Google+

PASTEL ORBIT ゲームプログラマが語る / (旧Team Dyquem!)

本業はPS4やPS3等のゲームプログラマ。もう一つの本業である文筆と、ちょっと経済、SFドはまり体質を語る。Team Dyquemとか言ってるけれどもアプリは一人開発

パステル オービット
.
new

TeamDyquem

Dyquem

検索フォーム

Twitter

全記事表示リンク

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
1233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
216位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Mail

アプリに関するご意見等は、下記メールフォームよりお問い合わせ下さい。
直接のご連絡は、team.dyquem[at]gmail.com にてお受け致します。

Your address:
Message:

スポンサーサイト
-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ゲームプログラマが語る。PS4へPS3互換機能を載せられない本当の理由
2012-04-25 01:20



小春日和に背中を押される新社会人の皆様こんにちは。春の嵐にやられっぱなしのTeamDyquemで御座います。

今回のエントリー、久しぶりのガッツリ技術ネタで御座います。
まあ、プログラミング直球ではありませんが、今が旬のハードウェアネタとでもいいましょうか。

今回は、ガジェット通信さんへの寄稿にしようか迷ったところなのですが、そこまで一般大衆向けの記事でも無いのかなとも思い、結構一生懸命書きは致しましたが、本ブログ内にてひっそりと咲いてもらう形が宜しいかなと判断しました。

プレステ4に関わらず、ここ数年のゲーム機に関する、実に現場的なネタを盛り込んでみましたよ。

というワケで皆様、はりきってどうぞ。


rule

このところ、急速に話題として上がる事の多くなったプレステ4のうわさ話達。様々な憶測が飛び交っており、こんな機能が付くのであろうか、こんな外観になるのであろうかと、楽しい期待が良い意味で錯綜し、その登場が待たれている事のよく判る、微笑ましい出来事であると言えましょう。

しかしここで、一業界人という立場から敢えて、誤解を恐れずにバッサリとした知見を提供させて頂きたく、本エントリーを組んでいる次第であります。

かくある荒唐無稽なそれら噂は、言ってみれば魑魅魍魎であり、大きな信憑性を見出せない部分も大きい。ブルーレイドライブ廃止であったり、PC用で10万円近いGPU三枚差し相当の性能であるなど、検討し思考実験を楽しむにはどうにも現実味を帯びてはこないおとぎ話に、思い切ってマジレスしてみようといった趣向、いや寧ろ酒肴です。

まあ、ブログネタとしてはなんとも力を発揮してくれそうな、”美味しい”素材と言えましょう。

rule
受け継がれた思想。PS3のポテンシャル

どういう名称になるかどうかはともあれ、いつかは必ず登場するであろうPS4でありますが、問題はその時期でありましょう。
これがもしも10年後だというのであれば、PS3の互換機能は恐らく搭載される事でしょう。今現在においては技術的に困難であると言える様々な課題は、人類の英知と、10年という十分な時間が解決してくれる筈だからです。その10年でどの様な驚くべき技術革新が、どの様なスケジュールで起こるのかについては割愛致します。適当な事言ってるだけですから。

しかし、現実に次世代機は遠からず登場する事になるでしょう。恐らくそれは、あと3年も4年も先の話では無い様に思います。

と、なれば。
具体的な問題となり得る懸念材料を挙げるとするならば、それはまずPS3と比較した際の性能差。ゲームの面白さというものは勿論、ゲーム機の処理性能に比例するものでは無い旨、一ゲームプログラマとして常日頃肝に銘じておりますが、ここは便宜上、性能至上論を展開する旨留意頂ければと思います。

言わずもがな。PS3とは、シンプルに言って非常にピーキーなマシンであります。

XBox360やWii等は逆に大変素直な設計であり、それでいて性能も十分に高く、開発環境も工夫されており、言ってみれば多少不慣れな開発者でもその性能の十分に高い部分を、比較的早期に発揮する事が可能です。反面、ある程度以上の部分をチューニングで極めていこうとしても、限界性能を突破し辛く、一定のクォリティー以上を求めるならば、労力に対し結果の見返りが小さくなる傾向が見られます。

一方のPS3と言えば、PS2時代より受け継ぐ特異極まるそのアーキテクチャ故、世間に登場した初動から中盤にかけてこそ、そのポテンシャルを生かし切れる開発者が現れ辛い反面、理解が浸透する中後期においては、限界性能を突破した怪物マシンへと変貌を遂げるタイプのゲーム機であると言えましょう。
この事は、ゲームの生産性に直結する問題でもありますが、それはまた別のお話。

いずれにせよ、PS3の持つポテンシャルというものは至極強大である点をまずは踏まえなければなりません。


rule
任天堂が選択する新機種展開法

新機種において上位互換性を持たせる為の方法論は幾つかありますが、バージョン1.5方式とでも言いましょうか、任天堂が得意とする展開が挙げられますね。これは、例えばGameCubeからWiiDSから3DS等の様に、その基本アーキテクチャには殆ど手を入れず、局所的なパーツバージョンアップを計り、そこへ新しい遊びを追加して”新機種”とする手法です。

