Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
836位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
124位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
2012-02-22 22:20



ありとあらゆる手を駆使し1mgでも多くの酒を摂取したいと、心の牢獄で鉄格子ガタガタと揺らす本人格を華麗にスルーし、今日も健全に制作へ勤しむTeamDyquemで御座います。
キワッキワです。ギリギリです。そろそろタガが外れます。
浴びる程も呑むのならば、寧ろそろそろ浴びたい今日このごろ。
みなさま、こんにちは。


さて、久しぶり且つ第二回。
「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズで御座います。

以前のエントリー


ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた
ご興味のある方は、こちらも併せてご覧頂けましたら幸いです。


rule
ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術

ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術
平山 尚(株式会社セガ)
秀和システム
売り上げランキング: 8853


 昨今、若い世代の面々がゲームプログラマを志すならば、ゲーム系の専門学校を卒業し、ゲームメーカーへ就活をかけるというルートが一般的になっている事でありましょう。僕自身、もう何年もの間面接官として、そうした希望に溢れる若者達に相対してきましたが、ゲーム系専門学校にて習得できる技術や知識の幅も、以前と比較すれば多様にはなってきている様に思います。

 しかし。

 大抵の人は、ゲーム系専門学校にて数本のゲーム作品制作を体験した上でメーカーへ入社する事でしょう。その過程において学べる事がどの程度のものなのかについては、勿論それぞれの学校にて異なるでしょうし、そもそも僕が正確に把握出来ている訳ではありませんが、どういうケースにおきましてもそれは極々基礎的な部分に留まっている点に相違無いでしょう。

 一からゲームプログラマを志す。
ゲーム業界にて半生以上を費やした今、改めてそうした観点に立ってみる為、本書を手にとってみました。色々と思うところありましたので、幾つかの知見と共に提供出来ればと思います。

 こうした、所謂「ゲームエンジン制作系基礎技術集」的な書籍が、世の中には一体どの位存在しているのかは判りませんが、結論から申し上げるならば本書は実用的であると言えるでしょう。
 現代ゲーム制作技術を学ぶという意味において、「基礎の基礎」というレベルでありながら、基礎だからこそ通過してしまいがちな事象にも深く触れられており、このフェイズをこの深さで習得する事が出来るならば、後の学習にも大きく役立つ様に感じます。

 なにより、SEGAの現役プログラマが経験に基づいた上で執筆しているという点が好印象でした。恐らくは、中堅処の方でしょう。
 正直、例えば専門学校の講師の方らは、その深い知識や高い教育スキルについて些かの異論もありませんが、実際にメーカーから発売される製品としてのゲーム開発に現役で関わっているとは言えず、そうした方が書かれたのだろうなと見受けられるエンジン講説本からは一線を画した本書であると言えましょう。

 実に現場的、リアルな題材群です。
例えば、第8章「平面の衝突処理」。

 本書以外のこうした本における衝突処理解説等は大抵、ググれば出てくる様な数式に絵を付けて、まあ一応コードもつけて、「ほら、こうすれば接触が判定出来ますよ」と締めくくる事が多い様に思います。しかし、そんなレベルの解説では到底現場で実装し運用に耐えられるものにはなり得ません。本当に商業レベルのゲームを制作すれば判りますが、運用には色々あるのです。

 本書における解説では、この「実際の現場には、数式だけでは解決出来ない色々な問題が山の様にある」事を、逃げずにガッツリ取り扱っています。
コリジョン(衝突判定)が持つ課題は本当に多く、美しくエレガントな一意の解というものは存在しません。単体の計算モジュールを資産流用し合理性を上げる事そのものは勿論真でありますが、全体としてはそれぞれのゲームに合った形で昇華させる事が重要です。こうしたスキルは本来、長い年月をかけ、経験と共に築き上げていくものでありますが、本書ではまさにそうした切り口での事例が多く描かれています。


「当たる寸前で止める」
「何回か判定する」
「いつ当たるか計算する」
「見た目と実体のサイズを変える」
「当たったら壁に沿って滑るようにする」
「縦移動と横移動を別々に扱う」
「動く物体同士が当たる」


