Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
978位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
176位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマが語る。僕は、任天堂系ゲームが苦手だ
2014-01-15 22:40



 この世界に、「TVゲーム」というコンテンツを確かな産業として昇華させる事となった立役者。それはもう、誰しもが疑いようもない任天堂。
 その歴史を丁寧に紐解いていけばそこには、多彩な玩具開発の時代よりあくまでもユーザビリティに拘り抜くという企業スタンス、コンテンツカラーへの拘りを深く感じ取る事が出来る。黎明期の昔から現代に至るまで一貫した、そして時に過剰なまでの、ユーザー至上主義を主体としたゲーム造りには、頭が下がるばかりです。


「完成された遊びの配置」
 そうした表現が適切かどうかは判りませんが、彼等の生み出すゲーム達には一貫して、高度に計算されているのであろう「遊びのレール」が、網の目の様に張り巡らされている。
 谷底ギリギリよりBダッシュで繰り出したロングジャンプの先には、羽の生えたカメがフワフワと緩く進路を妨害してはいるものの、それを踏みつける事に成功した暁にはアドレナリン噴出モノの連続ボーナスが待っており、踏みつけに失敗したとしても、その落下先には適切な救済策が張り巡らされている。ロングジャンプをしないというルートを選択してさえも、それどころか、ありとあらゆるルートその全てへ、一切手の抜かれていない徹底的に計算された遊びが敷き詰められている。

 ここではこれを、「完成された遊びの配置」と表現してみる事にします。


 一方、海外ゲームに多くみられる所謂「箱庭型ゲーム」を例にとってみましょう。「グランド・セフト・オート」シリーズや、「SKYRIM」等が良い例となりましょうか。
 そこには、徹底的なクォリティで用意された箱庭舞台が待ち構えており、降り立ったプレイヤーへ用意された道筋は無限大。その進行の大半をプレイヤーが自由に選択し、能動的な行動に紐付いた可能性が常に用意され、ゲームシステム側の干渉が最小限に留められている、そんなゲーム達。

 ここではこれを、「完成された自由の配置」と表現してみる事にします。


 僕は、このどちらのタイプのゲームも大好きではあるのですが、一方では、それほど得意ではありません。

 前者。言ってみれば、なにやら「遊ばされている」感が強く、何を行うにしても開発者の思い通りなのだろうなという、ある種の興ざめ感が。

 後者。何を行っても、究極的にはその世界における一つの出来事に留まっており、殆どのケースにおいて意味のある親展や進行の発生しない、せいぜいトロフィー集めに過ぎないかの様なある種の虚無感が。

 どちらのタイプのゲームもそれぞれ、僕に何か、言いしれない違和感を抱かせるのです。

 こうした気持ちは全て、「わがまま」にカテゴライズされる欲求なのかと思います。
 僕は、ゲームを開発し提供する側の人間ではありますが、同時に一ユーザーでもあるわけで、この二面性を大切に扱っているつもりです。ユーザーとして感じる事はユーザーのまま捉える事で、自分に還元出来ればと考えています。面白ければ面白いと叫び、違和感を感じれば騒ぎ立てる。

 そうして、ある種自分本位に自分の感覚と向き合ってみると僕の中には、上記二タイプのゲームどちらに対しても、なにかこう、釈然としない違和感が確かに居座っていて、それは「わがまま」なのでしょうけれども、何とも言えない消化不良感に苛まれておりました。

 今日、その一つの答え、とまではいきませんが、少なくともその片鱗を見た様な気がします。

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」


 なんだこれ、メッチャメチャ面白い。
敷かれたレール? レール万歳w

「理論こねくり回して能書き並べる前にやってみろ系」代表格ですねこれは。
 まだ中盤辺りだとは思うのですが、不満らしい不満点がまあ出てこない。
 恐らく、これまでの任天堂コンテンツ同様、沸き上がる潤沢な資金の元、想像を絶する様な調整時間を掛けているのだとは思いますが、ここまで徹底してお膳立てされるともはや、両手を広げて楽しむ以外に手はありません。

