Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
1409位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
243位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマが綴る。ワンダと巨像とハードボイルド・ワンダーランド
2011-11-16 13:10



 久々にやってまいりましたドン引きエントリーで御座います。
8時にドリフを観る様な軽い感覚でお読み頂くか、即座にページを閉じる事をオススメいたします。

芸術的名作「ICO」「ワンダと巨像」をプレイしながら、ふと徒然と。


rule

 僕は今、――現実的な意味においての「今」であるかどうかはともあれ、世間を大きく沸かせた村上春樹氏の作品「1Q84」を目の前にし、随分と悩んでいる事に気がついた。2年前にも遡ろうか、華々しい傑作のデビューに胸が躍った事を良く覚えている。しかしながら、僕の中のどこかしらには、ほとほと手を焼いている天の邪鬼な一面がどっしりと腰を据えていて、こうした流行もの、はたまたバブルを彷彿とさせるかの様な、八面六臂に世間の心を掴んでしまうコンテンツには、なにとは無しに背を向けてしまいたくなる衝動にかられる事がある。

 目の前には傑作だと名高いその本が在りながら、どうにも手を出せないまま矢の様な数年が過ぎ去った「今」も、たっぷりと10日ほどの時間を掛け、さあて、読んでみようかねとは思い立てずにいる。悶々としているのだ。悶々と時を重ねてきてしまったのだ。

 やれやれ、これは困った事になってきた。

 何を思ったものなのか、僕は既に何度も読み終えた筈の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 」を手に取ったのだ。言わずもがなであるが、同氏の傑作である。二つの世界を交互に読み進める、不思議な不思議な物語だ。

 まるで、僕が好むと好まざるにせよ、近く再読しなければならなかった事が決まっていたかの様な吸引力には対して意外性を感じはしなかったが、一人きりの部屋に向かって、「僕はいつだってエキサイティングな人生を歩んでいるのだぞ」、と、そう見せつけるかの様に、たっぷりと驚いた表情を繕った後、空きかけたウィスキーをグビリと喉に放り込み、ページを捲り始めた。

 ハードボイルド・ワンダーランドの主人公「」。なにやら、重要なデータを特殊な技術で暗号化する「計算士」という仕事をこなす、精力的で忙しい人物だ。
 しかし、これが何ともゲームプログラマに似ていなくもない。
 空想と快楽の上に築かれた特殊な世界を、なにやら不思議な言葉「プログラム言語」にて構築する仕事。ゲームプログラマーではなく「ゲームプログラム士」と表現しても良いくらいだ。

 一方、世界の終わりの主人公「」。高い壁で周囲をぐるりと囲まれた街の中で、毎日夢読みをする事になる。街の図書館に保管された一角獣の頭骨から古い夢を読む、それが「夢読み」。
 これがまたなんとも、ゲームユーザーに似ていなくもない。
 空想と快楽の上に築かれた特殊な世界に、なにやら不思議な力で巻き込まれ日々の暮らしに娯楽として組み込まれていく。ゲームユーザーではなく「夢読み」と表現しても良いくらいだ。

 作中、「『カラマーゾフの兄弟』を読んだことは?」と主人公である「私」が訊いていた。「あるわ。ずっと昔に一度だけだけど」「もう一度読むといいよ。あの本にはいろんなことが書いてある」会話は続く。
「小説の終りの方でアリョーシャがコーリャ・クラソートキンという若い学生にこう言うんだ。ねえコーリャ、君は将来とても不幸な人間になるよ。しかしぜんたいとしては人生を祝福しなさい」

 世の中に溢れるゲームには、有意義な何かの一つも書かれてなどいやしない。そこにはただ空想と快楽だけがあり、実のところ、怠惰に流れる時間が装飾されているだけなのかもしれない。だけれども、そうした「ゆるり」とした時間はきっと人生を祝福するであろうし、であるからこそ、はるか昔に観た記憶の彼方に眠るゲームを、もう一度プレイする事にも意味があるのではないかと、僕は思うのだ。

 なるほど。その昔に感銘を受けた小説を改めて読み返してみる感覚と、その昔に楽しい時間を費やしたゲームに、改めて相対してみる事は、とても似ている事であるかの様だ。良い本はいつだって良い本のままであるし、良いゲームは今プレイしてみても沸き上がる程に面白い。

 愛してやまない芸術的名作「ICO」「ワンダと巨像」を久しぶりにプレイし、頭も体も結構覚えているもんだなという様々な仕掛けを不器用にこなしながら、血湧き肉躍るあの感動が今も色褪せていない事に気がついた。

 村上春樹氏の大ファンであると公言を止めた事は無いが、こうして何度読み返してみても、氏の、流れる様な、どこまでもどこまでも美しい文章には感動を禁じ得ない。新鮮な野菜ジュースであるかの様に、毎回、毎回、新しい風味を発見し、喉を潤し続けてくれる。

 まるで「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 」の物語そのものであるかの様に、「ワンダと巨像」の話を交互に織り交ぜ、懐古小説と懐古ゲームエントリーを書いていると、ふと、村上春樹氏の最新作に思いを馳せる事となった。


とうとう「1Q84」にも相対する必要が出てきたな、と僕の中の誰かが言った。

やれやれ、これは忙しくなってきたぞ。
と、僕はおもった。


rule

ほんとうにすみませんでした。
後悔はしていくもない。


いやぁ、しかし。ICOもワンダも最高です。
TeamDyquemでした。


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 115044
ワンダと巨像
ワンダと巨像
posted with amazlet at 11.11.16
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2011-09-22)
売り上げランキング: 447

関連記事
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:ゲーム
Genre:ゲーム

comments(0)|trackback(0)|その他|2011-11-16_13:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。