Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
1313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
222位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマが語る。「○を押せ」「×を押せ」? 割とガチでQTEをディスってみる
2013-05-07 23:34



スマホでご覧頂いている皆様。本エントリーは、PC版サイトでの閲覧を是非、推奨致しますm(_ _)m


 人恋しさに苛まれ、今日も今日とてゲーム三昧的な幸せ感を醸し出しながら、ここのところ、手を出すゲームが全てが色々と特殊な感じ。。
まるで、神経が鰹節のように削り出されているTeamDyquemで御座います。

 それなりに色々なゲームに手を出してはみながらも、時折、楽しさが憎しみにジョブチェンジしている皆様、こんばんは。
それは、僕の事でした。すみません。
 DQ7、おまえの事だw

 いやしかし。
最近購入致しました「大神 絶景版」、こちらは大変楽しく堪能させて頂いております。

 まあそれはともあれ、「大神」と言えば……?


rule

 ゲームに載せるべきでは無い要素は数々ありますが、一般的に認知されているであろう代表例を幾つか挙げてみるならば、次の様なものが当てはまるのでは無いでしょうか。

スキップ出来ない長尺ムービー?
セーブスロットが一つ?
有限コンティニュー?

いやいや。QTEでしょ。

QTEとは。
デモ中やムービー中、画面に表示されるコマンド「○」や「×」等を上手に入力出来るか否かによって、その後の展開が分岐するというもの。いわゆる「クイック・タイム・イベント」の略ですね。



悪名高いバイオのQTE


 そもそもの大前提として、娯楽としてのゲームというものは須く、遊んでいて楽しいものでなければなりません。
 敵の攻撃をかいくぐり、敵を倒すことが出来て……と、その様に当たり前の要素をただ漠然と制作していても、決して楽しい作品に仕上がる事のないゲームでありますが、これは、ある程度実証された根拠に基づいた理論の上に成り立つ、至極当然の事象です。
 ゲームの面白さとは、昇華されたゲームメカニクスという理論の上に構築されて初めて産み出されるものであるからです。

 こちらの話題に関しましての詳細は、以前のエントリー
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」


上記も、併せてご覧頂けましたら光栄です。


rule

 そうした、ゲームの楽しさを追求するための理論へ、相反する立ち位置にある要素が、QTEだと僕個人は考えています。誤解を恐れずに極論を展開させて頂くならば、正直、その存在自体が害悪であるとすら思っています。
 この、QTE。何が一体、僕をこうまで激昂させているのでありましょう。

 大凡の通例と致しまして、QTEが行われる背景には、デモやそれに類する物が再生されている事でしょう。そしてやはり大抵の場合には、何の前触れも無く、また、そのシーンに対する一片の描写的な説得力すら携える事もなく、それは突然現れます


画像、もっかい使ったった

 この時、初見ユーザーの脳内においてはまず何よりも、この事態に対する困惑が巻き起こっている事でしょう。なにしろ、それまではただデモを鑑賞していただけなのですから。それは、美麗なデモムービーであったかもしれません。感動的なシーンの後において、エキサイティングな展開を予感させる、なんとも心躍る一シーンであったかもしれません。
 しかし、ユーザーのそんな心理にはお構いなしに、突然、――大抵は、その制作チームにおける残念なディレクターの一存により実装された――QTEはカットインで乱入してきます。
 現代のゲームユーザーならばまあ大抵、突然現れたその横柄な強制イベント、「○ボタンを押せ」的な思慮の欠片も感じられないその御題を、まあそれなりにこなしてしまう事でしょう。
 ――慣れている――そう、言えるのやもしれません。
 それまでに感じていた楽しさや、エキサイティングに高揚した気持ちを無慈悲に中断され、その御題に従って○ボタンを――やむを得ず――押す事でしょう。
 別にですね……、
「ああ! これはいつ○ボタンを押せと言われるやもしれないぞ! ああ、これは気が抜けないぞ! これはハラハラドキドキするぞ!」
等と、考えているわけではありません。
 あくまでも、やむを得ず、面倒くさいけれど押さなければ仕方が無いから、○ボタンを押すのです。

 こんな仕組みの存在に、何一つ心躍る要素など存在してはおりません。ゲームメカニクスや楽しさの理論などお構い無しですからね。
 こんなものを起案する愉快で困ったディレクターへ、僕はいつだって、苦言を呈せずにはいられないのです。ユーザーへは勿論、作っているチームにすら悲しさの旋風を巻き起こす、残念な残念な要素なのですから。


rule

 殆どのパターンにおいて、その存在自体に何も意味が無いどころか、ユーザーにとっては寧ろ害悪であると、僕個人はそう確信すらしているQTEでありますが、実際にはもう少し細かい幾つかのパターンに分類する事が可能です。
 中には、効果的に機能している作例もありますが、まあ、併せて比較してみましょう。