 なんというか、安心感がありますね。

 ここをこうして、こうなってこうなっちゃったらイヤだな、とかそうした不安が一切ありません。
 モンスターをハントする系のゲームで初期のナンバリングでは、楽しみながらハラハラドキドキ狩りをしているつもりでも、開発チームの求めたプレイ効率を発揮出来ていなければ問答無用でタイムアップとなり、結果「想い出しか残らない」……そんな不安がこのゲームには(あまり)在りません。

 これまでの任天堂系ゲームにはどうも、用意された手順通りに遊ばされる、そんなレール感が拭い去れなかった事実が確かにありますが、今作はまたその領域を一つ超えてきている印象ですね。

 失敗も成功もコンテンツの一部。その体験そのものがゲームの一部へ組み込まれ、それらは最後まで正しく機能しているかのような。
 一人のゲーム開発者としてまた一つ、お手本とするべき素晴らしいゲームに出会えました。

「クリアしちゃうのが勿体ないのでゆっくり遊ぼう」を久しぶりに体験しましたよ。

僕はどうやら、任天堂系ゲームが……好きになってきた。

ほんと、ゆっくり遊ぼう。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Theme:ゲーム
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|ゲームネタ|2014-01-15_22:40|page top

ゲームプログラマが語る。PlayStationNowのとんでもない攻撃力
2014-01-10 14:07



 2014年ですね。あけましておめでとう御座います。
年明けからまあ色々と慌ただしい感が続いてはおりますが、まだ1月10日なんですね。

 猛暑だ酷暑だと項垂れていた事もつい先日の様に感じられますが、今度は大寒波。
この惑星もそろそろ、本格的に潮時ですね。

 そんなこんなで、TeamDyquemで御座います。みなさまこんにちは。


rule
PlayStationNow発表!

2014年1月7日ラスベガスにて開幕されたCESにおきまして、平井一夫CEO基調講演の中、
クラウドゲーミングサービス“PlayStation Now”が発表されました!

 来ましたねー。ついにきました、この発表。ソニー陣営のこの発表は、まさに王手。
 対抗勢力であるXBOX勢や任天堂系コンソール、果てはスマホやiPhoneマーケット等に対しても、強力な一手となる事でしょう。
これからのゲームスタイルは、大きな変貌期へと突入するのですよ。

近年、ソニー陣営のマーケティング部隊、いや、ひいてはその開発体制からなる布陣は本当に秀逸です。
ガチで数年先を見据えていますからね。
現在ある対抗機種の状況等に振り回される事なく、これからのゲーミング事情とマーケットへ腰を据えて対峙しているのでしょう。


●以下、PS3ゲームに加え、PS4ゲーム等が追加される事を仮定した記事として展開致します


rule
どんな技術?

 ソニーサーバーセンター内にPS3やPS4がたっくさん積まれているような情景を想像して下さい。
手持ちのVITAやスマホから、インターネット経由でこのセンターへアクセスし、センター内のPS3やPS4と接続されます。
するとですね、センター内でPS4等が動き出し、PS4等のゲームが起動され、その画像が手元のVITAやスマホへ動画配信されるんです。
手元のVITA等で操作すると、センター内のPS4等が同様に操作されますので、
事実上、手元のVITA等でPS4等のゲームがプレイ出来る、と、そうした仕組みなのですよ。

 もの凄く簡単に言えば、「プレイ出来るYouTube」ですね。
PS3、PS4レベルの高精細なゲームプレイ「動画」……なのですが、
コントローラーで、動画を「実際にプレイ」出来るのです。

そんな事できるの? 画質が荒かったりしない?
 そうした懸念もあるかと思いますが、
 ソニーは長年の研究(そして、とある企業買収)を経て、そうした懸念を全て技術的に解決し、商業レベルに昇華させ、
VITA-TV等の仕込み陣営配属を十分に根回しした上で、この発表へ到達したのです。

