Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
1125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
218位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

グローバル化を真面目に考えるゲームプログラマが語る。英語と、プログラミング
2011-07-25 01:00



 地上アナログ停波の瞬間がいったい何時にやってくるのだろう、その瞬間を自分の目に捕らえたいとヤキモキしながら約20時間を無駄にした皆様、こんばんは。
それはワタクシの事でした、TeamDyquemで御座います。

今週からはまた暑い日々が続く様ですね。
何故か読者様よりのメールが多い一週間で御座いましたが、一部、掲載許可を頂いた件に関しましては、久しぶりにFAQ形式のエントリーを近く予定しております。
どうぞご期待下さいねm(_ _)m


さて、その前に。

rule


 昨今、多種多様な言語が存在し、それは勿論通常の言語に関する話題でもありますが、我々が題材に挙げるとするならば、ここはやはりプログラミング言語と相成る事でありましょう。それでも、しかししかし。ここは敢えて通常の言語とプログラミング言語双方を、融合した話題につきまして、プログラマという観点から一つ掲げてみたいと思います。


尚、英語学習につきまして、ジョークネタ気味扱いました以前のエントリー
iPhoneアプリ作者の英語学習と、醤油レッスン

iPhone作者が語る。英語のススメって言うかチャーシュー多すぎ

等も、併せてご覧頂けましたら幸いで御座います。


rule

 さて。
今回は少々、お堅めエントリーとなったやもしれません。
「冷やし中華はじめたい」その様な見切り発車感は拭えませんが、一つ、提言させて頂きましょう。
プログラマの方では無くとも、語学に興味がある方には是非一読頂ければ嬉しいです。


さてさて。


 大抵のプログラミング言語というものは、一般的にアルファベットをベースとして構築していくものでありましょう。英数字を基本としてプログラミングしていく事は、それが完全なるデファクトスタンダードであると断言するにまでは至りませんし、ここに例外が無いわけではありませんが、英文ベースプログラミングは、ほぼ世界標準であると言って良いでしょう。「日本語ベーシック」といったものや、はては、ハングル語のGUI+スクリプト言語というものも現実に存在しておりますし、その多様性や意義につきましてはここでの言及を避けますが、プログラミングと英語の密接な関係性の存在につきまして、もはや疑われるべき要素も無いでしょう。

 こうして、プログラミングと英語の関係性が非常に優れているという世界的な背景の中、我々日本人の様に、英語を母国語としていないプログラマにとりまして、その距離感をどの様に扱うかという点に関しましては、益々のグローバル化を遂げる昨今のソフトウェア開発畑におきましては大変重要な要素と成り得るでしょう、そしてまた、重要な要素であると捕らえるべきであります。


 英語を習得する。
 ここで、少しだけ、便宜上必要な個人的な見解を展開させて頂きますが、例えば、日本義務教育で習う「英語」という学科は、もはや廃止すべきであると考えております。
「英語」という単独学科は、もはやその存在自体がナンセンスでありましょう。
 無意味に広いんです。日本英語学習推進委員会の様なものがあるかどうかはともあれ、日本の教育委員会が学生の英語学習という点に対し、素人ながら意見を並べ立てさせて頂いておりますが、個人的見解の列挙を続けます。

 無意味に広いんですってば。

 何故、中学一年生から英文法を学ばなければならないのでしょうか。欧米の同学年生が、日本語の単語すらも殆ど知ってはいないその段階から、いきなり「てにをは」を覚えさせられて、日本語の何を学んでいけるのでしょうか。
「英語」という学科が必要無い、その様に断言しても良いのですが、もう少しオブラートに包むならば、「英会話」という広義の設問と機会の提供が何よりも求められている事象でありましょう。世界の子供達が、その生を受け、最初に言語を学ぶ際には、機会を通して身振り手振りを学び、様々な表現を真似し、模写を通して意味を知り、最終段階として文法解釈を試みる、そういった形が人類の通例でありましょう。何度も模写をし、漸く意志が疎通出来る程度のモノマネ会話が出来る様になって、その後、更に漸く、「てにをはを」駆使し、be動詞や助動詞といった、会話の意味を100倍も広げるルールを学び、文法としての深みを理解していく事が霊長類としての定番でありましょう。あくまでも、この惑星限定ですけれど。


 さて、十分に皆様へどん引きして頂きました所で、本題へ。
ついつい筆が乗ってしまったんです……ごめんなさいT_T


 プログラミングにおきましては、例えば、関数名など、英語を基軸とした命名は日常と完全に融合している分野でありましょう。
 関数へ、その機能を十分に表現した、端的な分かり易い命名を施す事は、プログラマへの基本的な義務であります。

 日本人プログラマによる命名において見かける事のある例でありますが、例えば、何かを描画する関数へ「Dispなになに」。何かを管理運営するのであろう関数へ「なになにCont」と命名されているケース。これらの例で考えてみる場合、省略の形が個性的な点と、動詞と目的語が順不同な為、混乱する事もあるでしょう。描画系は「Drawなになに」。管理系は「Manageなになに」等、チーム一環としたルールがあれば、ヘッダファイルを開く事も無くコール部分を記述する事すら、可能となってくるでしょう。


 余談でありますが、iOSが展開するAPI系命名規則には、もはや美学すら感じます。私は、確かにAppleの製品やその設計思想を盲目的に溺愛している部分はありますがw、開発者という視点からすれば、やはりそこには、自分の哲学へリンクする確固たる理由が存在しています。

「didFinishLaunchingWithOptions」
美しいw
冗長性に関しては完全に目を瞑るというポリシーにも、個人的には賛成です。

 「ルール」を敷設し、楽しく従って行く。プログラミングってのはただでさえ堅苦しいですからね。そのルールが盲目的な奴隷制度の様なものではなく、リーダーによる整然とした、理論的でかつ、皆が笑顔で納得出来るものであれば、チームの開発効率と、そして何より楽しさが大きくなっていくものでしょう。



それでは皆様。
今週も、頑張ってまいりましょうね^^
TeamDyquemでした。



関連記事
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|プロが語るゲーム開発|2011-07-25_01:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。