Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
1125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
218位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマが語る。パーティーゲーム等における通信不具合ケアは、ソフトの命運を分ける
2012-07-22 00:13



 照りつけるような照り焼き的な夏がやってまいりました。
紫外線からお肌を守る皆様、こんにちは。
独身アラフォー男性としては、むしろ世間の目線が肌に痛い
小鳥の様な繊細さを持ち合わせているTeamDyquemで御座います。

 最近の更新頻度低下がもたらすクォリティ低下に拍車を掛けるかの様に、長文エントリー化を懸念しておりました。今夜は、バシ!っと短く参ります。
ゲームプログラマと致しまして、感心話を一つ。


rule


 短く参りますね。

 はい。ゲームやってたんです。とある、パーティーゲームなんです。
わいわいと、マルチプレイで。PSPで。

 正直、細かい実装について特筆する事は無いな、瞬時に判断する事が出来ました。
パーティーゲームですからね。そういった期待はしておりませんでした。

 結構古いそのゲーム。
多少なりともその場を盛り上げてくれさえすれば、まあそれでいいかなと、やや投げやりな期待に留めておりましたが、いざマルチプレイが始まってみるとこれが面白い。大変失礼な感想なのではありますが、これが大変面白い。
正直、映像技術などを見るに、特筆すべき点は在りません。在りませんが、しかし、丁寧な造り込みがもたらす作用でありましょうか、ついつい時間を忘れてしまったのです。

 ところがですね。
事件は、突然おきました。
会議室でなんかじゃあ、ありませんよ。


rule
通信断絶

 通信が切れちゃったんです。ゲームストップ!
それまで、何十分遊んでいた事でしょう。
ゲームは進行しています。有利不利の確立に一喜一憂しているんです。盛り上がっているんです!

 いやあ。ばちん!と切れましたね。通信が。
それまで、何十分と進めていたパーティーゲームが通信断絶されると、結構ダメージが大きい。皆様そうでしょう。

rule
シッダールタもビックリ

 この通信方式は、専門的はアドホック通信という方式です。端末同士が無線で通信し合うこの方式ですが、プログラマならばご存じでしょう。まだまだ不安定な通信方式です。

 もしかしたら、在るかな?
 もしかしたら、ちゃんと作ってくれているかな?

 思っていた矢先に、発動しましたYO

自動通信回復!
&、何事もなかったかのようにゲーム再開。

正直、業界人じゃなければ気がつかないレベル!


すごい!すごい!すごい!


エヴァンゲリオンのメガネの少年も大騒ぎです。

 何気なく見えるこの実装は、ソニーよりデベロッパー契約必須事項に含まれていないため、見過ごされやすい項目です。
格闘ゲーム等において、同様の通信障害が発生したならば、問答無用で単なるラウンド終了となる事でありましょう。

 んが、しかし。
パーティーゲームでそれをやってしまったならばその時には、ユーザーに頭があがらない……こうした謙虚な思想が出発点となっていなければ、わざわざこんな大変な実装を工数として計上する事は難しいのです。

 その性質上、プログラマが正直にその大変さを挙げながら、且つ実装の必要性に前向きで、会社的に承認が降りるという複雑なフェイズを経ている筈でありましょう。

 逆に言うならば、このくらいの事をちゃんと出来ないソフトハウスなんかへ、パーティーゲーム系の仕事を卸すべきではありません。結構ありますよ、こういう最低限のマナーすら守れていない会社や、そうした状態のまま発売されてしまった悲しいゲーム。


rule
ナウシカの様な気持ちになって、実装しよう!

 ゲームプログラマ諸君。
 通信状態の回復は別に面倒な事ではありませんが、ゲーム進行状態の維持を心がけましょう。
 重要な中枢データはワンパックにしておくのです。
 そのクラスインスタンスさえ生きていれば、全てを再生可能!そうしたデータ運用が大切だと僕は思いますし、こうした思想は、昨今の「なんでもマイクロカーネル化」トレンドを採用する過程において大変有用でありましょう。

 ある処理をしなければならない、その処理を担当するクラスはその処理だけを行えばよい。
「オブジェクト指向」という言葉が死語として朽ち果ててしまっているかどうかはともあれ、「モジュールの役割分担最小化」という概念だけは、仮に千年後の未来におけるプログラミングにおいても、有効な考え方でしょう。これ以上合理的な考え方など在りはしませんからね。


して、そのゲームとは!?

