Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
978位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
176位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
2014-02-23 23:21



 吹雪だソチだ大雪だと、世間はなんとも雪景色でありますが、日本ゲーム業界はホットです。
いよいよ発売されましたねPS4。我が家にも早速届けられました!なんとカッコイイ機体でありましょう。
 取り急ぎ、手元には同梱されていたKNACKとトゥームレイダーしかありませんが、これから数年間は確実に我がリビングを彩るパートナーでありますからね。ゆっくり楽しんでまいりたい Team Dyquem で御座います。皆様こんばんは。




 さて。


rule
今さら聞けないシリーズ

「フレーム」「60コマ」「16ミリ」など、フレームレートに纏わる単語は色々とありますが、これらは元来、純粋に技術的なキーワードでありますし、企画さんやデザイナさん、中には新人プログラマの方にも、これらの意味をそれほど深く掘り下げずに使用している方も多いのではないでしょうか。

 まあ、ゲーム制作に纏わる技術的キーワードはそれこそ無尽蔵に在りますからね。
細かい専門外知識はふわっとしたまま捕らえ、餅は餅屋でやっていくのもまた一つの在り方であるかとは思いますが、フレームレート周りの知識は重要な部類でありますし、ゲーム屋としてやっていくならば把握しておいた方が良い仕組みですので、是非ここで覚えてしまいましょう。


rule
フレームって何?

 ゲームや映画、テレビ番組、スマホやケータイの画面など、映像コンテンツを表現するほとんどの機器は、瞬間瞬間の制止画を連続再生させる事で、滑らかな動画表現を行っています。
 言ってみれば、超高速な紙芝居
 一秒間に何十枚という紙芝居を行うことで、それがあたかも動く映像であるかの様に見せているわけですね。
 その枚数は、フィルム映画なら1秒間に24枚。
 PS3やPS4、VITAや3DS等、一般的なゲーム機やスマホにおける、凝った3Dのもので秒間30枚。画像表現へのこだわりよりも滑らかさを重視するレースゲームや格闘ゲームでは秒間60枚。
 たった一秒間という短い時間の間に、これだけの紙芝居が行われているのです。

 1秒間に60枚の紙芝居を行うならば、その一枚を表示している時間は60分の1秒間になりますね。
「フレーム」とは、その中の一枚の絵を。
「1フレーム」といえば、その一枚を表示している時間をそれぞれ表しています。


rule
16ミリ秒?32ミリ秒?

 プログラマの口から、こうした言葉を聞いたことがあるかもしれません。
これは通常、「1フレーム」の時間です。

 「ミリ秒」とは、「1000分の1秒」。つまり、0.001秒の事ですね。
秒間60フレームのゲームならば、そのゲームにおける一フレームの時間は「60分の1秒」です。
 これは、0.016666秒、つまり約16ミリ秒という事になりますね。
秒間30フレームのゲームならこれらが倍になり、32ミリ秒(16.6ミリ秒の倍なので、正確には約33ミリ秒)というわけです。

 30フレームのゲームならば、一フレームにかかる処理時間が33ミリ秒を超えると、それは処理落ちやフレーム落ちとなって表れる事になります。
 ある一フレームにおける処理時間が40ミリ秒かかっているとしたら、そこから何とかして7ミリ秒の高速化や最適化を行わなければ、処理落ちが解消出来ないというわけです。
こうしたシーンでよく使われる言葉達ですね。


rule
60フレームの次が30? 50とか49とか中途半端な数字が出てこないのは何故?

 これは、企画さんやデザイナさんサイドより、何度も質問された事がありますね。
 言われてみれば確かに、理屈を知っていなければ不可思議な事でしょう。
 若いプログラマさん等の中でも、その理由を正しく答えられる人は減ってきている様な気がいたします。

 本当に根っこから説明すると、それこそブラウン管時代発祥の走査線機構や、水平同期、垂直同期、帰線期間、CRTC等をはじめとするハードウェア周りをガチで解説しなければなりませんので、ここでは簡単に。

 これは、テレビという装置の構造に依存しています。

 ものすごくザックリいうと、テレビというものは、必ず1秒間に60回の画面更新が入ります。これは、固定であると考えてください。
(玄人の方へ注:100hzモニタだとかGVSync、ティアリングとかは割愛しますよ?本当はガッツリ書きたいですけれども)

 全てのゲーム機は、「秒間60回画面更新」というテレビの構造へ、強く依存して設計されていると考えて下さい。
 この仕組みに従ってゲームを作るという事はつまり、「60分の1秒」の間に1フレーム分の処理を全て終わらせ、そのフレーム用の画面を作成し、テレビにそれが表示されるという事。
 この繰り返しが、つまりゲームです。