ここまで書かれている本を見た事はありません。
そして、これら全て、絶対に習得しなければならない技術です。


「あとがき」を拝読し、謎が解けました。
本書著者は、そうした本が無いから書いた、そう述べています。

なるほど、面倒見の良い方なのでしょう。本書全体に散見される「教える事が楽しい」という印象はこのお人柄が産み出した、ある種、温かい一面であります。

本書全体の技術レベルとしましては、上記の通り「基礎の基礎」という位置にあたるかと思います。決して驕り高ぶる訳ではありませんが僕自身としましては、本書から技術的な新しい何かを得られる様な事は在りませんでした。
しかし、だからと言って「じゃあお前が書いてみろ」と言われれば、これはなかなか書けないと言わざるを得ない程に、親切で、読者を真摯に捉えていると言えましょう。


「教える」というスキルの重要性を再確認した一冊。
勿論、本来のターゲットであるゲームプログラマ修行中の方々へ、手放しで勧められる一冊でもありましょう。

良本です。


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Theme:プログラミング
Genre:コンピュータ

comments(0)|trackback(0)|ゲームプログラマの書評|2012-02-22_22:20|page top

ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
2012-02-10 14:03



いつも沢山のご訪問、本当に有り難うございます。
ここの所しばらくは、ガジェット通信寄稿系や技術ネタが続いておりましたので、前々回の告知通り久しぶりにガッツリとSF、宇宙ネタエントリーなどを一つ。

SFや宇宙ネタが大好物であります。最近の曇り続き関東平野天候も、ここが木星だと自分に暗示をかければ楽しめる。三度の飯よりSFが好きで心のHello注意報に胸を躍らせる皆様こんにちは。
気象予報士に警報扱いされるTeamDyquemで御座います。

さて。

rule
気の遠くなるスキもない程の、距離の話

太陽や地球、全ての物の大きさを10億分の1として考えた場合、宇宙や世界はどの様に見えるのでしょう。無慈悲に広大なこの空間は、どの様に映るのでしょうね。
まず、非常に大きな太陽の大きさもこれを10億分の1とした場合、直径は約150cm。バランスボール位になるでしょうか。これに対し、地球の直径は約1.2cm。ビー玉位ですね。これだけでも、恒星「太陽」のメタボっぷりが推し量れる事と思います。カップク良すぎでありましょう。

ビー玉の上には60億の人々が暮らし、そこは無数の動植物達の楽園です。このチッさいビー玉の上には生命が満ち溢れてはいますけれども、そりゃあもうチッサイチッサイ生物達です。人間なんて顕微鏡でも見えません。

その、「顕微鏡でも見えない人間」にとり、バランスボール程もある太陽の大きさはそりゃあ巨大ですが、太陽と地球の距離はどうなんでしょうか。
これが、150m。校庭グラウンドの端にビー玉を置いて、もう一方の端にバランスボールが在る感じです。「顕微鏡でも見えない人間」にとってみればこれはもう無限とも言える遠さの様に思えますが、人類は既に、この程度の距離ならば無人探査機を送る事に成功しています。

では、太陽系の外園部。冥王星と太陽の距離はと言いますと、これが6km。病気です。病気レベルの遠さです。しかし、人類はこの距離を超えた太陽系の外、恒星間空間にまで無人探査機を2機も送り出しているのです。かなりのガッツです。昨日公開された劇場版ベルセルクは全く関係在りませんが、この2機は「ボイジャー1号、2号」と呼ばれ、なんと35年前に出発し現在も通信を行いながら距離を伸ばしています。

恒星間空間とは何でしょう。
恒星とはつまり我々の「太陽」の事であり、太陽系に存在する地球や火星などは、恒星を回る「惑星」ですね。月などの様に惑星を回る天体は「衛星」です。
太陽系は言ってみれば「太陽系村」であり、宇宙には同様な恒星(村)が無数に存在しているわけですが、お隣の村まではめっちゃ遠いのが通例です。この、村と村の間の空間が「恒星間空間」ですね。

さて、この恒星間空間。一体どれ程の距離があるのでしょうか。
我らが「太陽系(村)」に一番近いお隣の村はケンタウルス座アルファ星第2伴星のプロキシマという恒星で、4.22光年という距離に位置しています。
このプロキシマにも、太陽系と同じ様に沢山の惑星が回っていて、太陽系と同じ様に木星の様なガス惑星があり、内側には岩石の惑星が点在している事でしょう。但し、生命が存在出来る惑星系では無い事は確実視されています。

