存在自体すら無かったことにされている機種でありますが、ヒット機PSPも海賊版横行に悩まされ、PSNハッキングによる大損失も耳に新しい。モンハンに支えられている面もあるとは言え、それすらも国内400万本程度のみでは、プラットフォームホルダーとしては十分に堅牢な城壁であるとも言い難い。

では、XBox360日本展開に激しい苦戦を強いられているマイクロソフトは如何であろうか。
まず、とかく勘違いされやすい事実として、XBox360の日本展開不振はマイクロソフトにとっての大きな痛手とは成り得ていない点が挙げられましょう。これは、彼らの持つ巨大な分母から導き出される必然であり、本意では無いでしょうが致命傷でもありません。全世界的には絶好調のXBox360。噂の後継機「Loop」の開発も順調であるとの認識が通例でもありますし、課題は残しながらも、撤退のシナリオは考えづらい様に思います。

しかし。

僕は、この撤退話が真実であるとするならば、
その主人公はまさにマイクロソフトであると予想します。


根拠は、単純な消去法です。
コンシューマ撤退という事は、つまり部門消滅です。
上記に挙げた3社のいずれがそれを行うにしたとしても、現在に至るまで費やされた時間と資産を消滅させるとなれば、これ程の大きな会社達でもその母体に極めて深刻なダメージを与える事が想像に易しいわけですが、大きく身動きの遅いこうした巨大な企業程、単純部門切り捨て等を安易に敢行するわけもなく、またその様な事が出来る筈もなく、損失を分散させた上で段階的に損金縮小運用に体をなした方向転換を選択せざるを得ません。
ピピンアットマークの発売中止とはワケが違います。

さて、段階的撤退というネガティブな選択肢ではなく、コンシューマ撤退をポジティブな要素と捕らえた場合はどうでしょうか。コンシューマ機という単独ハードウェアを、毎回毎回心血資金を注ぎ込み、文字通り痛みを伴いながら運用するよりも、新しい形を模索するのだとすれば。

単独ハードウェアを持たずに、それでもブランドを維持運用拡大展開していけるメーカー。

今現在、それが可能なのは、世界にマイクロソフトしか有り得ません。


rule

さて、では、その具体的なベクトルとは何でしょう。
単純です。

次期WindowsへXBoxコンテンツプレイヤーを搭載するというシナリオですね。

個人的に、これは相当に現実的なラインだと思います。

プログラマの方ならば判るかと思いますが、技術的には今すぐにでも十二分に実現可能です。XBox360の持つDirectXと銘打った機能は、言ってみればDirectXでも何でも無い単に名前の似た似て非なるものである事は現実でありますが、とは言っても、そこには希望の無くなる程の距離が隔てられているわけでもありません。

ソフトウェア的なインフラの敷設にも難儀する事は無いでしょう。どこまで掘り下げたところで結局はWindowsですからね。どこまで対抗してみたところで、結局は彼らのやりたい放題でありましょう。世界のソフトウェアインフラは未だ彼らが握っているのです。
Appleの持つAppStore系マーケットも、数年後には駄菓子屋扱いされているかもしれません。

恐らくはWindowsストアのリリースタイミング。つまりWindows8かそのサービスパック辺りで、ストアにXBoxコンテンツが載り始めるのではないでしょうか。ここから段階的に、単独ハードウェアであるXBox360系や、その後継機Loopの持つコンシューママーケットも縮小されていく様に思います。


こうした一連のシナリオをもって、マイクロソフトによる段階的なコンシューマ撤退という一見するとネガティブな枕詞を手土産に、「新しいゲームマーケットの幕開け」等といった本当の武器を乱射してくるのではないでしょうか。

rule

さて、もしこれが真実となってしまった場合、ソニーや任天堂に打つ手はあるのでしょうか。
業界へ半生以上を費やしている自分ではありますが、パッと思いつく術は……



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2012-03-04_23:19|page top

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
2011-10-24 13:37



 市場ではau版のiPhone4S在庫に余裕が出てきている様であり、また、ソフトバンク版も相当数のユーザーへ届いている中、発売日前にソフトバンクオンラインにて予約をした筈の僕の処へは「在庫とうぶん入んねッス。乙wwwwwwぷw」的なメールが来たっきり、壮絶な放置プレイ作戦が展開中。
もはや、現実にはiPhone4Sなどというものは発売されおらず、これは夢だったんだという妄想が確信に変わりそうなTeamDyquemで御座います。みなさまこんにちは。


 最近はアレですよ。
 今月は二本のアプリリリースをさせて頂き、また本業も山場を迎えている等色々と忙しい毎日ではありますが、相変わらず隙間を縫う様に細々と生き、秋刀魚を頂きながら晩酌と制作に励んでおりますよ。