 一般的に安易に懸念される事への技術的根回しは存分に行われた後の、「普及期」というフェイズに突入したと言えるでしょう。


rule
VITA-TVが秘めていたポテンシャルが、解放される

 VITAから液晶画面とボタン類を排除し、テレビに接続し、PS3等のコントローラーでVITA用ソフトを遊ぶ事の出来る、
「VITA-TV」が、先日発売されました。

 この機種を見て、皆さん何を思いましたか?
正直、なんとも微妙な商品だなーと感じたのではないでしょうか?
1万円を切る安価だとはいえ、テレビに繋がらなければ遊べないわけですからね。
ならば1万8千円まで捻出し、新品の新型VITAを買おう、そう思われた方も少なくはないでしょう。

 しかしですね、VITA-TVの本領はここからです。
PlayStationNowを組み合わせて初めて、VITA-TVの潜在的なポテンシャルは一気に解放されるでしょう。

 VITA-TVがあれば、PS3、PS4ゲームが遊べるんですからね。
寧ろ、PS3やPS4こそ存在意義が問われかねません。

VITA-TVとはまさに、この為の布石だったと言えるでしょう


rule
対抗機種のこれから

 WiiUや3DSあたりも、その思想へ追従する可能性はあるでしょう。
元来、WiiUのスクリーン分離思想は、そうした基礎技術を母体としてはおりますので、
ストリーミング技術に目処がたつならば、可能性はありそうですね。
まあ単に、ファミリー向けゲームコンソールとしてその棲み分けが進む事になりそうではありますが。

 スマホで展開される簡易ゲーム達等とも、存在意義を大きく分かつことになるでしょう。
デバイスとしての協力体制は維持しますが、あくまでもPlayStationNowとして構成されるツリー内の、
単に一デバイスとして存在させる事が合理的になるであろう点も、想像に易しい所です。

 PlayStationNow端末として見た場合、ストリーミングだけ行う事が出来れば良いのですから、
スマホのグラフィック機能を躍起になって向上させる行為は必然、意味を失っていくかもしれません。

 これはつまり、基盤となるゲームプラットフォームを持たないiPhoneやAndroid 陣営には、
ひっくり返っても真似する事の出来ない基底マーケットの敷設が始まった事を意味します。
「PlayStationNowプレイヤーアプリの審査は通さない」その位の抵抗は出来るかもしれませんが。
(Appleなら、やりかねませんが)

 更に言えば、PlayStationNowサーバーから見た場合、配信先がVITAだろうとスマホだろうと大した差はありません。
極端な話、3DSやWiiUへ、PS3やPS4のゲームを配信したって良いのです。

3DSで、PS4のゲームをプレイする。

 こんな事だってもはや、――技術的には――何の問題も無く実現出来るのです。


rule
開発メーカーにとっては、ノーリスク+追加リターン

 この技術がもたらす大きなメリットの一つとしまして、我々ゲーム開発メーカー側にとって、
計上すべきリスクが殆ど存在していない点を挙げる事が出来るでしょう。

 特に何か面倒な対応が必要だという事は無く、ソニー側にて――言ってみれば勝手に――対応してくれている様な形です。
PS3やPS4向けに制作されたコンテンツであろうとも、
ユーザーが望むならばその都度、即座にVITA等へ配信され、
その運用利益はソニーへ、そのロイヤリティーは開発メーカーの追加収益に回り、
それによって生まれた余力によりまた良質なコンテンツが生まれるという、この構図。
 ユーザー、開発メーカー、そしてソニー三者において、まさにWin-Win-Win の関係です。
全員が勝者であり、デメリット等どこにも存在していません。



 これはなんとも、楽しみな時代がやってきましたね!



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事

Theme:ゲーム
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|業界ネタ|2014-01-10_14:07|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。