 もしも、この「60分の1秒」つまり「16ミリ秒」という短い時間に処理が間に合わなかったとしましょう。
 敵キャラが沢山出現しているせいでしょうか?
 画面いっぱいに爆発エフェクトが出る瞬間だったのでしょうか?
 理由はともあれ、兎に角、処理負荷の高いシーンだったのでしょう。

 例えばこの時、普段ならば16ミリ秒に収まっていた処理が、20ミリ秒もかかっていたとしましょう。
 単純に考えるならば「1フレームの時間が20ミリ秒になっただけ」、それで良さそうなものでありますが、テレビの構造上そうはなりません。

 「16ミリ秒目」というフレーム更新タイミングを一度逃してしまっています。
 これは、16ミリ秒毎にホームへやってくる電車の様なものですね。一旦逃してしまったならば、次のタイミングを待つしかありません。
 次回到着時刻は、どうしたって「32ミリ秒目」なのです。


 こうして、画面更新タイミングへ処理を合わせる事を、「同期する」と呼びます。

 処理落ちがなければ秒間60フレーム。
 毎フレームの処理が16ミリ秒を超えるならば、2フレームに1回の画面更新となりますから、秒間30フレームに。
 そして、更に負荷が上がり、毎フレームの処理が33ミリ秒をも超えるならば、今度は3フレームに1回の処理となり、秒間20フレームに。

 60 → 30 → 20、と推移します。
 さて、次は?

 更に負荷が上がり、4フレームに1回となる訳ですから、60÷4で、秒間15フレーム。次は60÷5で12。60÷6で10。

では更に更に、8フレームに一度となった場合は?
60÷8ですから、秒間7.5フレーム……となりますが、「0.5フレーム」という物理的な状態はありません。これはあくまでも便宜上そう呼ぶしかないわけであります。
 この状態を正確に表現するならば、約分し、「2秒間で15フレーム」となるわけですね。


rule
余談

 ところで、処理落ち等によって発生した、次の画面更新タイミングまでの待ち時間、例えば、20ミリ秒目~32ミリ秒目までの空き時間はどうしましょう?何とも勿体ない話です。
 とは言え、基本的にこれは空白の待ち時間です。特に何も行わず、次の画面更新タイミングまで待機状態に入ることも可能です。VITAや3DS等の携帯機では、この僅かな時間だけCPUを停止させ、バッテリー消費を抑えるという基本的な指針が定められています。

 が、実際に近代ゲームを開発する現場では、こんな悠長な事は言っていられません。実際には、こうして生じた僅かな待ち時間でさえも無駄にするわけにはいきませんからね。
 「ちゃんと作っている」ゲームならば、この僅かな時間へ色々な処理を詰め込みます。そのフレーム内で完結しなければならないシビアな処理ではなく、数フレーム後、ものによっては数秒後に結果が得られれば構わない処理を、少しずつ行っておくイメージです。
 例えば、キャラクター等の経路探索処理や、敵の思考処理などですね。


 プログラマでは無い方にとりましても、大変重要な概念である「フレーム」。
 かなりザックリとした解説でありましたが、基本の「キ」と「ホ」程度は網羅出来たかと思います。
 上記記事内におきましても少し触れましたが、ここから更に、ティアリング問題や、それを超合理的に解決するGVSync技術等、フレーム関連の学習はまだまだ奥の深いものであります。
 興味をお持ちの方は、更に学習を進めると良いでしょう。



rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Theme:プログラミング
Genre:コンピュータ

comments(0)|trackback(0)|プロが語るゲーム開発|2014-02-23_23:21|page top

ゲームプログラマが弾いてみた「ソロギター etude #3 スリーフィンガー」
2014-02-16 17:09



「弾いてみた」シリーズ。
いつか、やってみたかった。

南澤大介さん、「ソロギター入門 Etude #3 スリーフィンガー」
アコギ転向約5ヶ月。最初に練習したソロ曲です。



いざ撮りながら弾いていると、緊張しますね(-_-)


rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:ギター
Genre:音楽

comments(0)|trackback(0)|ソロギター弾いてみた|2014-02-16_17:09|page top

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
2014-02-09 22:14



 大雪によって、土日の予定を軒並み全カットされた有閑空白な二日間。
あんまりヒマなんで、SFについて熟々と考えてみました。

 吹雪の中、ほんの少し外出したら瞬殺気味に傘をぶっ壊されたTeamDyquemで御座います。みなさま、こんばんは。
 たまには良いですね。大雪。


 久しぶりのSFシリーズで御座います。
 勢いで書き殴りましたが、相当痛々しい感じが予想されますのでNO推敲で参ります!