 僕のiPhone4Sはまだ、やって来ません。

 巷においてはauというキャリア展開を迎えたiPhoneに対し様々な想いが在る事でしょう。市場が増え競争が促されるという意味において基本的にはユーザーにとってのデメリットは無く、歓迎ムードであると言って良いでしょう。他国においても、iPhone一国一キャリア独占供給体制は徐々に解除されつつある様ですしね。

 僕のiPhone4Sはまだ、やって来ません。

rule
Docomo版iPhone

 さて、ところで。
 「Docomo版iPhone」というものはどうなるのでしょう。

 世間一般に言われている情報に基づき大まかにざっくりとまとめるならば、利権がらみで折り合いが付かないとされている現在のDocomoとApple。これにより、Docomo版iPhoneはまず考えられない状態であるというのが通説でありますが、これはどういった事でしょうか。


 本日は、自分の別媒体記事より、ネタの主軸残しで再校正した話題をひとつ。


rule
ドコモマーケットとAppStore

 言わずもがな、AppleにおけるiPhoneビジネスの大きな軸となるAppStore。年間市場規模はなんと24億ドル。24億ドルって何ドルだよ!?の世界でありますね。円換算はナンセンスかもしれませんが、敢えて行うならば現為替レートで1800億円超です。この内30%もAppleが抜いていくわけですからね、なんとも恐ろしい収益率であります。
(※参考文献:WIRED ARCHIVES)

 さて、昨今はことさらAppStoreの規模が取り沙汰される様に感じますが、Docomoにも強大な市場「ドコモマーケット」が存在しています。所謂iモード系ですね。
こちらはなんと更に凄まじい事になっており、国内だけで年間3000億円規模の市場です。「国内だけで」です。幾ら元が国営企業出発だとは言えこの規模は笑えないというか笑うしかなく、この内9%をドコモが抜いています。ある一企業が国内電話インフラからこれだけのお金を抜いているんですから、日本の携帯電話利用料金が安くならないわけであります。また、毎日、ドコモ携帯電話ユーザーの内約2600万人が訪れるというポータルサイト「iメニュー」の存在も大きく、ある種、これはメディアであるとすら言えるでしょう。
(※参考文献:古いですが2010/12/07 日本産業新聞)


rule
マーケット共存の不可能性

 さて、展開キャリアに対し料金面等で厳しいノルマを課す事で有名なApple。国内においてもソフトバンクやauはかなり無理をしていると思います。体力のあるDocomoならばこの点をクリアする事は容易い事でありましょうが、問題はドコモマーケットです。
 あのAppleが、Docomo版のiPhoneにだけ特別にiモードアクセス機能を設ける筈も、またその必要も無く、DocomoがiPhone用にiモードコンテンツ実行アプリを準備する事を検討するにせよ、それはエミュレーターの類を一切許可しないAppleの審査基準に合致せず、結果iPhoneとドコモマーケットは水と油そのものであると言えるでしょう。

 そしてまた、ドコモマーケットを搭載しない端末をDocomoが出す意味は薄く、これほどの強大な利権を危うくさせる危険性すら伴う決断に最早なんの意味も無いのでしょう。
Docomoとは、Appleとは違い何処まで行っても結局は「電話屋」ですからね。世界展開を見据えているとは言え国内基盤防衛は最優先事項でありましょう。

 先日、「NTTドコモ:山田社長、iPhone販売可能性否定せず 」といった見出しの小さなニュースが散見されました。

NTTドコモの山田隆持社長は18日、米アップルのiPhone販売の可能性について「Android主軸でやっていくが、その上でラインアップの一つとしてiPhoneを出すのもやぶさかでない」 と否定しなかった。米アップルと交渉しているかについては「言えない」とした。


 これは文字通り「吝かではない」だけであり、吝か処か、血で血を洗う利権争いが勃発するかもしれないというこの事態に、「米アップルと交渉しているか?」「言えない」。それはもう、何も言えるわけなどありはしないのです。

 Docomoにしてみれば、それまでのDocomo携帯電話ユーザーがDocomo版iPhoneに機種変しただけで、そのユーザーの持つビジネスの一つが終焉する事を意味します。これが恐らく数万数十万ユーザー規模でいきなり展開され、更に裾野が広がっていく危険性を秘めていますからね。「d モード」等のドコモマーケット導線を確保出来たAndroidで展開していく以外に道は無いのでしょう。


rule
パワーマーケット

 Docomoにしても、そしてAppleにしても共通して言える大きな事は、双方共にほぼ完璧で天下御免の独占市場を築き上げたという点でしょう。

 どうやって各国の独禁法めいた物達を黙らせているのかは知るところでは在りませんが、現実に、もはや世界に競争相手等殆ど居なくなってしまう日が近づいているのかもしれません。