この展開によるメリットは大きく、ハードウェアの開発費を抑え、また、基本的に同一ハードウェアのバージョンアップであります故既存のソフトウェア資産を生かし易く、ついでに上位互換までもが半自動的に実現出来てしまいます。
反面、ユーザーへその機種が大きな技術革新を遂げたという印象を抱かせ辛いというデメリットもありますが、任天堂はその都度、Wiiリモコンや、裸眼立体視等、斬新な新しい遊びを追加する事で、これらのデメリットを寧ろチャンスに変えてきたと言えるでしょう。

冷蔵庫に眠る昨夜のすき焼き材料と鮭の残りで、アレンジパエリアをこしらえるオカンの様な、芸術的低コスト手法なのであります。

さて、ソニー陣営がこうした手法を取ってくる可能性はあるでしょうか。
少なくとも、彼らはこれまでに一度もこうした思想の新機種を投入してきた事は無く、その都度、莫大な開発費用をかけ大幅な技術革新を遂げた、文字通り”新製品”を展開してきました。


rule
未来のマシン。夢のマシン。PS3互換性を持てる程のマシンとは?

PS3の持つポテンシャルは非常に大きなものである事は疑いようもありませんが、その登場当初、そのPS3を持ってしても、PS2の互換性維持にはPS2用のエモーションエンジンチップを載せなければ実現する事が出来なかった歴史的事実が存在しています。

任天堂とは異なる方針としてアーキテクチャを変えた上で、更に上位互換性を持たせるという事は、これはもう並大抵の事ではありません。PS2互換でもまともには行っていない現状、その対象が今度はPS3となるのです。
一体、こんな事が可能となるモンスターマシンとはどんなものでしょう。

結論から言えば、Cellが抱える6機のSPUに加え、PPUとGPUをリアルタイムに且つ現実的な速度でエミュレーションする事など現代の科学では不可能であり、であれば実際のCellを搭載する以外に選択肢はあり得ません。(厳密に言えばSPUは8機です)

「Play Station 4 発売! 価格.com 最安値9万円!」
こんな選択をすれば、
こんな未来が目に見える様ですが、
こんな事には成り得ませんね。

まあ、仮に本気でCellを載せるとなれば、恐らくはPS3.5の様なハードウェアにならざるを得ないでありましょうから、ここまでの激しいコスト展開を選択することは無いでしょうが、しかしそれはまさしく任天堂の得意としてきた手法。しかも任天堂には”あそび”という、持って生まれた強力な武器が備えられています。
新しいPS4が、その”あそび”の部分において、Wiiリモコンや裸眼立体視を遙かに凌ぐセンセーショナルで且つ新しいアイディアを搭載する事が出来なければ、中途半端極まりもなく、それこそ本当に”PS3.5”の様な機種となってしまう事となり、それは、”プレイステーション”ブランドの崩壊というシナリオすら招きかねません。

Cellの持つ並列重視型アーキテクチャによる性能追求には技術者の負担が非常に大きい事もある程度周知の事実であり、この点に関しては、先導すべき立場であるSCE側技術者もすっかりとうんざりしている事でありましょう。SCE側の人間である彼等においてすら、IBMや東芝との政治的産物であるこの難物Cellチップを、もういい加減に見限りたいと思っているのでは無いでしょうか。少なくとも同じ技術者として僕は、(いささかの同情を込めた上で)その様に確信しています。
Cellが、如何にして政治的に生み出されたのか、その経緯につきましては、改めてエントリーを組んでみたいと思います。

これが今度は、PS2の頃の様に内部並列動作する「Cell with VU2」みたいなこれまたトンがった謎のチップでも登場し、PS2を経験したことのある技術者ならば昔懐かしい悪しき記憶、2列を平行同時プログラミングしていた悪夢を蘇えらせざるを得ません。しかも今度はそれが最低でも6機載っているわけですしね。そんな機種が現実のものとなってしまったら、世界のゲームプログラマの中から、多数のお花畑ファイターを生み出す事になるでしょう。もはやこれは、労災であると言えますね。

こうした現状から推察するに、昨今噂されている例に漏れず、僕個人としましてもPS4が再びCell系列チップで構成されるとは考え辛い所であると断定せざるを得ません。


rule
無限不可能性ドライブ理論

銀河ヒッチハイクガイド”で恒星間航行を現実のものとしていたSF的な理論でも用いなければ、せめて十年位はPS3をソフトウェアエミュレーションする事など科学的に不可能であり、もしも現実にそれを可能とするならばCell同等品か、もしくはPS3そのものを内包するしか道はなく、しかしCellとの決別が色濃いと言われる現状、これはまさに無限不可能性理論。