ボーナス加算系

 まず、格闘ゲーム等によく見られるパターンですが、なにか必殺技の様な特殊なアクションを繰り出した際に発動するQTEで、その入力結果によって与えるダメージが変化する等といった効果の現れるパターン。
 これは、「まだマシなQTE」です。
 まあ、あくまでも付加要素に留まっている感がありますが、美麗なデモを見ている最中に、思考を中断される罪に変りはありません


拡張ページ送り系

「ああ、このままでは爆弾が作動してしまう!○ボタン連打で、爆弾を解除するんだ!」
 そう御題が出されはするものの、○ボタン連打に時間制限やノルマは無く、失敗してゲームオーバーになったりする事もなく、単に、一定以上の連打が確認されればシーンが進むというもの。
 これは、「まあ微笑ましいよねQTE」です。
 これを、QTE等という汚染されたジャンルに仕分けする事は、やや憚られるかもしれませんね。個人的に、この手の演出ならば寧ろ楽しむ事が出来ます。


ストーリー分岐系

 デモの最中に、「○か×を押して、ストーリー選択!」と題され、その結果によって進行が変化するタイプ。
 たっぷりと余裕をもった設定の時間制限切れも選択肢の一つで、それぞれに描写的な意味があり、どの選択肢にも極端なネガティブ要素が設定されていないならば。
 これは、「エキサイティングなQTE」です。

 FF13-2の序盤では、効果的に運用されていましたね。
これほど、心に余裕を持った状態で楽しめたQTEはありませんでした。

 さて。

クリアしないと進めない系

 失敗すると即ゲームオーバーであり、そのチャレンジを避けて通る事も出来ないケース。
これが、「最も禍々しいQTE」です。

 敢えて作品名を挙げ断罪する様な事はしませんが、ちょっと思い出してみるだけでも、結構な数のタイトルにおいて採用されていますね。
 ゲーム本編はとても秀逸で楽しいにも関わらず、何故か要所要所に極悪QTEが配置されている作品も多く見られ、開発チームの悲しさが伝わってくると同時に、残念で愉快なディレクターがまだ業界に跋扈している現実を嘆くばかりです。


rule

 アンバランスなQTEが無理矢理載せられているであろう殆どの作品では、こんなチープな要素になんぞ頼らなくたって、充分に魅力在るコンテンツでありました。
 多くの現場の人間は――特にプログラマは――こんな仕組みを作らなければならない事に大きな悲しみを感じている事でしょう。
 大抵は、要素の水増し感の為であったり、単に自分がプレイ慣れしてしまっている事に気が付いてすらいない浅はかなディレクターの「なんか単調じゃね?」の一言で実装が決定される極悪QTE。

 面白くないものは、面白くないのです。
 全国の現場の皆さん。心血を注いだ作品が汚されてしまわない様、勇気を持って立ち向かって参りましょう。


rule

 最後に。
ドラゴンズレア」さんや、「タイムギャル」さんをディスっているエントリーでは御座いません。
古き良きレーザーディスクゲーム、昔よくやったなー。
すぐ死んでたけど。


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|プロが語るゲーム開発|2013-05-07_23:34|page top

ゲームプログラマがPS4とかを語る。オカンに聞かせる程かみ砕いて語る
2013-05-01 22:54



 愛車のエンジン警告灯が点灯し、固定資産税は値上がりし、ミニロト1等を一桁違いで取り逃す。そんな毎日を繰り返しているともう、なんだこの中途半端でネタにもし辛い不幸ぷりはと取り乱し、なんかこうもっとガツンとパンチの効いた不幸は無いのか貴様らと憤慨し始める。

 自虐ネタが枯渇するという状態を残念に感じ始めたら、僕はもうダメな気が。
 心のデバッグが捗らないTeamDyquemで御座います。皆様こんばんは。


 さてさて。

rule

 閃光のようにその概要が発表され、業界を沸かせた期待の新星PS4PS3の登場より、実に七年もの歳月を経て放たれる、正真正銘次世代機。シルエットや詳細については伏せられていながらも、高い性能の一端を垣間見せてくれました。
 今後、早ければ年末にも発売されるであろうそのXデイへ向け、数々の情報が公開されていく事でしょうが、現時点における材料を用いながら、このマシンを俯瞰で眺めてみる事にしましょう。

 まず、何よりも衝撃的であった点は、メモリの搭載量でありましょう。なんと、8GB(ギガバイト)です。
 8GBというのは、8192MB(メガバイト)の事でありますが、PS3やXBOX360で512MB。PS2では32MBでありますから、その大きさはまさに桁違いですね。

 CPUやメモリ帯域も、比較にならないスペックです。
 PS4に搭載される8コアCPU。これは、同時に8個の処理を行えるという意味ですあります。メモリ帯域は転送速度に直結。GPUと呼ばれるグラフィックを司るチップも、16機のユニットを積んでいる大変な高スペックっぷり。

 こうして、CPUが良くなったりメモリが増えると、どんな恩恵が得られるのでしょう。
 簡単に表現するならば、メモリとはキッチンの広さです。
 CPUコアの数は、まんま調理人の人数と言えましょう。
 GPUは、出来た料理を盛りつける人です。

 PS2では高校生が一人で幕の内弁当を盛りつけていました。
 PS3では専門学生が8人で同時にとりかかっていました。立派な会席料理です。
 PS4では、広々としたキッチンを一流シェフがのびのびと使いながら、エリート官僚16人がかりで盛りつけフル稼働。
 まるで宮廷料理のようなゴージャスさなのです。
 なんとも食欲をそそる盛りつけなのです。


rule
パソコン並?