 まずはキャリアなりデバイスなりを築き、それを通しその仕組みを利用しなければ触れる事の出来ないサービスを築き、これを無尽蔵に流通させる事により元となるキャリアやデバイス市場を堅め、やがてサービスそのものが自動的に富を産み出し続けるという仕組み。今更法のメスが入ったとしても既に民意が味方に付いています。勝ちゲームというわけですね。この意味では正直者であったと言っても良いであろうマイクロソフトが、いまや可哀想になってきますね。

 僕は、本業の傍ら個人的に経済の勉強等を頑張ってみてはいるという事もありますが、この様に、合法的にインフラから金を大量に抜いていくスキーム。そして、それを強固に維持運営していくロジック。

本当に関心します。
皮肉でも何でも無く、本当に興味が尽きません。


rule

さて、動向の気になる二社でありますが、
個人規模ながら現実に双方のマーケットにて開発を経験し、感じた事。

ハード屋でありながら実は非常に優れたソフト屋でもあるAppleと、
ハード屋でもソフト屋でもないDocomo。

こうしたネタも、近く展開してみたいと思います。


TeamDyquemでした。


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2011-10-24_13:37|page top

ゲーム業界人秋の祭典東京ゲームショウと、犬の生涯ドッグイヤー
2011-09-15 13:18



 派手に元気であった本業が一段落し、ようやく人間らしい時間を取り戻せそうな兆しを感じられる様になってきたとは言え、本業の制作も苦痛処か遣り甲斐に満ち溢れているもので、落ち着いてくると多忙期が恋しくなる天下御免の天の邪鬼。

 一年においてどれ程の酒を呑んだかを競う秋の祭典、不健康診断をも延期せざるを得なかったこの一ヶ月余り。猛暑は台風と共に去り、秋刀魚が美味しそうな季節がやって参りました。

ひとよ、ひとよに、ひとみごろ。気分はいつだって平方根のTeamDyquemで御座います。
皆様、いつもながらごめんなさい。


秋刀魚と言えば、脂軽めのこの時期は刺身が美味しいですよね。秋が深まると焼き秋刀魚に心が動きます。ああ秋刀魚秋刀魚。秋ラブであります。


 さて、今回はこんな感じで徒然とした話題でも。

rule

 本日より東京ゲームショウが始まっておりますね。ここ数年の中でも今年は特に話題が多く、華やかに賑わっている事でありましょう。
業界人同士が一堂に会する年に一度の祭典ですからね、昔の仲間にバッタリと会ったりしてそのまま呑み会に発展する事も珍しくはない不健康なお祭りとなっております。それはともあれまあTeamDyquem的にもですね、明日は各社の力作達に触れて参りたいと楽しみにしておりますよ。

 個人的に、本年度最も注目している話題と致しましては、やはりPS Vitaであります。PS3以来でありますが、久しぶりに食指がぶっとんでますよ。職業柄実機には触れているのですけれども、それでも即日購入はガチであります。ソフトは「かまいたち」。

 あのスペックがあの小さな本体の中に詰め込まれ、値段が3万円を切っているというのは、この業界に携わっている人間にとっても衝撃的な事実であります。単純に比較するべきものではありませんが、便宜的にiPhone4と比べてみても、そのコスパ度合いは著しく高いと言えるでしょう。

rule
ドッグイヤー

 今から10年、15年も遡りましょうか。
Windows95や98が台頭真っ盛り、人々の生活の中へパソコンやインターネットというものが急速に浸透し始めたあの時代。回線の速度はどんどんと上がり、ヤフーやライブドア等のIT系企業バブル全盛期。人々の興奮は経済を回し、技術の進歩を促して止みません。
こういう時の人類が持つ促進力とは、本当に驚かされるばかりでありますね。

 人間の寿命を70年と仮定すると、犬のそれは約7分の1程度となりましょうか。
寿命は7分の1だとしても、生命を謳歌し感じ生きていくその感覚は人間の7倍もあると言われている犬達、彼等の中に流れる時間は人間の7倍もの速さに達し、喜怒哀楽を駆け抜けていくのでしょう。

 この15年。世界におけるインフラや映像技術の向上には、これと同じ事が起きました。
この事は通常、「ドッグイヤー」と呼称されています。

それまでと比べても、何倍もの速さで技術が進歩していますからね……。
僅か20年ちょっと前にはスーパーファミコンで「マリオ」を遊んでいた子供達がやがて技術者になり、PS2の何10台分にも及ぶ性能を PS Vitaという手のひらサイズの小さなデバイスに詰め込む様になったのです。
 松下さんや本田さんとが成し遂げたを、孫氏や三木谷氏、堀江氏等もまた7分の1の時間で成就させてきたのですね。


rule

 技術に携わるイチ人間として、この発展に触れられる時代に生まれた事は、素直にラッキーであったと思います。

 ですが、進化のカーブをグラフにしてみると……?