つまり、PS4にPS3互換機能が搭載される事など、あり得ないのです。
たぶん、ですけれどね。


もしも、実際に発売された商品に、あっさりとチャッカリPS3互換機能が載っていたその暁にはテヘペロ。


うん。やっぱりこれは、ガジェット通信向きの記事ではないですね…。

技術オタク全開で良ければこっち系ももう少し充実させて行きますので、お便りお待ちしております^^;

TeamDyquemでした。



関連記事
rule

シリーズ記事まとめ

Aニュース、ガジェット通信 寄稿記事

『連載.jp』寄稿「ゲームプログラマが語る「プロ棋士に勝ったAIは、タクシー基本無料化をもたらす?」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ”買わない理由”がもたらす充足感と、開発者達の心理」」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る アップデート版に潜む開発者モラルハザード」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る ソフトやアプリと携帯ゲーム課金における経済行動学」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る。新しいゲーム機が定期的に生まれる理由」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 楽しさの仕組み ゲームメカニクス」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 3Dテレビとゲームの微妙な関係 その打開策」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「ゲームプログラマが語る 無料アプリのビジネスモデルと舞台裏」
『Aニュース/ガジェット通信』寄稿「新発表ラッシュに見るクラウド大航海時代の幕開け」

■ゲーム制作初心者さん向け系

ゲームプログラマが語る。なんちゃってリードプログラマにはなるな!ゲーム造りで放棄してはいけない大切な事
ゲームプログラマが語る。今さら聞けないフレームレートに纏わる話。秒間60?16ミリ?
ゲームプログラマが語る。「浮動小数点」と商業レベルで上手に付き合う方法
「ゲームプログラマが語る。ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「クォータービュー入門」」
「ゲームプログラマが語る。「正しい乱数」が彩る確率世界とエンターテイメント」
「iPhoneアプリ、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「線分と円の交差」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタ「2Dベクトル」」
「iPhoneアプリ作者より、ゲーム制作初心者の方へ小ネタを一つ」

「プロのゲームプログラマとして、ゲーム製作に関する書評を」シリーズ

ゲームプログラマが語る書評:「MMORPGゲームサーバープログラミング」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」を読んでみた
ゲームプログラマが語る書評:「ゲームエンジン・アーキテクチャ」を読んでみた

■個人でも出来る、マルチプラットフォーム開発関連

ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その4
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その3
iPhoneアプリ作者が語る。マルチプラットフォーム化その2・アトミック型定義のススメ
ゲームプログラマが語る。iOSゲームをWinマルチプラットフォーム開発・その1

■リリースしました系

PASTEL-ORBIT/TeamDyquemアプリ第19弾。ローグライク決定版「隣人は魔王」をリリースしました。
TeamDyquemアプリ第18段。ご当地バトルRTS「埼玉クエスト」をリリースしました。近隣の県を滅ぼそう(*-_-*) 埼玉以外でも遊べます #47app
アプリ新作「ネコりす マカロン」をリリースしました
埼玉県ご当地アプリ、「タッチ the さいたま」をリリースしました #47app
アプリ新作「ひよこガーデン」をリリースしました
TeamDyquem新作。結構真面目なアクションパズル「ネコりす」リリース
iPhoneアプリ作者が、iアプリ「泡リス女子部 for iアプリ」をリリースしました
自作iPhoneアプリ改良版、「ネコがゴミのようだネ:アーケード」をリリースしました
iPhoneアプリ作者が、「まりも育成」for iモードをリリースしました
iPhoneアプリ新作 「ナタ・デ・ネコ」 をリリースしました
秋刀魚は関係ないけれど、新作「i-Wishbone」リリース
アプリ新作「ネコがゴミのようだ」。プロモ動画をアップしてみた
「泡リス 女子部」、販売開始
AppBankにまりも紹介記事が!

ゲームプログラマとして参加。ご当地47都道府県アプリプロジェクト #47app

□ビジネス系

ゲームプログラマが語るドコモiPhoneと、インフラから合法的に大金を抜くスキーム
ゲームプログラマが語る。秀丸エディタのビジネスモデル

■SFネタ系

ゲームプログラマがSFを語る。意識はどこからやってきて、死んで、そして何処へ行く?
ゲームプログラマが語る。気の遠くなるスキもない程の、宇宙の話
iPhoneアプリ作者が語る。流れ星に馳せる真実
iPhoneアプリ作者が警笛。どこでもドアの使い過ぎには注意
iPhoneアプリ作者が語るSETI理論。異星人さんは何処!?


人気ブログランキングへ

Theme:■■■ニュース!(ゲーム&業界)■■■
Genre:ゲーム

comments(2)|trackback(0)|ゲーム機|2012-04-25_01:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
下位互換ってなんですか?
Re: No title
> 下位互換ってなんですか?

なんと……正しくは「上位互換」です。
記事修正致しました。ご指摘有り難うございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。