別に、ステマでもなんでもないので採り上げる必要も無いかなとは思いましたが、一応挙げておきますね。

いたストです!




寧ろ、パーティーゲームであるにも関わらず、こうした気遣いの全く見られない幾つかのゲームを、おもいっきり断罪したいくらいでありますが、伏せておきますね。


rule
時代は、エラーセーフ

 プログラムへ沢山のAssertを仕込む事は、一定の品質保守における通例です。
しかし、それだけで終わってはいませんか?

 現代ゲーム制作において大切な事は、それだけではありません。
昨今のOS複雑化に伴い、銀行ATMに求められる様なエラーセーフ実装に対する重要性が見直されてきています。仮に何か、システムとして進行不能な状況が検出されたとしても、システムは、出来る限りセーフティに進行し続けなければなりません。
 この事が、ゲームにも求められる時代になって参りました。


 次回は、この辺りをじっくり掘り下げましょう。



// ==================================================================== // rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|プロが語るゲーム開発|2012-07-22_00:13|page top

ゲームプログラマが語る。脳を科学するけど、NZT48とロバート・デ・ニーロがゲーム業界を変える
2012-07-03 00:46

変なスイッチが入る

 NZT48。
我々頭脳労働者にとり、命に替えても手に入れたい、ドラゴンボールも真っ青なアイテムであります。

 NZT48。
某アイドルグループ一派とは何の関係も在りません。

 NZT48。
はい、本当に関係ないんです。総選挙とかじゃないんですが、関係者はなぜこの命名をしたのだろうという意味を込めてもう一度盛り込んでみました。


rule

 右を見ても左を観ても。古今東西、津々浦々。雨後の竹の子も根腐れが心配になる程のIT産業大躍進。そんな中、自分のような零細ゲームプログラマもまた、この時代になんとかしがみついて行くべく努力を重ねているわけでは御座います。

 頭脳労働と言えば聞こえは良いですが、IT業界数々あれど、我々ゲームプログラマ界における苦労もまあ大変なもので。公の場でつらつらとグチを重ねるわけでは御座いませんのでご安心頂きたいのですが、アラビア半島北西部を彩る死海の底から死海文書を掘り当てなければならない程にネタが枯渇している当ブログ。
 本業のゲームプログラムだけを頑張っていれば良いものを、どうしてもこう、色々と手を出してみたくなるお年頃で御座います。まあ、アラフォーですが。

「ツバメもタカとして生きねば、飛ぶことも叶わぬ世なのだ」と、
某、風の谷の族長ジル様も申している事でありますしね。
ほんに永い苦しみによう耐えた。強い子じゃった。

 こういうネタならば、本当にもう、無限に且つオートマチックに繰り広げる事の出来る我が不思議なシナプス構造をもったMY脳みそ様なのですが、中の人を暴走させるととても面倒なので、僕がマネージメントをしています。


rule

「脳内」で繰り広げられる様々な事象には、本当に本当に、まだまだ誰も知らない秘めたる物語が、広大に敷き詰められているとは思いませんか皆様。

 ここ数年、脳科学やそれらにまつわる学術的な知見と、創作めいたエンターテイメントの融合に、とても興味があるTeamDyquemで御座います。


rule

さあ。さて。

ちょっと実験をしてみましょう。
(まあ、ネットで有名になった小ネタなんですけれどね)

以下の文章を、深く考えずに流し読みしてみて下さいな。軽く、ね。


「チームディケムさん、かっいいこ、かっここい、
すてきすきて、作るゲームみんおなもしろい!」



痛いとか言うなよーーw

痛いとか言うなって^^;



心が痛いのは俺の方だバカヤロウ!アラフォーなめんな!

(゚o゚;) ハッ!
失礼しました。


 脳内において、神経細胞やニューロンが造り出す「記憶という奇跡」が司るその特性に比較すると、視床下部や下垂体ホルモン、それに類する自律神経や交感神経が紡ぎ出す情報処理能力は、圧倒的な処理速度を誇ります。
言ってみれば、前者はメモリ容量。後者はCPU処理速度であると言えましょう。

上記の実験、なんとなくちゃんと読む事が出来ませんでしたか?
ディケムさん!カッコいい!カッコいい!って(だまれ)