 蒸気機関が発明され電気が時代を開拓していく頃の緩やかな上昇から一転、航空機が生まれコンピューターが時代を後押ししていく裏で、戦争が技術を更に加速させてきました。昨今の華やかな時代に至るまでにそのグラフは急カーブを描き、水平からもはや垂直に近い状態になっていると言えましょう。

 このグラフが垂直になった時、人類とこの惑星に一体何が起こるのでしょうか。

 一気にSF的悪ノリになってしまいましたが、モノリスの発見が急がれます。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2011-09-15_13:18|page top

『Aニュース/ガジェット通信』へ寄稿しました「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
2011-08-25 14:04

『Aニュース』へ寄稿しました
ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏

本当は、秀丸エディタのビジネスモデルと比較し、あんな楽しげな事やこんな事を書こうと思っていたのですが、尺が長くなりすぎたためシェイプアップ。昨今を彩る無料アプリ群の様に、ピンポイントに絞らなければ。

あと最近、カップラーメン食べすぎ。


★★ 追記 ★★

『ガジェット通信』にて、記事が採用されました。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2011-08-25_14:04|page top

ゲームプログラマが語る。新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け
2011-06-09 13:29



溢れんばかりの新情報ラッシュに食傷気味で、図らずも心の消化薬を求めてしまう皆様こんにちは。
現実世界ではいつも消化不良ゆえ焼き肉翌夜まで膨満感に苛まれるTeamDyquemで御座います。

人生にリセットボタンがあったら押しますか?と目を丸くしたまま問うてくる後輩に対し
「お前はアダプタを抜いてやる」と詰め寄ってみたところ、
詰め寄るどころか寧ろ距離が開いてしまいました。


rule

ここ数日は、実に世界が激動した一週間でありました。AppleによるiOS5等の発表から新PSPである「PSP Vita」お目見えがあり、更には次世代Wiiとなる「Wii U」がこの流れに続きました。各社より発表された内容は、それぞれ実に革新的な進歩が果たされた事が手に取る様に判るものとなっており、これはまさに新しい時代を築き上げた軌跡となる事でしょう。
各社発表詳細につきましては、ネット上を旋風の如く駆け抜けた速報情報群に譲る事と致しまして、ここは一つ、一人のゲームプログラマとして種々感想等を徒然と綴ってみたいと思います。


rule
iCloud

今回のWWDC内におきましては、個人的に最も注目していたテクノロジーであります。イチ業界人と致しまして、今後のネットライフにおける主軸となるであろう「クラウド化」につきましてはここ数年粉骨砕身しながら調査研究を重ねてまいりましたが、この発表は遂に真打ちの登場かと思わせるセンセーショナルっぷりで御座いました。

iTunesとの連動や複数iOSデバイス間でのアプリ自動連動なんてものは、これから本格的に始まっていく世界的なクラウド化の波へ向けた第一歩に過ぎないでしょう。Jobs氏による「PCやMACは単なるデバイスの一つとなる」という表現に感銘を受け、いや寧ろとうとう言い放ってくれたと感涙すべきポイントでありましたが、これは真に本質を突いた表現でありましょう。

情報とデバイスが対になっていた時代は終焉を迎え、今後は情報とデバイスは多対多の関係となっていく事でしょう。そのiCloudそのものもその課程に過ぎず、PCやMACが単なるデバイスの一つになっていく事と同様にiCloudもまた単なるクラウドの一つとなり、クラウド間連携が順調に進めば、今世紀の早い段階にてある種単一のコンピューターとしての「Earthネット」が誕生する事でしょう。地球規模のありとあらゆるデバイスによる分散コンピューティングと、無数のアクセスゲートウェイ。

なんとも未来な話に聞こえますがこれはもはや夢物語等ではなく、近い未来の現実として待ち遠しい話になってまいりました。 まあ、こういったモノが実現した暁にはきっと、Apple社はいち早く「iEarth」の様に名付け、良い意味での狡猾さも更なる進化を遂げる事でしょう。


rule
「同期」ではない

重要な点は Sync(同期)の廃止であると感じています。勿論、同期をしないのではなく、同期というフェイズをエンドユーザーから隠蔽化する事が重要であり、「なんか知らないけど、どのデバイスでもおんなじに使えるNE」と如何にして自然に思わせられるかがキーとなるでしょう。