 さて。
 よく言われているのは、これではまるで現代のWindows搭載パソコンそのものじゃないかという意見。
 確かに、PS4は現代のWindowsパソコンに匹敵するポテンシャルを備えています。現時点における平均的なパソコンと比較しても、結構な高スペックですからね。
 誤解を恐れずに、強いて現代PC換算するならば、今、秋葉原で98000円位で売られている、ゲーム向けミドルPCと良い勝負という所ではないでしょうか。

 PS2、PS3、XBOXやWiiどれを見ても、これまでのゲーム機というものは全て、専用設計専用ロジックのゲーム特化マシンでありました。これにより、PCと比較すれば考えられないような低価格でありながら、その時代時代におけるPCに匹敵する様な能力を発揮してきたのです。

 しかし、今回はまさにPCそのものでありますからね。
 この選択の恩恵はなんでしょう。


rule
マルチプラットフォーム開発時代

 ゲーム開発を行う為にはその機種専用の開発機材が必要となりますが、一般に、こうした機材というものは大変に高価であり、使用方法は非常に特異。その特性を考えれば仕方の無い所でもあるのですが、基本的には使い易いとは言えず、遅く、重く、壊れやすい奇怪なハードウェアです。

 こうした機材を使用して馬鹿正直に開発をしていては効率が悪すぎる、そう気づき始めた技術者達はPS3開発初期時代、早い所ならばPS2の頃から、なんとか出来る限り機材に依存しない、機材レス開発が行えないものかと模索を始めます。

 最も優れている環境は、Windows下での開発と実行である点は業界通例なのですが、それもその筈。Windowsで開発し、そのままその画面上でゲームを確認出来るならば、こんなに手間いらずな事はありませんからね。

 Windows上で動作するプログラムを、ほぼそのまま、PS3やPS4でも動作させる事が出来る様に、プログラムの根幹部分を設計する技術。これを、マルチプラットフォーム開発等と呼び、昨今、大抵のメーカーは自社製のマルチプラットフォーム機構を準備しています。

 PS4は、本来のポテンシャルが非常にPCライクであるが為に、こうしたマルチ開発を大変に築きやすいハードウェアであると言えるでしょう。
 これはつまり、開発のし易さへそのまま直結しています。
 開発効率が上がるという事は開発コストが下がり、開発工程が短縮されるという事でもあり、その削減された費用と時間を、ゲーム造りへ、ゲームの面白さを追求する行程へと転換する事も可能となるのです。


rule
PS4なら、簡単に高クオリティ?

 PCライクで開発がし易く、強力な機能により技術者へ過度の工夫を求める事なく、高クオリティの面白いゲームが生み出せるかと言えば……。
 勿論、そんな事はありません。
 ありませんが、PS3やXBOX360の様に、空前の奇怪さを持つ超特殊なハードウェアと比較するならば、ある意味でそれは真でもありましょう。

 幾らPS4だからと言っても、幾ら8GBという潤沢なメモリが搭載されているのだとしても、勉強不足の技術者には3Dモデル一つまともなパフォーマンスでレンダリングする事も叶いませんし、広大なメモリを効率的に扱う事も出来ないでしょう。
 しかし、ある程度の実績と経験のある技術者にとってみれば、この機械はまさに夢の様なハードウェアであると言えるでしょう。


rule
XBOXインフィニティは?WiiUは?

 ちらほらと噂が小出しにされている感もありますが、そろそろ発表されるであろう次世代XBOX。噂ではインフィニティと名付けられるとか、られないとか。
 何ら発表すらされていないスペックに関しても、PCライクであるという大方の予想ですね。XBOX自体が元来PCライクではありますし、まあ、PS4に近いスペックであるとして話を進めましょう。

 次世代XBOXとPS4双方が近いポテンシャルと近い思想を持っているのだとするならば、コンシューマ系技術者にとり、これ程嬉しい事はありません。
 その合理性により節約される膨大な時間のおかげで、来シーズンはゆっくりとホリデーを楽しみながら、ゲーム本質部分の作成に注力する事も可能でしょう。

 しかし、残念ながらWiiUは依然として旧タイプであります。
 マーケティング戦略においてWiiUを含んだ形においてのマルチ開発が採択された場合には、該当ラインのプログラマに関して、ホリデーは半減する事でしょう。

 いずれにせよ、今年は久しぶりの新機種ラッシュ。
 我々と、そしてユーザーを取り巻くコンシューマゲーム環境は一歩、PS3等が登場した七年前と比較すれば更に大きな一歩をまた、躍進する事になるでしょう。

 何とも楽しみな時代がやって参りましたね!



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|ゲーム機|2013-05-01_22:54|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。