rule
SF

 本ブログにおきましては何度も公言しておりますが、ワタクシ、御幼少の砌より、大変SF好きであらせられました。あらせられたんです。

 特に海外作家系SF小説が大好物でありまして、二十代の頃などはそりゃあもう、寝ても覚めても読みまくっておりましたよ。
 宇宙モノ、異星人モノ、タイムマシンモノから、量子論モノだの人工知能モノだのまあ、ありとあらゆる系統なんでも大好きであります。

 どのジャンルもみなストーリー仕立てに富み易く、ハラハラドキドキとはまた違い、こう、心にじんわりと来る面白さを秘めておりますね。
中でも、故アーサー・C・クラークや故ジェームス・P・ホーガン等の作品はとても読みやすいので、これからSFを始める方にはおすすめです。

 大御所作家らの悲報が続いてしまったSF界ではありますが、個人的に大ファンであるグレッグ・イーガン氏が絶好調で、彼の生み出す世界観にまた、どっぷりと再ハマリする最近。
 彼は所謂、「超」ハードコアSF作家でありまして、その作品には読解難易度の非常に高いものが多く、正直僕個人、作品としての意図をまんべんなく読み取れているとはお世辞にも言えませんが、粛々と読み進めるにはうってつけのハードっぷり。

 さて、彼の作品には。


rule
「意識、精神」はどこから生まれるの?系

 グレッグ・イーガン氏十八番のカテゴリーといたしまして、生物、特に人間(等の)知的生命体に宿る「意識、精神」というものが、科学的にどういった経緯で発生し定着するのか、という題材が御座います。

 このジャンルでは、SF界一般的にある種共通した「解」が存在していて、そのルールから大きく外れるものではありません。
 要するに、物質というものを科学的にどんどんどんどんと細かく分析して行くとやがて、原子や電子等と呼ばれる物理的な最小単位に到達します。その更に向こう側へ量子力学的な――シュレーディンガーの猫的な――人類には解明出来ていない更なる物理法則はあるでしょうけれども、そうしたものの「相互関係や、相互作用」を「正直に」、コンピューター上で演算していく事が出来れば、コンピューター内部においてある種の仮想物理的空間を築く事が可能です。

 これは勿論、現在のテクノロジーでも理論的には十分に可能でありますが、その規模という意味では到底実現出来るものではありません。
 例えば、今、秋葉原で20万円位で売られている結構高性能のPCを、それこそ100億台とかのオーダーで完全並列に動作させる事が出来れば、現実空間の5立方メートル位をシミュレート出来るとか、そういうレベルでしょう。

 ともあれ、コンピューター上で、現実の塩基配列を模写し人工シークエンシングする事は、理論上、十分に可能です。


rule
なら、コンピューター上で「脳」の塩基配列を組んでみると?

 それならばですね、コンピューター上にそれを再現する事は出来るのでしょうか。

 人の脳は、およそ1000億とも言われる細胞で構成されており、その細胞も、水やタンパク質、核酸や炭水化物、脂質などの有機物、その他若干の無機物から構成されている(そうです)ね。
 それらも更に分解していけば、原子や原子核にまで分割されていきますので、コンピューター上で演算を行う最小単位もここまで落とす必要があります。

 ともあれ、コンピューター上でこれらの相互作用を正確に計算していき、とにもかくにも、「人の脳」というレベルまで演算を積み重ね、「現実の人の脳」の中で行われる、生体電気信号による全ての神経活動を模写したその時、そこに、「意識」は生まれるのでしょうか?

 SF界では、「そこに、意識は生まれる」として、数々の作品が生み出されています。僕個人も、「ホントに生まれる」と確信しています。
(しかし、そのレベルの完全並列演算と、正しい脳組織塩基配列とその詳細な動作を模写する為の、正確な演算行程の全てを解明するまでには、まだまだたっぷり千年位はかかるんじゃないかと思いますが……)


 でも、まあ、ですね。

 自然界により自然に生み出されている生命の神秘達も、蓋を開けてみれば其処には、種や仕掛けが必ず存在していて、その手法を科学的にとことんまで煮詰めていけば、自然の行える事はそれがどんな事であろうとも、人の手で必ず模写出来る、と、僕はそう確信しています。
(これは、この宇宙には「魔法」や「奇跡」は存在していないというSF的理論でありますが、かといって、有神論者の方々を否定しているわけではありませんよ?)


rule
意識は何処からやってきて、死は何処へ繋がっているの?