今回のiCloud発表にきましても、Syncという文言を用いている箇所は無かったかの様に思います。プレゼンの神様Jobs氏でありますからね、ここはきっと明確に線を引いたのでしょう。流石です。


rule
PSP Vitaと、トランスファリング

PSP Vita においても採用が発表されましたが、ゲーム業界における技術と致しまして今後はトランスファリング(Transfarring)が大変重要になってくる事でしょう。

段落タイトルに反し、これは別に PSP Vita 独自の機能という事では全くありませんが、同機種とそのグループ機種はその実現に向いていると言えましょう。その真逆を走っているのがNintendo-3DSとも言えますが、どちらが優位であるという話ではなく、これも又上記iCloud話にて書いたクラウド化の一環なのであります。

トランスファリング。単純な概念であります。

例えば、「RPG仮称」という新作ゲームがあるとしましょう。発売はPS3とPSP Vita。価格はまあ適当に考えて構わないのですが、恐らくPS3とVita版を両方買って、従来ゲーム定価の1.25倍とかその辺りが落とし処になるのでしょうか。もしくはPSNライセンスにて全機種同梱ライセンスになるのかもしれません。
まあそれはともあれ、ともかくこの「RPG仮称」を自宅のPS3にて日曜日にジックリと遊ぶ事にしましょう。レベルは10を超え序盤から盛り上がるストーリーにプレイヤーは引き込まれていくわけですが、従来型ゲームとの違いは翌朝月曜日に訪れます。

通勤電車内にて、PSP-Vitaを使い続きをプレイ出来るのです。

時間潰しの通勤電車内ではレベル上げとダンジョン探索。ストーリーの進む感動的なデモシーンは自宅のPS3大画面にて堪能。こういったプレイスタイルが当たり前となる時代は目前です。


rule
クラウド

各社ともクラウドに関しまして一定の見解と、市場投入クォリティでの提案を示す形になってまいりました。どのサービスが勝者となるのかは些末な事であると感じており、今はともあれ時代を先行する各社による礎作りのフェイズでありましょう。

Apple陣営は同期(Sync)という言葉を葬ろうとしている様です。Sony陣営はゲーミングにおけるデバイス垣根と共に、お茶の間と外出先における壁まで取り払おうとしています。Wii Uは、画面とユーザーの間に新しい情報送受信スクリーンを設置してきました。

これからの時代は、デバイスと情報の融合です。
何を選択し、何を購入し、また何を楽しむのかは今までもこれからもユーザーの自由でありますが、取り払われた垣根を超えた先にある物は、ユーザー一人一人が築き上げるライフスタイルそのものとなっていく事でありましょう。


なんとも楽しみな時代がやってきましたね!



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2011-06-09_13:29|page top

iPhoneアプリ作者が想う、プラットフォーム別ユーザー心理考察
2011-04-26 13:30



すっかりと春の色に染まる日本関東平野。
突然のお天気雨等が襲う不穏な天候が続きますが、
風邪などお召しになってはおりませんでしょうか。
日々心の温もりを求める本脆弱blog読者の皆様こんにちは。
心の体温計が爆破しそうなTeamDyquemで御座います。

当TeamDyquem。結成より早1年超を迎えたワケで御座いますが、
結成も何も自分一人だろカス的なツッコミは忘却の彼方へ不法投棄すると致しまして、
なんと、後輩の天才デザイナーがTeamDyquemロゴを作ってくれました!!
身内誉めにて失礼しますがリクエスト通りの雰囲気と流石のクォリティ。
公式ロゴとして運用して参りたく存じます。どうぞ宜しくお願い致します。


rule
ヴィーナス&ブレイブス

さて最近ではアレですよね。iPhone関連のニュースが余りないのかなと寂しい想いをしておりましたが、
いやはやそうでは無く、単に自分がとあるゲームにドハマリしすぎていて
iPhone情報はおろか世間の動向に全く気がついていないだけだと思い知らされました。
明日4月27日にはホワイトiPhone4情報が出るかも、なんていう未確認情報も今チラ見しましたよ。

いやしかし、70歳の徳光さんが24時間マラソンにチャレンジするというのに、
良い大人が休日に何時間もPSPしていただなんて、もう本当にどうかと思います。

ヴィーナス&ブレイブス
(略してヴィブレ)
ゲーム詳細に関しましては種々ネット記事に譲る所では御座いますが、ハマッております。

ヴィーナス&ブレイブス
(略してヴィブレ。後輩から借りたPS2版)
PSPにて新たにリメイクされたとの事なのですが、
まずは後輩より強引に借り受けた上でトライアル的なノリでプレイしてみました。

