Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
1093位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
189位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマが語る。冒険はどこへいった?ゲーム機の進化とサイヤ人
2011-11-07 13:39



むかしむかし、遙かな昔。丸く小さな宇宙船で地球へやって来た拳法少年が、やがて宇宙を救う戦士へと成熟していった様に。
小さなゲーム機「ファミリーコンピューター」だったモノが、今では何処の星の超戦士ですかと言わんばかりの怪物へと進化しています。

思えば、ファミコン時代のあの頃。惑星規模の視点から眺めてみればそれは確かに空も飛べない下級戦士であったかもしれませんが、そこには冒険があり笑いがあって、あの燃えさかる山を越えた先には何があるんだろう。海に沈んだ宝石を、いったいどうやって手に入れるのだろうとワクワクしたものでした。この頃、世界はまだ十分に広く、謎と期待に満ち溢れていたのです。
背景画像も音楽も無い初期のゲーム達、ゴリラを操作し樽を飛び越え、「テニスだ」「野球だ」とそれ以上いかなる説明も付け加えらない程のシンプルな遊びに首まで浸かり、やがて小さな髭の配管工が冒険に出掛けるまで、どれも皆、僕を無秩序なほど夢中にしてやまなかった。
そこに散りばめられた遊びは皆原始的ではあるけれど、少年が意のままに伸び縮みする棒切れ一つで華麗な闘いを繰り広げてみせてくれた様に、僅かなボタンだけを装備した小さな赤い箱は、驚くほど多彩な楽しみを提供してくれたものです。

時は移り、昨今、プレステ3やXBox360等の怪力マシン達が群雄割拠しておりますが、なるほど彼等はある種、フリーザ一味やセルであると言えるでしょう。大電力の超処理能力が産み出す映像は今や実写と見紛うばかりであり、空冷ファンの音をブンブンとけたたましく奏でながら、画面には溢れんばかりのキャラクターの大群を並べ立ててきます。

中国の様な山奥で一人、魚を捕って暮らしていた拳法少年はメキメキと力をつけ、ついにはこうして宇宙を襲う様な強大な敵にも威風堂々相対する事が出来たのです。


しかし、何かがモノ足りませんね。
なんでしょう、この、何処か寂しい感覚は。


rule

「力」がインフレーションを起こし、様々なピンチを演出する敵キャラクター達が狙うターゲットも最初は財宝、次に村や町、やがて国家を襲い、地球を脅かし、遂には全宇宙を手に入れ様とするその過程。

これは、ゲーム機の進化にそのまま当てはめる事が可能です。

天井知らずの「処理能力」向上。基本的にこの部分が最も重要な進化要素であると見られる事が多く、事実、ゲーム機はその様に進歩してきました。
しかし、底上げされた処理能力をどうにか使い尽くさなければ旧世代のソフトに見劣りしてしまうという強迫観念に押され、グラフィックはどんどんと美麗になり、溢れる程の敵キャラクターが所狭しと動き回るのです。

ゲーム機の進化は、ここにきて飽和状態に達していると表現して良いでしょう。やや専門用語を用いてしまいますが、GPUの進化は頭打ちに近い状態になっており、GPGPUやテッセレーションの性能をこれ以上いくら高めても、生産性との対比例効果を効率よく得られる段階をとうに過ぎています。昨今、この状況に対し姿勢制御系の更なる技術追求等へシフトする傾向も見られますが、これもやはり「強大な敵を、戦闘力アップで倒す」というベクトルに違いはありません。


このままではやがて敵側のやるべき事がなくなってしまい、連載打ち切りの憂き目にあう事は必至です。どこかで進化のインフレーションを止め、その力を多様性展開に開放しなければなりません。漫画の場合は、この辺りから頭脳戦になったりしますね。


rule

ゲーム機の場合はどうでしょう。

力の進化一辺倒であったゲーム機においても、救いの御手が差し伸べられてきた様に思います。iPhoneであったり、PS Vita や Wii-U が織り成すクラウドとの融合は、ゲームエンターテイメントにおける新しい遊びの空間でありましょう。これはまさに「食いしん坊の魔神が出てきた」的な新しくワクワクするストーリー展開であり、ここから更に葛飾勤務警察官とのコラボでもあれば楽しさも一入ですね。


以前のエントリー
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」
上記も併せてご覧頂けましたら幸いですが、これからはゲームも多角的に楽しむ時代だと思います。

Nintendo-3DSの裸眼立体視。体質による所もありますが、僕個人的にはその美麗さや立体感を楽しめています。が、しかし、この機種の魅力という意味では寧ろ「すれ違い通信」系の進化や、冒険的な企画である筈のAR系ゲームが本体に内蔵されている点に、明るい未来を感じます。


rule

地球の科学文明はいまや進化の袋小路にはまり込んでいると言われ、千年王朝ミレニアムの建国を待たずして滅び去るやもしれませんが、ゲーム機進化のインフレーションは回避されつつあり、その過剰なエネルギーを「楽しさの追求」という本来の方向性へ向け直して欲しい所ですね。

地球が滅びさったたとしても、正しく楽しいゲーム機へと進化した「プレイステーション10」は発売して欲しいTeam Dyquem でした。

今からAmazonで予約しなくっちゃ。


関連記事
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|プロが語るゲーム開発|2011-11-07_13:39|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。