 人は皆、死ぬと無になる。

 そう解釈する事はとても簡単ですが、SF的に言えばこれは、単なる思考停止です。芸がありませんね。


 現実世界でも、コンピューター上のシミュレーションでもとにかく、この世界に存在する物質群、原子や原子核、電子等ですね、これらをある一定の法則に従って並べると、それは細胞や細胞群になり、それらを一定の法則に従って並べると今度は例えば、血や肉になり、生体を構成する器官になり、また、脳になるわけです。

 ここまではOKですね?
 つきつめれば生物はみな、もともと自然界にあるものを寄せ集め、決められた配列通りにくっつけているだけ、と言えましょう。

 宇宙が定めた設計図に従ってそれらが並べられると、そこには意識が発生するという厳然たる事実がまず存在しています。これはつまり、宇宙自身が定めた物理法則ですね。

 そしてそれら、つまり、我々人体を構成している細胞群や原子核達はどれも、元々はこの宇宙に存在している部品であり、言ってみれば、宇宙の一部です。
 地球上に何十億と存在する人々も、動物も、地球以外にも沢山存在しているであろう全宇宙的規模に拡散している未知の意識達はどれもみな、同様に宇宙自身の一部です。
 言い換えればこれは、宇宙自身や宇宙の一部が、多種の生命となる事によって永い永い時を生きているとも言えるかと思います。

 そう考えてみると、「意識」というものは、宇宙の見ている夢、大いなる夢の一部だと言えるでしょう。
 僕達が見たり聞いたり感じたりしている事はつまり、宇宙の一部がそうしている事と同義であり、僕達の意識は結局、宇宙という大きな意識の欠片であるとも言えるかと思います。



はい、そこ。付いてきてますか?
モノっすごく宗教的な感じになっていますが、いえいえ。これは純然たる科学理論ですよ。



 宇宙のほんの一部を材料とする事で、そこへ生じている我々の意識はどれも、決められた配列に基づくと必ず生まれる科学的産物であると同時に、宇宙というシステムに組み込まれた一つのモジュールです。
 それはまるで本当に、宇宙という「大きな何か」が見ている夢の一部の様でありますが、大いなる夢は、遙かな過去から遠い未来まで、この世に存在している全ての生命が共同作業で紡ぐ夢です。


rule
「死」というシステム

 さて、宇宙が意識を生み出すシステムにの上において、大変に重要な機能である「死」という概念でありますが、これらは儚いもの……なのでしょうか?

 天文学の見地からすれば至極当然でありますが、ビッグバン理論に基づくならば、それがどんなに途方もないものであろうとも、宇宙は有限世界です。
 今ここで「宇宙の果ての壁の向こう」議論を展開するつもりはありませんが(長くなりますからねw)、ビッグバン、ないしそれを裏付ける天文学的観測結果がある以上、理論的に、宇宙は有限世界であるという以外の形では有り得ません。

 有限の世界に生じるものは必然、それもまた有限であるわけですので、「生命、意識」もまた同様に有限であると考える事は自然な発想であると思います。

 そうなると、宇宙からしてみれば、物質も意識も限られた資源でありますからね。
 肉体が死ねば意識はまた消えてしまいますけれども、これは、その夢を見ていない状態へ戻る、と、その様に定義する事が出来るでしょう。

 意識とは、何処からやってきて、そして何処へ行くのかは判りませんけれど、「貴方」とはつまり、遠い過去で夢をみていた意識が再び目覚めている状態であり、貴方が死んでしまっても今度は、また遠い未来、宇宙の何処かで再び夢を見始める事でしょう。

 「意識、精神」と「記憶」は全く何の関係も無い様な気はしていますが、そうではないかもしれません。
 貴方の人格がまた遠い未来に、宇宙の何処かで再覚醒するという事では無いと個人的には想っていますが、そうではないかもしれません。
 意識という資源もやはり有限であると想っておりますので、だとすれば、貴方も貴方も、再び夢の続きを見始める時がやってくるかもしれません。

 そう考えると、この世界って良く出来ていますよね。

rule

 雪景色を眺めながら、温かいお茶をすすり、痛い妄想に想いを馳せる時間のなんと至福な事か。

#全部雪のせいだ

 こうした話にご興味がありましたら、以前のエントリーも併せてご覧頂けましたら光栄です。
■SFネタ系
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?

rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
関連記事

Theme:SF
Genre:小説・文学

comments(5)|trackback(0)|SF話、天体ネタ|2014-02-09_22:14|page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。