ヴィーナス&ブレイブス
(略してヴィブレ。後輩のPSP版を奪えなかったので仕方なく強引に借り出したPS2版)
数百年規模のゲーム展開のなか、ユニットの成長や加齢、世代交代が重要な要素を構成するこのゲーム。
ゲーム中、自分と同じ年齢に達したユニットが成長衰退し疲労度が最悪になり
能力が落ちまくってHP他のきなみパラメーターがが1になったのを見て、
ゲームディスクを叩き割ってやろうかと思った所で御座いました。(注:後輩から借り出した(ry

現在はめでたくPSP版を購入し、正規プレイに励んでおります。

さてネタはところで。(150%ノンフィクションですが)


rule
プラットフォームによる、心の傾斜とユーザー心理考察

iOSにおきましては、この様にガッツリと腰を据えてプレイさせる類のゲームはやはりラインナップが少ない様ですね。
善し悪しの話では勿論なく、表面的には単にニーズの問題ではあるのですが、
本質的な意味について考えるならば、その様に単純な事象として片付ける事は出来ません。

実際に自分でもChaosRingsやその他大御所系アプリ、沢山購入しておりますが、
据え置き機や所謂iPhone系以前の純然たるゲーム機と比較いたしますと、
不思議とハマる度合いが異なる様に思います。

これは何故でしょう。

何となくですが、何となくなりに断言出来そうな気がする一つの予想と致しまして、
例えば上記の大傑作RPG「ChaosRings」。正直自分は開始10分で詰みゲーとなってしまいました。
しかし、これがPSP版であったならば、何故だか最後までクリアしていそうな気がするのです。

この現象は一体何なのでしょう。

勿論色々な方がいらっしゃり、自分が特殊なのか変なのかどうかは判りません。
あくまでも主観的な的を射ていない話でありますので、その様に留意した上で読み進めて頂けたらと幸いですが、
個人的には、幾つかのファクター端をなし、強力にもたらされる心理的なトラップだと感じています。

考えられる要因の中でも個人的に辻褄の合ってしまうシナリオとして、

●飽和したマーケットから、
●ダウンロードで安価に購入し、
●タッチパネルで遊ぶ

上記の様なフローに反証が出来ません。
全ての要素が所謂「従来のゲーム機」とはその性格を異にする所でありますし、
まあ「ダウンロードで安価に」という部分は昨今のゲームにおいても普及してきている所ですが、
いずれにせよこれらは、そもそもがライトなゲーム体験への仕組みでありますから、
この導線へ重厚なゲームを載せる事そのものに、歪みを生む要因がある様に考えています。

重複致しますが、善し悪しについて論じているわけではありませんし、
であればどうすれば良いのかと言った問題提起へ発展させるつもりでも無いのですが、
iPhoneで遊ぶ数あるライトゲームの面白さといったらありませんし、
腰を据えて遊ぶ為にパッケージ買いするPSP等のゲーム達も大切なラインナップ。

まずはイチユーザーとしてその様な表面的な感想を携え、それについて考え、
その上で、そこから改めて開発者としての思慮を、これからも深めていければと思う次第でありました。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:プログラミング
Genre:コンピュータ

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2011-04-26_13:30|page top

iPhoneアプリ作者とうわさ話。iOS5は秋?3Dカメラってマジ?
2011-04-05 13:12



桜も花粉と共に舞い散る哀愁溢れる4月初旬。iOSアプリファンの皆様如何お過ごしでしょうか。
昨今はお花見等も自粛傾向にある中、
たとえ少々寂しいとはいえ致し方のない事でありますがそんな中にであるにも関わらず、
人の自転車のカゴにワンカップ空き瓶を7つも放置していかれるネタ師ップリ。
そろそろガンジーにも助走つけて殴られるレベルのTeamDyquemで御座います。皆様こんにちは。


提出中の新作が一度リジェクトを受けてしまい、即日再提出をして数日。
楽しみにして下さっている皆様、いつも本当に有り難う御座いますね。
In Review停滞中で御座いますが、もう暫くお待ち頂けましたらと思います。


さて先日、ネット上のiPhoneアプリ界におきましては、とてもアグレッシブな活動をされているなちこさん。
運営されておられるBlog「begejstring for DANMARK」におきまして絶賛特集中の記事「アプリ開発者名鑑」、
こちらの開発者インタビューにTeamDyquemを取り上げて頂きました。有り難う御座いました!!