よく見れば判る誤字が散見されていますが、「軽く読む」。この時、人体学的には当たり前の現象なのですが、交感神経が大きく幅を利かせて参ります。
情報精査を阻害している身近な証拠ですね。
大抵の人間にはこの症状が現れますが、別に病気ではありません。敢えて分類するならば、「錯覚」でしょうかね。
パブロフとも言えますね。「パブろってんじゃねえよ」とは限定的に使える言い回しですが、就活での使用はオススメできません。


rule

 さて、我々ゲーム業界におきましても、本気でクリエイトを志すフェイズに携わっているならば、この現象を利用する事を学んでいる方も多いのではないでしょうか。
もう少し丁寧に言えば、人間の持つこの現象と、産業を組み合わせています。

 例は無尽蔵にあるのですが、入門編として、簡単な例を。
我々はこれを「ゲームセンター理論」と呼んでいます。


 ゲームセンターに置かれているゲーム。まあUFOキャッチャーやプリクラには又別の理論があるのですが、ここは普通のゲームを想像して下さい。ダンスゲームでもなんでも。

 ゲームセンターに買い取られたゲームはその店舗の裁量で運用されますが、一台一台はとても高価。そんな機械を買ってもらうために、我々作り手は、「三分でゲームオーバーになる」事を難易度調整的にある程度保証しています。
誰もが百円で一時間もプレイできるほど簡単では、採算が取れないからという前提に基づいてるわけです。
一般的なゲームにおけるゲームセンター側の損益分岐点平均が、百円で大体三分。これが、黎明期からの通例なのです。

 だけれども。
 百円入れて三分って、ちょっと損している感じがするでしょう。ちょっと短いですよね。
とは言え、我々クリエイター側から、これを延長する提案は難しい。畑違いでありますし、何よりも、ゲームの本質を超えた経済的事情が跋扈しているからなのです。
しかし、我々には我々の出来る事があるんです。
「三分」が伸ばせないのならば、その三分をいかに楽しんでもらうか工夫をする。これですYO。

まあ、ゲーム業界に勤める個人個人のスキルがまさに財産となってモノを言う分野でありますもので、
この段階ではまだまだ、詳細は出し惜しみしますけれど。

ともあれ、ここに、上記の錯覚誘因技術が台頭してくるのです。

 ついついフワっと書いていたら、中々面白い展開になりましたので、
これはまたガジェ通さんに寄稿しようと思いました。ネタGET。
「ゲームセンター理論」に関しましては、またガッツリと改めますね。


さあて、さて。


とっぷりと、大好きな脳科学トークに勤しんだ所で、本題に戻りますYO!


 NZT48。
某アイドルグループ一派とは何の関係も在りません。


 Robert De Niro(ロバート・デ・ニーロ)氏を好きな方ならば、既にピンと来ているのでしょうか。
既に知ってたよ!という方!
僕からあなたへ、「シナプスの繋がりが効率的ですね!賞」をプレゼント。
シナプスが首都高みたいに合理的な繋がり方をしていますね。事故に気をつけて!


 漸く本題なのでありますが、昨夜AppleTVでふらっと観た映画。


リミットレス / Limitless 2011年【米】 上映時間:105分

デニーロはまあ勿論なのだけれども、Bradley Charles Cooperがすんごい格好いいなんだこの人、知らなかった。


今回は、「脳」についてエントリーを展開させて頂きました。

 貴方の「脳」は今、何を考えていますか?

 それって、ほんとに貴方の考えですかねー。
 操られてるんじゃないですか?

 すっげぇチープその考え!wwww 爆笑!


さーせんw 僕もそう思います。


けれど……「爆笑」しているのも、本当に貴方…・…ですか?



 さあ、さて。

IT業界に勤める貴方。
頭脳労働で生計を立てている人すべてが、観るべき映画です。断言します。

「NZT48」がもたらすであろう、至宝感は、是非、貴方のめで直接確かめて下さい!

こんなにも面白い映画は本当に久しぶり!
やばかっった!BD購入決定です!

さてちなみに、一頃は結構観ていたんですよ!
そんなブログが残っているので、裏メニュー的お品書きとして。

昔のブログ




今回は、構成無視の走り書き。
お見苦しい文章でごめんなさい。
と、言いつつ、ちょっとだけ告知を。

今回の脳ネタはちょっと伏線的な。
今年はなかなか表だった活動が出来ていませんが、
勿論、がっつり動いていますYO
ちょっと時間がかかっておりますが、年末くらいにはお知らせ出来たらな、と、頑張っております


希望について(type-B)(初回限定盤)



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事

Theme:宇宙文明
Genre:サブカル

comments(2)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2012-07-03_00:46|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。