さて、このお隣村への4.22光年は「顕微鏡でも見えない人間」にとってみた場合には如何ほどの距離でしょう。なんと、42000kmです。東京->ニューヨークが大体10000kmですから、それを2往復以上。神様は、ほんとマジで何を考えてこんな設定にしたのだという感じですね。無理ゲーにも程があります。
ビー玉を何個並べれば良いんでしょうかねと計算してみたら、35億個ちょい。地球35億個の距離ですよ。


rule
気の遠くなるスキもない程の、速度の話

一番近い恒星でこのザマなのでありますが、せめて100光年範囲内位はもう少しなんとかしないと、この先、人類滅亡まで経過しても異星人文明なんかを発見する事は出来ません。とはいえ、一番近い恒星ですらこのザマなのであります。。。

もうこの距離になると、化学燃料を燃やしてロケットでなんとかというレベルでは全くありません。100光年とは、光の速さで100年ですからね。

光の速さは秒速30万km。これまた病気です。1秒で地球7周半です。グルグルですよ。(でも、太陽までは8分以上)
これに対し、現在人類が造り出した飛行物体での最高速度は、上記「ボイジャー1号」でスイングバイという天体の重力を利用した加速ですが、秒速40.18km。単に化学燃料加速のロケットだと「ニューホライズンズ」秒速30kmといった所。「光速という名」の、フリーザじみた化け物戦闘力には遠く及びません。
試しに光で100年かかる距離を、このニューホライズンズで行くとした場合、到着までには100万年。

はい無理。解散。


rule
もはや根性論

結局、物理的にまっすぐ飛んで行ってどうにかなるという次元の話ではありません。

個人的に、宇宙には沢山の知性や文明が点在している事にいささかの疑念もありません。時間や距離のずれ等があり、お互いが出会う為の問題点につきましては、
以前のエントリー
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?
上記にても書かせて頂きました。併せてお楽しみ頂けましたら幸いです。

しかし、もしもこの距離問題に対する解が存在しているのなら、「長大な距離を出来る限り速く飛ぶ」という方法自体がもう間違えているとしか言い様がありません。引き戸は、幾らどんなに力を込めて押しても開きませんからね…。
万物全能の何様だか知りませんが、「この事に気がつけるレベル」の知性同士以外の接触は禁止する、というルールを定めたとしか思えません。
ワープ的な技術は酷くおとぎ話的でありますが、何がなんでも実現しなければ舞台の上にも上がれないのです。

ホワイトホール?
空間バブル押し出し方式?
人工ブラックホール2点制御によるワームホール生成?

どれも夢物語ですが、ロケットの燃費を気にしているよりは遙かに現実的な所が悲しいですね。

人の寿命がどれ程延びようとも、文明が衰退し遂に消滅してしまうその前に、こうした技術が実現出来るかどうかは未知数ですが、せめて惑星地球においては、束の様な無数の奇跡が実現する事を期待しつつ、生をまっとうしたいですね。


生命は実に儚く、物理法則は無慈悲この上ありません。
だから僕は、今夜もお酒を呑むのです。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(0)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2012-02-10_14:03|page top

『Aニュース/ガジェット通信』へ寄稿しました「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
2012-02-03 10:57



暴風寒波吹き荒れる日本列島。ここまでくると木星の方がまだ過ごしやすいのでは無いかと思わなくもありませんが、あの惑星の液体水素の海面で300万気圧の深呼吸をしてみたいと思うこの心に寒さの原因がある様な気がしてなりません。

日々、心の温もりを求める本脆弱ブログ読者の皆様こんにちは。
心の体温計が凍結しそうなTeamDyquemで御座います。


今回のエントリー、前回の予告通りガッツリ宇宙ネタをと思ったのですが、特に何の理由も無く予定を変更。ほんと、いい歳してこんな事じゃあいけません。
今年はもっとちゃんとします。アロエリーナの出る幕はありませんYO。


さて。


Aニュース/ガジェット通信』へ寄稿しました

ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学
Aニュース版

モバゲーをディスってる訳ではありません。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|Aニュース、ガジェット通信寄稿ネタ|2012-02-03_10:57|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。