【アプリ開発者名鑑45】代表アプリ『まりも育成』 @TeamDyquem さん♪ #devunq45


さて本日のエントリー、幾つかの気になるiPhone関連ゴシップネタに触れてみたいと思います。


rule
iOS5

「iPhoneマイスター」曰く
iOS5は今年の秋にリリースか

噂レベルではありますが、iOS5のリリース時期についての記事が展開されておりますね。
iOS5の登場とはつまり、次期iPhone5のそれと同義であると考えて良いでしょうから、
自分を含め、世界中が悲しみに暮れている事でありましょう。
特に自分はiPhone4を見送っております故精神的ダメージは甚大です。

と言いつつ、3GSで別にあんまり困っていないんですよね・・・。皆様はどうなのでしょう。
あ、自分の制作するアプリのRetinaディスプレイ対応が激しく遅れているという弊害はありますけれども。

ソースの大本はこちら: 「Tech Crunch」
Legends Of The Fall, Apple Style

文中にて、2012年まで延期されるやもという含みもありますね。不安は募る一方です。


rule
3Dカメラ

また、最近でありますが3Dカメラを搭載してくるとの噂もちらほら。

「Apple Insider」曰く
Apple exploring multi-camera iPhone systems for 3D picture taking

3Dカメラとは、最近では新しくNintendo3DSに搭載されたデバイスですね。
左右両目に対応する二つのカメラでシーンを撮影し、両目に近似されたカメラ同士の視野角を再現、
これを3D映像としてデバイス上に再現出来る機能です。
昨今流行になってきている、例えばアバターですとか、3D対応テレビ、3DSの裸眼立体視、
それらの元となる3D化されたステレオ3D映像を生成出来るカメラですね。素敵です。

通常、3Dカメラを持つデバイスは本質的に3D再生機能を併せ持つ事になりますが、
という事は、次期3Dカメラ搭載デバイスは、3DSの様に裸眼立体視機能等を載せてくる可能性もありますね。
何より、あのAppleが今更3Dメガネなんて付けてくるとは思えませんしね。。

そういったデバイスが登場した場合、3D対応アプリ等にも可能性が広がって参ります。
自分は本職のゲームプログラマであります故、幸いこの辺りの事情には明るい方ではありますが、
アプリの3D化は本質的に結構簡単な実装で事足りる事が多く、
既存のアプリを3D化するケースにおいても比較的低コストで実現可能です。

お気に入りのアプリが3D化するかもしれないと思うと、楽しみですね。
個人的には、「Paper toss」の裸眼立体視版を遊んでみたいです。


rule
XCode4

さて最後に。

Interface Builder との融合を行った新XCode4は、結構重くなっているとの書き込み等を散見しますね。
TeamDyquemアプリにおきましては基本的にIBは使用していないのですけれども、
新しいインターフェイスが載っている等を聞きますとどうにも試してみたくなるたちであります故、
近くXCode4を購入してみようと思います。
きっとまた本Blogにて詰んだ詰んだギャーギャー騒ぐ事でありましょう。



間もなく花粉も落ち着いてくる事でありましょう。
全国花粉撲滅愛好会の皆様、もう暫く堪え忍んで参りましょう。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:iPhone
Genre:コンピュータ

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2011-04-05_13:12|page top

iPhoneアプリ作者が想いを馳せる。新PSPマーケット開放祈願
2011-02-01 13:42



さて、いよいよ始まりました2月。待望の2月で御座います。
何か、こう書くともの凄いイベントがあるかの様に聞こえるものですが、特に何という訳では無く、
無難な話題で書き出すことに必要以上の安全性を見出す、
全日本無難選手権でもかなりの上位に食い込む事間違い御座いの無いザ・保守派、
TeamDyquemで御座います。みなさまこんにちは。

年度が変わり早一ヶ月。年明けからまた随分と異常気象が列島を襲ったものですが、
悪意あるこの惑星で過ごすのは一筋縄ではまいりません。
昨今は所謂2012年問題が先のIT諸問題のソレと比較して、かなり大きな騒動となって参りました。
なにしろ今回は惑星ごと滅びますからね。マヤ文明な人々怖すぎます。


さて、、いつも以上に酷い書き始めで御座いますが・・・

rule
新PSP

先日発表された新PSPことNGP
ネオジオ・ポケット涙目ネーミングでありますがこのハード、
かなりのポテンシャルを秘めている事は周知の事実では御座いますし、
職業ゲームプログラマとしての立場においても楽しみなハードでありますね。

ただ、このBlogの立ち位置として別の角度から一つ要望を投げるとするならば、
iOSやドコモマーケットの様に個人開発者へもそのマーケットの門戸を是非開いて頂きたい所。
これはもう時代の流れでありましょう。
従来通りPSストア上にてのゲーム販売はそのままで構いませんので、
新たに「PSアプリ」的なカテゴリの併設を渇望致します。渇望してしまうのです。

PSPやこのNGP、ハードのポテンシャルは十分に高い上、
昨今のSCE陣営開発サポートクォリティも上がってきており、
一般開発者へ裾野を広げるにはとても良いタイミングだと思うのですけれどね。

SCE自体が以前には「ネットやろうぜ」事業にて一般開発者を取り込んでいた過去もあり、
先述のiOSやドコモマーケットの例とは別の意味で、
この試み自体も目新しさに引け腰でいる必要は無いと思うのですよね。
まあ、腰が引けているわけでは無いのでしょうけれども。

ともあれ一個人開発者としましては、微力ながらでも門戸を叩き続けて参りたい所です。


rule
UITableView、任意のセクション内の任意のセル位置までスクロール

さて、ヒトネタをペタって失礼致します。


NSIndexPath* indexPath = [ NSIndexPath indexPathForRow:10 inSection:0 ];
[ tableviewのインスタンス
scrollToRowAtIndexPath:indexPath
atScrollPosition:UITableViewScrollPositionTop
animated:NO
];




rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2011-02-01_13:42|page top

iPhoneアプリ作者としては派手に微妙。今夜のApple発表サプライズ
2010-11-17 01:44



えーっとですね。

平日のこんな時間では御座いますが、日本では本日0時。
世界同時発表を唄い、自分を含め、この惑星のAppleファンを派手に散々煽ってきたApple新発表。
忘れられない日になる」がキャッチフレーズでしたからねーー。

普段の平日は基本的に結構遅くまで制作活動に勤しんでいるのですが、本日は流石にワクワクしておりました。

はい。マスオさん並の淡泊さ+ドヤ顔、ジョジョ立ち、デスノ顔(勝った!)でお届けします。
30代独身男性のオヤスミコールなんて聞きたく無いでしょうけれども、本日はお届けしちゃいます。


うん!寝る!ばかー!


Twitterで散々暴れましたが、いやー、なんという思わせぶりなガッカリ発表なんだApple。

ちょっと、自分のTwitterログ貼っちゃいます。



自分をRT! ちょ、appleマジなにやってんだw そりゃあビートルズ大好きだけどさぁ・・
本当に忘れられない日になったhttp://www.apple.com/jp/
RT @TeamDyquem: 今夜12時。Apple発、忘れられない一日になる発表。いったい何でしょうねー。


Apple思わせぶり発表脱力で制作の手が止まった!
beatlesプチ語ってやるチクショウ。
penny laneが好きすぎて柏のpenny laneってバー行ったわ!
hello goodbyeのサビの音階はドレミファソラシドだぞ!
そもそもカブトムシじゃないぞ!
Appleのバカっ


まだbeatles愛を語ってやる!
「If I Fell」でポールの高音が出なくて笑ってごまかしてたトコも、
ジョージマーティンは
「わざわざ彼等を呼び戻して録り直すほどのことはない。人生は短いんだから」
って言ってたけど、
今回のApple思わせぶりイベントはやり直せw




こんなに心を弄ばれているにもかかわらず、更にもう一歩踏み出した自虐展開を渇望する、
下手をしたら真のドMではないかと疑われかねないTeamDyquemで御座います。

失礼な。

まあ、どちらにせよ良い時間なのですけれどもね。
それでは皆様。おやすみなさい。




rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:iPhone
Genre:コンピュータ

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2010-11-17_01:44|page top

iPhoneアプリ作者として歓喜。iAdワールドワイド開始速報を翻訳してみた
2010-11-05 18:29



iAdのワールドワイド展開がとうとう始まるようですね~。

iAds Begin to Go Worldwide as iPad Compatibility Comes in iOS 4.2 / MacRumors.com

まあ、速報というか速報ゴシップらしきモノですけれどね。
情報の真偽までは確認しておりませんので、噂レベルという事で留意頂ければと思います。
m(_ _)m


以下、超意訳ですYO。


開発者らからの情報により、iAdワールドワイド展開が始まっていると報道され始めているようです。
これまではAppleによる米国及び英国制限により、
それらの国(米英以外)ではAdは表示されていませんでした。

今月のどこかのタイミングでリリースされるiOS4.2にて、
iAdサービスをiPadにまで対応させる準備に入り、開発者と新しい顧客へ収益源をもたらします。
またAppleは今週初めにiOS4.2SDKのゴールデンマスターを提供しており、
一般向けリリースも間もなくでしょう。



楽しみですね。:D


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:iPhone
Genre:コンピュータ

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2010-11-05_18:29|page top

CEDEC逃避
2010-09-03 14:06

直近のエントリーにて、平日は毎日更新を目指す旨宣わった矢先にいきなり休憩、もうしわけありませんでした。

まあ毎年恒例なのではありますが、CEDECに参加しておりました。
今年も見所は多かったのですが、地雷率が上がっていた様な気もしますねぇ。
声を大にして叫びたいレポート、今年はやけに沢山あるのですけれども今後も淡々と思いの丈を綴ります。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:プログラミング
Genre:コンピュータ

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2010-09-03_14:06|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。